読書(あ~さ)

2021年10月 7日 (木)

ジョン・キャリールー著 ”BAD BLOOD シリコンバレー最大の捏造スキャンダル 全真相”★


71s5kidkmelw1_osafghtc8f514t13ezdhgu


【内容】
・なぜ人々は虚飾まみれの女性CEOに騙されたのか?
・アメリカ中を騒がせた今世紀最大の詐欺事件

「エンロン」以降、最大の企業不正が行われた血液検査ベンチャー「セラノス」事件。
ジョージ・シュルツ、ヘンリー・キッシンジャーなど百戦錬磨の大物たちは
なぜ若きCEO、エリザベス・ホームズに騙されたのか!?

「ショッキングな結末を迎えるサスペンス。ページをめくる手がとまらない。
 ―セラノス事件の内幕は、信じられないほど、ひどい」ビル・ゲイツ

 

「指先からとる1滴の血液で、あらゆる病気を調べることができる!」
革新的な血液検査の技術を発明したとして、アメリカのメディアから
『第二のスティーブ・ジョブス』ともてはやされたエリザベス・ホームズ。
だが、彼女が率いたバイオベンチャー「セラノス」の内幕は、
過剰な野心、傲慢さ、虚言、パワハラが渦巻いていた。

現代社会の様々な側面が凝縮したシリコンバレー発巨大詐欺事件の全容を、
敏腕記者が地道な取材で証言を積み重ねながら、暴いていく。



ブロンドに黒のタートルネックに真っ赤な口紅、メディアの寵児だったエリザベス。
信じられないほどのお粗末なトリック、社員を監視して脅迫し、
評価額は一時9千億円を超え、頂点を極めた、、、
そんな彼女の虚構を、恫喝に屈せずに暴いてゆく新聞記者の緻密な取材、、、

もちろん、ITのことも、医学のことも、専門的なことはさっぱりわからない、、、
それでも、そんな、おばさんでも、読み始めたら止まらない面白さ!、
やっぱり、アメリカ!、良いも悪いもスケールがゼンゼンちがう!、


★★★★★


以下に心に残った一文をほんの少しだけ、転記します、



 

続きを読む "ジョン・キャリールー著 ”BAD BLOOD シリコンバレー最大の捏造スキャンダル 全真相”★" »

2021年10月 2日 (土)

池井戸 潤著 ”アルルカンと道化師” ☆


71qcc8by2l


内容
東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとにとある案件が持ち込まれる。
大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版社・仙波工藝社を買収したいというのだ。
大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、
やがて背後にひそむ秘密の存在に気づく。
有名な絵に隠された「謎」を解いたとき、半沢がたどりついた驚愕の真実とは――。


勧善懲悪の水戸黄門仕立て、、、
わかってるけど、、、
本作には、謎解きも加味されて、、、
コロナをすっかり忘れて、
物語に、引き込まれてしまいました、、、


★★★★☆






2021年9月24日 (金)

石田 衣良著 ”獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI ” ☆


51vfrbak1yl


内容(「BOOK」データベースより)
――闇の虐待ショーをぶち壊せ!
タピオカ抗争、ラブホ強盗、バースデイコール詐欺、児童虐待マニア、、、
世の中嫌になることばかりだけどマコトたちがいれば大丈夫だ。



大人気、IWGPシリーズ16作目!
浪花節のおばさんは、こういうお話に弱いのであります、、、
コロナのモヤモヤをきれいさっぱり吹っ飛ばしてくれる爽快な一冊、

★★★★☆



・・・・・・・・・・・・・・


この本を読み終えたのは数日前です。
ダークサイトに潜む謎の児童虐待の一団に果敢に挑み撃破するくだりに、
胸のすく思いをしたのもつかの間、
文中の父親に熱湯のシャワーを浴びせられて亡くなった女児の話そのままの事件のニュース、、、

SOSは発信されていた、のに、、、
誰も、助けてくれなかった、、、
誰も、だれひとりとして、、、




000229777_640














2021年8月12日 (木)

カーレド・ホッセイニ著 ”君のためなら千回でも 上下巻” ★


417uqqbmqol


内容(「BOOK」データベースより)

「君のためなら千回でも!」召使いの息子ハッサンはわたしにこう叫び、落ちてゆく凧を追った。
同じ乳母の乳を飲み、一緒に育ったハッサン。知恵と勇気にあふれ、頼りになる最良の友。
しかし十二歳の冬の凧合戦の日、臆病者のわたしはハッサンを裏切り、友の人生を破壊した。
取り返しのつかない仕打ちだった。だが二十六年を経て、、、

”原作小説は2003年に発売され、全世界で800万部以上を売り上げたベストセラー作品
ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストでは64週間ランクインという驚異的な記録を樹立した。
作者カーレド・ホッセイニはこの作品がデビュー作である。”



大いなる期待を持って手に取ったものの、上巻の前半までは、退屈で、退屈で、、、
小心者で卑怯なアミールに付き合わされるのに、いい加減こりごりしつつ、、、
これのどこが、世界的ベストセラーなのかと、あくびを噛み殺しつつ、、、

ところが、、、いつの間にか、夢中になって、、、
世界的ベストセラーの底力に、完全に打ちのめされました、、、

★★★★★ 



アフガニスタンと聞くと、、、





続きを読む "カーレド・ホッセイニ著 ”君のためなら千回でも 上下巻” ★ " »

2021年5月30日 (日)

木皿 泉著 ”さざなみのよる” ☆


100000009002942311_10204_001

内容(「BOOK」データベースより)
「小国ナスミ、享年43。」
宿り、去って、やがてまたやって来る―感動と祝福の物語。



手に取った瞬間、期待が膨らむ、素敵な装丁。
珠玉のような14編の短編が打ち寄せる波は、次第に大きくなり、、、

★★★★☆


著者の、昨夜のカレー、明日のパン も、よかった!、けれども、
わたし的には、こちらの方が、さらに好き、




 

 

2021年4月29日 (木)

麻生羽呂、篠原かをり著、LIFE 人間が知らない生き方 ☆


T_700x780

出版社からのコメント

「ふつうの本には飽きた」という方へ、ぜひおすすめしたいのが、本書「LIFE<ライフ>」です。
厳しい自然の世界では、人間の常識は非常識。
人間が思いもよらないさまざまな生き方があると気づかされます。
「本当に学ぶべきことは、常識の先にある」、そんなメッセージから生まれた本書は、
知識量も豊富で読み応え十分!




D6c108174b8a4844920cbe227e59152d__cr0050D97a0f3a32ea4238a394623d3750cdd9__cr0050



えええ???、そ、そんなことが、、、
驚くべきこと、そして、心に刻み込みたい貴重な教えが、 てんこ盛りの素敵な本♪

たとえば、驚くべきことに、、、
・ミツバチが一生かかって集める蜂蜜はティースプーン一杯ほど 
・ゴリラは全員B型



そして、動物たちの貴重な教え、心に残った一文を以下にいくつか転記します、、、





続きを読む "麻生羽呂、篠原かをり著、LIFE 人間が知らない生き方 ☆" »

2021年3月20日 (土)

モスバーガーを創った男の物語 「羅針盤の針は夢に向け」


Img1_file4e20005ae4c6e

®
津波の壊滅的被害の中、、、踏ん張る地元紙、東海新報
著者は、同社の最古参記者、自身の家も車も流された、木下繁喜さん。

東北出身でモスフードサービスの創業者、故桜田慧の生涯を描いた内容。
本の大半は津波にさらわれたが、3500冊ほどが仙台の倉庫に残っていた。

「一冊でも多く売り、少しでも社の収益にしたい。
 新聞を作り続けなければならないから、、、」

遠くから、小さな新聞社に、エールを送ります、、、


  『内容紹介
   
純国産資本の大手ハンバーガーチェーン『モスバーガー』を展開する
   
株式会社モスフードサービスを創った男、櫻田慧(さくらだ・さとし)
   
全力疾走した60年の生涯は挫折と苦難と失敗に満ち、
   
何度も崖っぷちに立たされながら、
   
母が遺した歌を胸に秘めて不撓不屈の精神で次々襲いかかる試練に挑んでいく。
   
生まれ育った岩手の海辺から望んだ太平洋の向こう側に夢を馳せ、
   
やがてハンバーガーという未知の食と出合う。
   
「これだ!」と目標に向かって手探りで錯誤を重ねていく、
   
その座標軸にしっかりと刻み込まれた「櫻田イズム」。
   
「人間・櫻田慧」が波瀾の人生を通じて私たちに伝えたことは何か……。
   
羅針盤が示すその先に、次代を解き明かすヒントが込められている。 』




恵まれた出自、そして、日興証券に就職したものの、
エリートコースから外れて、艱難辛苦の末、
60歳で逝ったモスバーガー創設者の一代記。
とにかく、仲間を、従業員を、人を大切にする、この一点を貫き、
あきらめず、粘り強く戦い抜く姿勢は、読むものの心を熱くする。
なかでも、「巨人マクドナルド」との、モスの聖地、成増での一騎打ちのシーンは、
これは、このまま映画になる、と思えるほどの感動を呼び起こします。




                   この本は、都筑図書館にもあります、                   
                   ひとりでも多くの方に読んで戴きたくて、寄贈しました、、、
                   (横浜市立図書館なら、どこからでも予約可能だと思います)



                            ®2011年にアップしたリユース記事です



 

 

 

 

2021年3月 9日 (火)

桐野 夏生著 ”バラカ” ☆


71chhqo3yl



内容(「BOOK」データベースより)
震災のため原発4基がすべて爆発した!、警戒区域で発見された一人の少女「バラカ」。
ありえたかもしれない日本で、世界で蠢く男と女、その愛と憎悪。
想像を遙かに超えるスケールで描かれるノンストップ・ダーク・ロマン!

 

あれから10年、少しずつ少しずつ、記憶の彼方へと薄れていく震災、、、
著者が描き出す津波の惨状は、それぞれの読者の独自の想像力で、
リアルな映像に増して強力なインパクトをもたらします、、、

福島第一原発が、水素爆発ではなく原子炉爆発を起こしたという設定のもと、
誰が味方で、だれが敵か、、、
物語は、次第に緊迫感を増してゆき、
疑心暗鬼のなか、ひとり、またひとりと、容赦なく落命してゆく。

評価の分かれる一冊で、エンディングにやや期待外れの感は否めないものの、
コロナ渦で知らず知らずのうちに心の奥底に溜まった澱のようなものを、
父を名乗る男の、おどろおどろしいばかりのグロテスクな毒が、
逆に魂を浄化してくれたように感じました、、、


大好きな桐野 夏生ですが、、
このところ、気持ちが外される本が続き、もういいかな、と思い始めておりましたところ、、、
はちこさんのガイドで手にした一冊。

稀有な時間を過ごせたのは、
ブログの、そして、はちこさんのお陰です、
ありがとうございます、











2021年2月20日 (土)

篠田節子著 ”鏡の背面”


Kagami


  内容
  薬物や性暴力によって心的外傷を負った女性たちのシェルター「新アグネス寮」で発生した火災。
  「先生」こと小野尚子は取り残された薬物中毒の女性と赤ん坊を助けるために死亡。
  スタッフがあまりにふさわしい最期を悼むなか、警察から衝撃の事実が告げられる。


豊かな日本で、地獄の底を這いまわっているようなひとがいる、
その一方で、スラムのこどもたち、、、
またしても、篠田節子さんの世界に完全に引き込まれました、、、
・・・ただ、その分、エンディングが、、、


 心に残る一文を以下に転記します、、、





続きを読む "篠田節子著 ”鏡の背面”" »

2021年1月31日 (日)

篠田 節子著 ”弥勒” ☆


Ebookjapan_b00162244698

  内容
  救済とは何かを問う衝撃の超大作。
  ヒマラヤの仏教美術の国、政変と殺戮の渦中に潜入した男は革命軍に捕らわれ……。

  新聞社の永岡は、妻の櫛がヒマラヤの国パスキムの破壊された仏像の一部と気づく。
  5年前入国した首都カターで見た美麗な仏像彫刻だった。
  美術品持ち出し禁止の国で政変のため寺院が崩壊したと聞いて、密入国を試みる。
  僧侶達は虐殺され都市は壊滅していた。彼も革命軍に捕らえられ……。
  旧習を打破し、完全平等の理想郷を求める人間達のもたらす惨劇。
  恐怖と戦慄の世界を臨場感豊かに描く畢生の大作。



極めようとした宗教、
その高邁な理想の果ての、極限の収容所、、、
飢餓、疫病、殺戮、、、凄惨を極める、桃源郷、、、


コロナ禍で、どこへも行けない閉塞の日々、
時の経つのも忘れて、、、
ただただ、、、圧倒され続けた、想像を絶する別世界、、、

篠田節子さん、またしても、脱帽です、、、

★★★★☆



 

 

 

より以前の記事一覧

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ