草花

2018年6月 1日 (金)

あじさい寺、浄慶寺



S049n


®2014年にアップしたリユース記事です、

ようやく、晴れ間がのぞいたので、近所のあじさい寺、浄慶寺へ、、、













S130n


昼過ぎに訪れたときには、人影もまばらで、しんとした空気に身も心も洗われる思いでした、、、












S102n


3000
株ものあじさいたちが、しだいに気持ちをほぐしてくれます、、、
境内には、、、
downwardleft







続きを読む "あじさい寺、浄慶寺" »

2018年5月16日 (水)

五月の緑道で、、、



Img_49166



ダイエッターのおばさんは、今日も歩いて買い物へ、、、
コノテガシワ(児の手柏)の小さな白い花、なんてかわいい、なんて、きれい、、、
heart04

それから、、、
downwardleft











 

続きを読む "五月の緑道で、、、" »

2018年4月28日 (土)

あしかがフラワーパーク 夕方から、ライトアップへ、、、★



214_2



               4/23(
)、ひたち海浜公園から益子を経て、
             4時過ぎに、あしかがフラワーパークに到着しました。









282t


入園料は、3001,800円、花の咲き具合により変動します。
この日は、最高の1,800円でした。(JAFの会員証提示で100円引きになります)











309n




     夜の部(17:30)なら、300円安くなります。
     わたしどもも、その予定でしたが、予定していた笠間の美術館が休館でしたので早く着きました。
     園内は、、、
downwardleft











続きを読む "あしかがフラワーパーク 夕方から、ライトアップへ、、、★" »

2018年4月25日 (水)

ひたち海浜公園、ネモフィラとチューリップ



Img_4612tt_2


2018
423()
念願のひたち海浜公園のネモフィラと、あしかがフラワーパークの大藤を観るために一泊で出かけました。
昨年は、1日で10万人が訪れたという、3.5ヘクタールの人気スポットに、
5
時起きで6時に家を出て、8時40分に到着、、、まだ人のいない、ひたち海浜公園のみはらしの丘です、、、













141n



今年は、例年より開花が早く、見頃(後半)、満開でした、
そして、、、
downwardleft











続きを読む "ひたち海浜公園、ネモフィラとチューリップ" »

2018年4月22日 (日)

庭のコンポスト



Simg_2455


®
う、三十年以上、庭のコンポストで生ゴミを処理しています。
トウモロコシの芯も、スイカの皮も、、、
これのいい所は、すぐに魚の骨や内臓とか、台所からさようなら、できることです。
旅行に行くときでも、生ゴミの処理にあたまを悩ますことはありません、
happy01

コンポストのまわりの植物は、生ゴミの栄養分でひときわ元気です、、、
こぼれ種のカモミール、
そして、スーパーで買ったミツバの根っこをスポンジごと植えた、これも、こぼれ種のみつば、、、

洗濯物を干していて、ふと、足元の雑草をとりはじめて、
・・・、思わず、あまりの美しさに、しばし、うっとり、、、
heart01









Simg_2450_2


こちらは、コンポストから少し離れたところの、
同じカモミールとミツバですが、成長の違いが歴然です、、、

コンポストで、とうもろこしの皮はもちろん、芯も、
魚の骨も、海老や蟹の殻も、みんな、土にもどります。

ただ、、、
downwardleft












続きを読む "庭のコンポスト" »

2018年4月21日 (土)

しろつめくさ、こめつぶつめくさ、、、歩数計のこと


Img_2822


®
ある日もダイエッターのおばさんは、歩いて、電気屋、郵便局、図書館、スーパー、、、10,500歩!、

この日、道端には、白詰草(しろつめくさ、クローバー)
昔、オランダからのギヤマン(ガラス器)の包装に緩衝材として詰められていた草と言うのが名前の由来。

バス停でバスを待つおばあさんが、この花と葉っぱを摘んでいました。
なんか、いいなぁ、、、わたしも、こんなおばあさんになりたいな、、、としみじみ思ったけど、、、
・・・もう、なってるじゃん!、、、(^o^)

そして、、、
downwardleft









続きを読む "しろつめくさ、こめつぶつめくさ、、、歩数計のこと" »

2018年4月 9日 (月)

八重桜の道を、、、



Img_4446



ダイエッターのおばさんは、今日も歩いて買い物へ、、、
満開の八重桜の道を歩きます、
cherryblossom
八重桜を塩漬けして作る桜湯は、、、


 『見合いや婚礼などの一生を決める祝いの席では、その場だけ取り繕ってごまかす意味の「茶を濁す」
  ことを忌み嫌うことから、祝いの席ではお茶を用いず、代わりの飲み物として桜湯を用いる
ことが多い。
  サクラの花の抽出物には、肌のシワやたるみの原因になるコラーゲンの糖化を抑制する抗糖化作用や、
  線維芽細胞のコラーゲン格子形成増加作用が備わっている。老化を抑制する抗糖化食品として
  注目されている。桜湯の香りの成分はクマリンで、抗酸化作用や抗菌作用がある物質だが、
  肝毒性もあるため、エキスを濃縮するなどしたサプリを長期間大量に摂取することは望ましくない。』

  出典
 


この遊歩道には、、、
downwardleft












続きを読む "八重桜の道を、、、" »

2018年3月26日 (月)

千鳥ヶ淵のライトアップした夜桜、ビューポイントは、、、


102n_2



®2017年にアップしたリユース記事です

念願の、千鳥ヶ淵のライトアップした夜桜、です、、、
この日は、、、
downwardleft









続きを読む "千鳥ヶ淵のライトアップした夜桜、ビューポイントは、、、" »

2017年11月10日 (金)

藤袴と、旅する蝶



026n



かつては、河原などに群生したけれど、今では自生地が減少し、準絶滅危惧種に指定されている、
秋の七草のひとつ、藤袴(フジバカマ)を、真知子さんに分けて戴きました。



  『乾燥させると香気があり、香水の代わりや薬用にも用いられることがあります。
   中国では「香水蘭(シアンシュイラン)」と呼ばれ、匂い袋として用いられ、
   日本では奈良時代に、薬草として利用されていたそうです。』
   出典



桜餅のような香りのこの花と、1000キロ、2000
キロと旅をする蝶の素敵なお話しが、
11/3の朝日新聞、ひととき欄に掲載されていましたので、
以下に転記します、、、downwardleft












続きを読む "藤袴と、旅する蝶" »

2017年11月 4日 (土)

花柚子


009


®
三十年前に、この家に越してきたとき、真っ先に植えたのが、花柚子の小さな苗木。
柚子の香りが大好きだから、、、
heart04

植えてしばらくは、毎年、アゲハの幼虫に丸裸にされてました。
虫が怖いわたしは、遠くから目を細くして、ただ眺めているばかり、、
 ・・・、はやく食べて、はやく大きくなって、はやくいなくなってくれ~、、、
despair

それでも、、、
downwardleft










続きを読む "花柚子" »

より以前の記事一覧

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ