クッキング(お魚・貝)

2024年2月20日 (火)

山崎 豊子著 “暖簾” + えびすめ ★


110401_xl


内容(1957年初刊)
一介の丁稚から叩きあげ、苦労の末築いた店も長子も戦争で奪われ、
ふりだしに戻った吾平の跡を継いだのは次男孝平であった。
孝平は、大学出のインテリ商人と笑われながら、徹底して商業モラルを守り、
戦後の動乱期から高度成長期まで、独自の才覚で乗り越え、遂には本店の再興を成し遂げる。
親子二代“のれん"に全力を傾ける不屈の気骨と大阪商人の姿を描く作者の処女作。


著者の ”沈まぬ太陽” は、生涯忘れえぬ名作ですが、
本作が、山崎豊子の処女作であり、
著者の大阪船場で昆布を商っていた実家をモデルに、
親子二代の大阪商人の気骨を見事に描いた物語であることと、
その常人ならぬ卓越した筆力にただ圧倒されました、、、

筆舌に尽くしがたい苦しい丁稚時代を乗り越えて、
暖簾分けしてもらうまでに成り上がる、
節約(しまつ)、節約で、ひと様に喜んでいただいてなんぼの商人の、
この手の成功物語が大好きなわたしですが、
船場の昆布のことは、まったく知らなかったので、とても興味深く、
作中の昆布をどうしても食してみたくなり、読後、いろいろ調べてみて、
早速購入し、届いたのは、、、、




 

続きを読む "山崎 豊子著 “暖簾” + えびすめ ★" »

2024年1月 9日 (火)

住宅街の小さな名店「魚吉」★


Dsc_0067n


地元の情報通にして、お魚大好きの恵里さんに教えてもらった、住宅街の小さなお魚屋さんで、
とびっきりおいしぃ鰹とシマアジ、両方で2,300円くらいでしたか購入、

うちのおじさんは、
「これは、旨い!!、とくにこのトロのようなカツオが、もう最高に旨い!」と、
大感激、大絶賛!、




Img_4737

驚いたことに、こんな小さな魚屋さんです、
このお店には、、、

 

 

続きを読む "住宅街の小さな名店「魚吉」★" »

2023年11月11日 (土)

秋田より山のような鮭と筋子が、、、


Dsc_0069n


秋田のM家より届きました、
不漁と聞いていた鮭が、なんとこんなにたくさん




さらに、、、


.

続きを読む "秋田より山のような鮭と筋子が、、、" »

2023年10月 9日 (月)

週に一度、おじさんがご飯を作る日、金目鯛の煮つけ


Img_3589r


滅多にアップしませんが、
相変わらず、週に一度はおじさんがご飯を作っています。

生活クラブデポーで四割引きになっていた、金目鯛です、、、


 



Img_3587


こちらが、おばさんの分



 



Img_3600

おばさんが作ったのは、
ほうれん草の胡麻和えと、
茄子、きのこ、ごぼうのお味噌汁、でした、、、

 

 

 

2023年10月 5日 (木)

オイシックスのおためしセットがすごかった!、★



Img_4942


オイシックス(Oisix)のおためしセット、1,980円 を頼んでみました!、
なんと、6,300円相当、割引率   68%OFF

こ、こんなに、たくさん!? 





Img_3502

 

 

 

 

 


Img_3494


さっそく、一枚目の写真右上のミールキットで、
「大戸屋監修!鶏むねと野菜のさっぱり黒酢餡」と「ねぎとしいたけとろみスープ」

これは、、、



 

続きを読む "オイシックスのおためしセットがすごかった!、★" »

2023年5月16日 (火)

贅沢なたらこ

Dsc_0030-n


秋田のM氏よリ届いたタラコで、、、
至福のひととき
ウニよりもイクラよりも、私はタラコが好き、

そして、母の日に届いたのは、、、





続きを読む "贅沢なたらこ" »

2022年11月 5日 (土)

週に一度、おじさんがご飯を作る日、、、鮭フライ


Img_4055


滅多にアップしませんが、、、
うちのおじさんは、ずっと週一のペースで晩ご飯を作り続けております、

秋田のM様より届いた筋子と、もう一品の生鮭で、鮭フライ、
これも、絶品でございました!、
いつもほんとうにご馳走様です、


おばさんは、、、




続きを読む "週に一度、おじさんがご飯を作る日、、、鮭フライ" »

2022年11月 3日 (木)

なんて贅沢な、大盛りの、いくら丼♪


Img_4048-2

秋田のM氏より届いた、ぴっかぴかの筋子二腹、
他に見事な鮭も頂き、靖子さん、恵里さんと山分けさせて頂きました。
てんこ盛りのイクラ丼で、最高に豪華な夕ご飯です、

Mさま、いつもお心にかけて下さり、ほんとうにありがとうございます!、







Simg_1048Simg_1052_4


筋子は、今までは、もち網を使ってほぐして きましたが、
アニサキスのことを聞いて、恵里さんに、お湯を使うやり方を教えていただきました。
恵里さん、いつも、何かとお世話になりありがとうございます、 

プロの方のこんな見事なお手並みの イクラのしょう油漬けの動画 がありました、
ご参考までに、、、、

 

 

 

 

 

2022年8月27日 (土)

スモークサーモンのマリネと、フェンネル

 

002

®
いづみ先生 に教えて戴いたのは、2006年でしたから、もう何年になるのでしょう、、、
おもたせにもぴったりだし、2、3日は作り置きできるし、、、
何回作ったから分からないほどのお気に入り、成城石井でサーモンを買って、
いづみ先生のレシピで、スモークサーモンのマリネ、


庭のフェンネルをちょこっと添えて、、、
・・・あると何かと便利なハーブ、フェンネルは、、、






続きを読む "スモークサーモンのマリネと、フェンネル" »

2022年6月 5日 (日)

アジのたたき ふんわりバージョン



72_044


®2015年7月にアップしたリユース記事です 

デポーで、三枚卸しにして、皮をむいた鯵が280円でしたので、
嬉々として、二尾買い求めました、、、
あじのたたき、ふんわりバージョンのつくり方は、、、






続きを読む "アジのたたき ふんわりバージョン" »

より以前の記事一覧

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ