旅行・地域

2018年9月29日 (土)

築地市場へ、、、買ったもの、食べたもの、★



040_2



9/25()、間もなく移転予定の築地場内市場へ出かけてまいりました。

開店は早朝330、場内の魚がし横丁で市場関係者から愛され続けた喫茶店、
愛養(あいよう)は、移転予定がないとのこと、、、

現役の黒電話、年季の入った珈琲缶、どれもこれもが絵になっています、
heart04
AM9:00、戴いた朝ごはんは、、、









055



              温められた小ぶりな珈琲カップになみなみと、、
      もちろん、ポーションなんかじゃありません、エバミルク(無糖練乳)です♪、
shine









060



 トーストの焼き方、切り方は、お好みで、、、
 飲み物+トースト+半熟玉子で、750
 玉子には、塩と醤油が添えられていて、お醤油をたらりとかけて戴いたおいしさは、最高です、、
crown
 こういうお店、もう大好き!、最後に行けて、ほんとうによかった、、、heart02











028



店の前は大混雑、隣接する人気の寿司大、そして、この日、一番の行列店は、とんかつ八千代。
・・・火曜日は、うわさのチャーシューエッグ定食が食べられる日でした。
愛養は、満席でしたが、10分程待って座れました。

そして、この日は、、、
downwardleft













続きを読む "築地市場へ、、、買ったもの、食べたもの、★" »

2018年9月27日 (木)

関宿散策 (にっぽん丸紀行、津港初寄港)



144n



にっぽん丸紀行、東海道関宿散策へ、、、

東海道五十三次の宿場町として、参勤交代やお伊勢参りの拠点として栄えた「関宿」は、
国の重要伝統的建造物群保存地区や日本の道百選に選ばれた観光地。

ここより先(西側)は一般の古い町屋が続く住宅街です。
時間に限りのあるわたしどもは、東側の観光地エリアに赴きますが、
江戸時代にタイムスリップしたかのようなフォトジェニックな通りをのんびりと散策してみたいものです。











151



小万の仇討ち物語とは、
この會津屋(旧旅籠山田屋)で育った小万が、女の身でありながら父の仇討ちを果たした物語。

「地産地消」と「手作り」を心掛ける、會津屋で戴いた、
山菜おこわは、、、
downwardleft












続きを読む "関宿散策 (にっぽん丸紀行、津港初寄港)" »

2018年8月 9日 (木)

玉川堂燕本店へ、、、



C0250850_10082202_2


ひかる先生のお教室で、この水差しを見た時、
なんて素敵なんだろうと、しばらくうっとりしてしまいました。
・・・このきれいな写真は、pecancaramelさんにお借りしました、m(__)m

長岡の花火を観に行こうと思ったとき、
すぐ近くに玉川堂燕本店があり、無料で工場見学ができることを知り、そこに行けるツアーに決めました。











205_2



無形文化財の鎚起(ついき)銅器の技、
湯沸 口打出 打出肌金色 草づる(1.8L) ¥500,000+


  『金「鎚」で、打ち「起」こしながら、器を作り上げていく「鎚起」銅器。
   鎚起銅器の製作には 様々な道具を使用し、
   湯沸を製作するためには数十種類の鳥口(鉄棒)、金鎚を使用します。
   銅を叩いて伸ばすのではなく、叩きながら縮めていきます。
   縮めるのも丸めるのも職人の勘一つ。湯沸の寸法はすべて職人の頭の中にあるのです。
   一度叩くと銅は硬くなるため、製作途中に火炉の中に銅器を入れ柔らかくします。
   最後に玉川堂独自の着色を施し、職人の幾つもの技が織り込まれた湯沸が完成します。』

そして、、、
downwardleft










続きを読む "玉川堂燕本店へ、、、" »

2018年8月 6日 (月)

長岡まつり大花火大会へ、、、<2018年>



295n

日本三大花火大会のひとつ、「長岡まつり大花火大会」へ行って参りました。


  『今から73年前の昭和2081日の長岡市に、
   その夜、闇の空におびただしい数の黒い影。
   B29大型爆撃機が来襲し、午後1030分から1時間40分もの間にわたって市街地を爆撃し、
   そのほとんどが焼け野原と変貌し、燃え盛る炎の中に1,486名の尊い命が失われました。

   空襲で亡くなられた方々への慰霊の念や、長岡再興に尽力した先人への感謝、
   慰霊と平和への祈り、純白の花火、103発です。』
   『』内 出典


参加したのは、、、
downwardleft









続きを読む "長岡まつり大花火大会へ、、、<2018年>" »

2018年7月24日 (火)

川崎大師 風鈴市へ、、、




047n



7/19(
)、ラジオCMに誘われて、川崎大師の風鈴市へ行って参りました。
・・・オリジナルの「厄除だるま風鈴」












081n












091ns



                  か、かわい~!、heart01shinetyphoon











250n



『今年で23回目を迎え、900種類、およそ3万個の、ガラスや金属、陶器などで作られた
 さまざまな風鈴が全国各地から集められ、涼やかな音を響かせています』

渦巻く波の様なきれいな千葉のふうりん、
ルックスがうつくしいのは、他にも、、、
downwardleft











続きを読む "川崎大師 風鈴市へ、、、" »

2018年4月30日 (月)

サンルート、ちゃこや、大川美術館、めん処 ふる川



371


この旅行では、一日目の最後にあしかがフラワーパークの夜の部、一泊して、
翌朝一番にフラワーパーク昼の部の予定で、その為に車で15分のホテルサンルート佐野に予約を入れました。

周辺道路は夕方、夜の部狙いと帰宅の車とで、かなり混雑すると聞いたので、
ホテルに問い合わせてみたところ、それはそれは、親切丁寧な混雑情報メールをくださいました。
両毛線を使う案も教えて下さいましたが、
平日であったことと、時間が早かったことで、幸い渋滞には巻き込まれずに済みました。

19:30
頃、ホテルにチェックインして、夕ご飯は、、、
downwardleft












続きを読む "サンルート、ちゃこや、大川美術館、めん処 ふる川" »

2018年4月26日 (木)

益子 スターネット、陶庫 ★



206


ひたち海浜公園 をあとにして、笠間に向かいます。
笠間のお目当ては、「春風萬里荘」と、「笠間日動美術館」、
高速を降りて、いそいそとカーナビに入力したら、、、「本日は閉館」、
bomb
えええ~~~?!、
bearing、、、もう茫然自失、、、sad
ほんとうに、ほんとうに、、、残念無念であります、、、weep


そして、気を取り直して向かったのは、、、
益子のあこがれの、、、
downwardleft











続きを読む "益子 スターネット、陶庫 ★" »

2017年10月13日 (金)

五島美術館 秋の優品展、中華 鴻龍へ、、、



Murasaki_kaisetsu_01r


毎年秋に1週間程度展示される、国宝『紫式部日記絵巻』を目当てに、
五島美術館の秋の優品展に、書道教室の皆様と、秋晴れの一日繰り出しました。
小さな美術館ですが、選りすぐりのコレクションは見応えがあります。








1977murasakishikibu


上記五島本第一段より、2次国宝シリーズの切手 
 『格子から顔を出している女房装束姿<十二単姿>の女性が紫式部。
  絵の右にいる直衣姿の男性が藤原実成、左にいる直衣姿の男性が藤原斉信です。寛弘五年十月十七日、
  紫式部が同僚の女房である宮の内侍(みやのないし)の局に来ている時に2人の公達が訪ねてきた場面。
  この絵に描かれている女性は紫式部ではなく、宮の内侍であるという説もあります。』












Img_1_2


   最も感銘を受けたのは、仏師運慶の作と伝わる、重要文化財指定、ヒノキの寄木造「愛染明王坐像」
            この迫力に、みな、一瞬で心を奪われ、しばし釘付けに、、、
              (左右からも拝することが出来る展示です)

     『愛染明王、とは密教の神で、愛欲などの迷いがそのまま悟りにつながることを示す。
        外見は忿怒の形をとるが、内面は愛をもって衆生を解脱に導くとされる。』

                      そして、、、
downwardleft












続きを読む "五島美術館 秋の優品展、中華 鴻龍へ、、、" »

2017年8月16日 (水)

谷中散策、カヤバ珈琲、いせ辰、日乃本帆布、谷中銀座



020


お盆は、東京見物。今年は、谷中へ、、、


 『カヤバ珈琲の建物は、大正五年築、出桁(だしけた)造りの町家です。
  創業は
昭和13年、以来70年近く谷中のシンボルでしたが、惜しまれつつ、いったん閉店しました。
  平成20年、NPOなどが協力して建物を借り受けてリノベーションして、
  翌年、カヤバ珈琲は再び開店しました、、、』













022n



      二組並んでいて、20分位で、狭い木の階段をぎしぎしと登り、二階の座敷席へ、、、











027n


             おばさんの、、、念願の、、、厚焼きたまごを挟んだサンド、
              もう、ふわんふわんで、おいし~!、とろけそう~、、、
shine

                     おじさんのオーダーは、、、
downwardleft









続きを読む "谷中散策、カヤバ珈琲、いせ辰、日乃本帆布、谷中銀座" »

2017年7月30日 (日)

盛岡冷麺、そして光原社へ、、、



1466



ぱしふぃっくびいなすは、6/25()11時半に青森港に入港しました。
楽しかった五泊六日のクルーズを終えて、ここから其々に帰宅します。

せっかく東北に来ているので、前から行ってみたかった盛岡のお店を目指して、
新幹線の切符を途中下車で買い求め、お昼は、盛岡駅前の盛楼閣(セイロウカク)で、、、
これが、、、
downwardleft













続きを読む "盛岡冷麺、そして光原社へ、、、" »

より以前の記事一覧

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ