旅行・地域

2024年2月 3日 (土)

「紙の宝石」蔵書票 と 「すずの木カフェ」


7a


朝日新聞紙上で、蔵書票の展覧会があると知り、
本の虫のおばさんは、勇んで出かけました、

「蔵書票とは、本の所有者を示すため、
 書物の見返しに貼り付ける版画で作った小さな紙片のこと」

蔵書票の存在を知ったときから、いつか、きっとと、子供心に念じておりました、、、

 

 

E

  小さな版画のやりとり -斎藤昌三コレクションの蔵書票と榛の会の年賀状

  茅ヶ崎市美術館  開催期間:2023年12月16日(土)~2024年2月25日(日)


”第一部では、紙の宝石ともいわれる「蔵書票」を展示、
 第二部では、童画家であった武井武雄(1894-1983)が中心となり、
 恩地孝四郎、駒井哲郎、棟方志功、関野凖一郎など、錚々たる版画家を含む総勢161名が参加した
 年賀状交換グループ「榛(はん)の会」の年賀状を展示します。
 手のひらにのるほどの紙に収められた小さな版画世界を、どうぞお楽しみください”


この美術館は、、、

 

 

続きを読む "「紙の宝石」蔵書票 と 「すずの木カフェ」 " »

2024年1月17日 (水)

さか本の海鮮丼と、かわさき 宙と緑の科学館 プラネタリウム


Dsc_0061_20240115210201


去年、プラネタリウムに行った時のレポになります、、、

先ずは、腹ごしらえってことで、おじさんの熱烈なリクエストで、
海鮮丼 みそ汁付き、1,800円
マグロ3切・白身・赤イカ・アジ・赤エビ・釜揚げしらす・イクラ・玉子

このお店は、、、





Img_4025

Dsc_0078_20240115210201


川崎市中央卸売市場北部市場、さか本 に再訪です、

見本の海鮮丼は、本物です、





Img_4023





Img_4019


おばさんは、地魚丼 みそ汁付き 1,350円
マグロ(ブツ)・白身・カツオ・赤イカ・アジ・ネギトロ・玉子

とにかく量がハンパないので、
ふたりとも、ごはんの量は「少なめ」でお願いしました、、、


すっかり満足して向かった、ここから車で10分の
「プラネタリウム」は、、、




 

続きを読む "さか本の海鮮丼と、かわさき 宙と緑の科学館 プラネタリウム" »

2024年1月13日 (土)

湯田中温泉 よろづやの桃山風呂、木島平産こしひかり+万一に備えて、、、


Dsc_0692a


信州善光寺 をあとにして、
このお風呂目当てに、湯田中温泉にやって参りました、

純木造伽藍建築で、日本の大浴場ベスト10にも選出されたという、
天然温泉かけ流しの登録文化財 桃山風呂です、






Dsc_0677a


昭和レトロな脱衣所が、また、渋い、、、

こちらの二枚の写真は、桃山風呂の無料の自由撮影の時間(9:4510:00)に撮りました。
フォトコンテスト開催中のようで、大勢のカメラ小僧が夢中でシャッターを切っていました






Dsc_0673


写真奥には、狩野派の見事な屏風絵、
圧巻の吹き抜けのロビー、

そして、お部屋は、、、



続きを読む "湯田中温泉 よろづやの桃山風呂、木島平産こしひかり+万一に備えて、、、" »

2024年1月11日 (木)

善光寺護摩焚き、三笠屋洋傘専門店、十割そば 大善


Dsc_0591


昨年末の、”至福の宿「花仙庵 仙仁温泉岩の湯」”のレポの続きです、
ずいぶん間が空いてしまいましたが、私自身の備忘録のために今ごろアップします

一光三尊阿弥陀如来様を御本尊とする、威風堂々たる信州善光寺

 

 



Dsc_0576_20240110204701

Dsc_0569

 



 



    わずかに残った紅葉に彩られた本堂






Dsc_0594

 

 

 

Dsc_0599

大勧進(天台宗)では、
智慧の炎によって諸々の罪障煩悩を滅して願いごとを成就させるという密教の修法、
「護摩焚き」の祈祷が行われているところでした。

燃え上がる火柱と舞い上がる火の粉、
僧侶の力強い読経の声、耳をろうするばかりに響き渡る、太鼓の音

初めて目にした、「護摩焚き」の迫力に、すっかり度肝を抜かれ、
身も心も清められたように感じました、、、





Dsc_0579


善光寺本堂前には、御百度参りのカウンターがありました。
これは、同時に複数名(最大4名)の方が、お参りできるようです。

 



Img_4585Img_4818a

善光寺大勧進 御朱印と、
疫病がはやった際に姿を変えて人々を病魔から守ったと伝わる、
平安時代の天台宗僧侶・良源「元三大師(がんざんだいし)」の疫病退散の魔よけの効果があるとされる
このいかにもご利益がありそうな、御朱印を戴いて、向かったのは、
かねてより念願の、、、



.

続きを読む "善光寺護摩焚き、三笠屋洋傘専門店、十割そば 大善" »

2023年12月21日 (木)

仙仁温泉岩の湯、館内の様子 ★

 

Dsc_0551n

湯気の上がる
南部鉄器のやかん

 

 

 

Dsc_0543_20231221142301


      このロケーションを独り占めする至福の時、、、

 

 

 

 

Dsc_0548a


長居できるように、毛布が用意されています





Dsc_0271_20231221142601

ラウンジやテラス、書斎、ライブラリーなど、
パブリックスペースが数多く設けられています。





Dsc_0396a


ハンモックのある小部屋




Dsc_0284


 全18室、11か月先まで予約で埋まる、
 仙仁温泉岩の湯の、その秘密は、ほかに、、、

 

 

続きを読む "仙仁温泉岩の湯、館内の様子 ★" »

2023年12月19日 (火)

仙仁温泉岩の湯、お食事は、、、



Dsc_0221


御夕飯は、「深仙庵」で、、、
    以下小さい写真は、クリックすると拡大します、

 



Dsc_0211

 

Dsc_0225




Dsc_0232



 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_0240

 

 

 

 

 

       Dsc_0246


二時間近くかけて、全席個室の椅子席で、
こだわりの料理の数々をくつろいで戴きます。

地元長野の食材の特色を余すところなく活かした、
野山の野趣溢れる献立が並びます。

 

 

 

Dsc_0255

「山里 懐石料理」
地元の旬の食材を使い、海の魚は出さないというこの宿の矜持を、
心行くまで堪能させて頂きました


仙仁温泉岩の湯の、朝食は、、、




.

続きを読む "仙仁温泉岩の湯、お食事は、、、" »

2023年12月17日 (日)

仙仁温泉岩の湯、5箇所の浴場 ★

 

Dsc_0375n


岩の湯には浴場が全部で5箇所あり、湯舟の総数なんと13、そのすべてが源泉かけ流し
貸し切り風呂は4か所あり、予約不要、
空いていれば入室して鍵をかければ、「使用中」の表示になる仕組み

混み合う時間帯もあるようですが、私どもが利用した朝夕は、運良く貸切風呂はすべて空室でした。

貸し切り風呂、ひとつめは、広々とした「野守の湯」
内湯と露天があります





Dsc_0369a

「風姿の湯」
ジャグジー仕様の、石造りの浴槽
露天風呂には寝湯も併設

絶景のロケーション、新緑の頃なら申し分ないかと、、、
思わず、再訪を願う




.

Dsc_0381b

「夢想の湯」

隅々まで計算しつくされた贅沢な演出に、
じつはカラスの行水のわたしでさえ虜になりました、、、

ほかにもう一つ、家族風呂もあります





Img_4431





Img_4432


それぞれに、フェイスタオルのほかに、バスタオルは山積みで、アメニティも完備。
エコエコアザラシが大いに感じ入ったのは、この紙袋に収まった、リユースのヘアブラシ
・・・使用済みを下のかごに、、、


  ・・・・・・・・・・・・・


そして、
仙仁温泉岩の湯、最大の売り物、洞窟風呂は、、、


.

続きを読む "仙仁温泉岩の湯、5箇所の浴場 ★" »

2023年12月15日 (金)

至福の宿、「花仙庵 仙仁温泉岩の湯」 ★


Dsc_0468Dsc_0494n


ブックカフェ ”栞日” をあとにして、
全18
室、11ゕ月先まで予約でいっぱいの「花仙庵 仙仁温泉岩の湯」
キャンセルが出て、幸運にも、、、





Dsc_0488

駐車場に、素敵な長身のスタッフが出迎えて荷物を持って下さり、
長いアプローチを進み、
鉄分を多く含む、仙仁川の橋を渡ると、もうそこは、別世界、、、




Dsc_0317f


クラシックな雰囲気のロビー

2代目社長である金井辰巳さんのお話では、、、
「私が子どものころは、
 地元の炭焼きのおじさんたちが疲れを癒やしに来るような、素朴な山の温泉でした」
先代から温泉宿の経営を受け継いだのが1978(昭和53)年。
当時は、熱海や別府などの近代的な大型温泉旅館がもてはやされた時代です。
周囲に観光資源もない、山の小さな一軒宿をどう経営していこうかと悩まれたそうです。

指針になったのは「日本秘湯を守る会」という団体の、当時の代表の方の講演だったそうで、
「旅は人生、旅は情け、旅はロマンというお話を聞いて目から鱗が落ちるような思いがしました。
人が旅に求めるものが人生であるなら、山の宿としてできることがあるのではないかと思いました」
出典


お部屋は、、、



.

続きを読む "至福の宿、「花仙庵 仙仁温泉岩の湯」 ★" »

2023年12月10日 (日)

松本城、そば打処 野麦

 

Dsc_0102b


全18室、11か月先まで予約で埋まる人気のお宿が、キャンセルで取れました!
途中、漆喰の白壁と漆の黒壁のコントラストが青空に映える、松本城へ、、、




 

Dsc_0095


角度を変えてみると、
日差しを受けて、銀鼠色に輝く松本城もまた格別の美しさ、、、

大河ドラマでも、
家康の懐刀とまでいわれた、石川数正の
多くの謎を秘めた、豊臣秀吉のもとへの出奔に思いを馳せつつ、、、




 

Img_4337


お城を囲む三か所のビューポイントそれぞれに、
背景に雄大な冠雪の北アルプスを従えた松本城を
ゆっくりと楽しめるベンチがありました。

お昼は、、、

 

 

 

続きを読む "松本城、そば打処 野麦" »

2023年12月 2日 (土)

心ふるえる異空間、名曲喫茶ライオン、★


Img_4298a


前から行ってみたかった、渋谷の名曲喫茶ライオンへ、、、

一歩足を踏み入れるなり、
吹き抜けの店内に3mを超える圧巻の巨大スピーカーから流れる、壮大な交響曲の調べ、、、
そして、まるでタイムトリップしたかのようなレトロな異空間に心がふるえました、、、

営業は、13時から20時、
3時と7時に約1時間の定時コンサートがあり、
それ以外はリクエストを受け付けているとのこと。
持込のCDMD、レコードも受け付けて下さるそうですが、
詳しくは、HPから、、、



とにかくフォトジェニックな店内に心躍りますが、店内撮影禁止です。
店内の様子は、上記のHPからでも覗けますが、それは、ぜひ、当日のお楽しみに、、、

本が読める窓際の席に座り、ココアをオーダー。
これが、あっつあつで、とってもおいしぃ!、

それにしてもなんて素敵な空間だろう、、、
どうか、いついつまででもと、切に願う、、、

せめても形ばかりのエールを送りたく、
コーヒーをお代わりしたところ、お代わりは、200円引きとのこと、

ただ一点、残念だったのは私が座った窓際の席だけなのでしょうか、
背もたれに白いカバーの掛かったレトロな椅子のクッションがペチャンコだったこと、、、

今はやりのCFとかやったら、絶対、協力しちゃう~!

返す返すも撮影禁止というのが残念ですが、考えてみますと、
撮影OKとなったら、もう、インスタの格好の獲物ですから、
人々が押しかけて、店内をドカドカと動きまわり、パシャパシャ写真を撮りまくり、
大騒ぎして、撮影が済んだらさっさと帰ってゆく、ことになりかねないな、と、、、

この日も、年配の男性客ばかりで、みな静かにクラシックを愉しみ、あるいは、
書類仕事にいそしんだり、読書を楽しむひと、、、
・・・おばさんは、わたしひとり、、、

 ・・・・・・・・・・・

帰り際に、お会計をしているとき、二階席があることに気づき、
店員さんに聞いてみると、「よかったら、覗いてみてください」

古めかしい階段を昇って行って広がった目の前の景色に息をのむ、、、
巨大なスピーカと向き合う、2階の一番前のアリーナ席は特等席だとか、、、


もう、次は二階にしようっと!
私は、クラシックには不案内ですが、壮大な曲を聴くのは大好きなんです、

一日中、まるで、雲の上を歩いているようでした、、、
この日は、、、

 

 

続きを読む "心ふるえる異空間、名曲喫茶ライオン、★" »

より以前の記事一覧

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ