映画・テレビ

2021年8月18日 (水)

CSやBS、アマプラで観て感動した映画をいくつか、、、★


Img_6025min


少し古い映画になりますが、、、
ご覧になったお方も多々いらっしゃるでしょうけれども、
CSやBS、アマゾンプライムで観て、感動した映画をいくつかご紹介しますネ、

先ずは、一押し、「グリーンブック」 








139771_01


「ボウリング・フォー・コロンバイン」 
アニメと、マリリン・マンソンが、超クール!


それから、それから、、、




続きを読む "CSやBS、アマプラで観て感動した映画をいくつか、、、★" »

2021年5月24日 (月)

2017 韓国映画 ”タクシー運転手 ~約束は海を越えて~” ★


174594_02w


解説
1980年に起きた光州事件を背景に、反政府デモ弾圧の真実を追い求めたドイツ人記者と
彼を助けた人々の物語を、実話をもとに描く感動のドラマ。
ソウルで幼い娘を育てながらタクシー運転手をしているマンソプ
は、
大金を払うという言葉につられ、ドイツ人記者ピーターを乗せて光州を目指す。
検問を切り抜け、現地に入った二人が見たものは、、、。
主演は「パラサイト 半地下の家族」など、韓国映画を代表する名優ソン・ガンホ。

製作国:韓国
製作年:2017



NHKBSプレミアムで観た、“タクシー運転手~約束は海を越えて~”

役者さんたちの達者な演技にゲラゲラ笑いながら、見始めたのですが、、、
とにかく、、、ものすごい映画でした、、、

韓国の底力に圧倒され、言葉を失い、完全に打ちのめされました、、、

★★★★★



・2005年のお正月に、韓国にフェリーで家族旅行をした時のことを思い出しました、、、
 それは、、、







続きを読む "2017 韓国映画 ”タクシー運転手 ~約束は海を越えて~” ★" »

2020年9月19日 (土)

NHK ”土門拳が撮ったヒロシマ~戦後75年を生きた人々~” ★

 

Domon_header

 

写真の鬼と呼ばれた伝説のカメラマンは、また、第一級のライターでもあったのです、、、

これは、偽善なのかと自問自答しながらも、
使命感に駆られて通い詰めた広島で、
血を見るのも怖い筈の土門が向きあう、目を覆うばかりの原爆病院の惨状、、、

苛められたケロイドの少女に現れた奇跡の救いの神が放った一言に、
胸が熱くなり、、、滂沱の涙、、、

また、被爆し失明しながらも出産した女性の心中を思いやる土門のやさしさ、、、
そして、彼女の並外れた強さは、、、
やがて、多大な果報と恵みをもたらすのです、、、
またしても、涙、涙、、、

打ちのめされた番組 でした、、、


再放送 NHK BS1  ”中国地方推し!、土門拳のヒロシマを探して”
            9月20日(日) 午前0:50~1:15(全国放送)※19日(土)深夜 

(番組予約を入れようとすると、”中国地方”と番組表には出ていますが、それです!)



 

2018年12月11日 (火)

ボヘミアン・ラプソディ 



Maxresdefault



13
日までと聞いて、ダッシュで観に行って参りましたぞ!、
しかも、人生初、IMAXですぞ!、


期待を煽る、オープニング、
灰皿から、ジーンズまで、当時そのままにと、こだわりぬいて造られたという映像は見事で、
もう、すごい映画でした、、、


なかでも、、、












続きを読む "ボヘミアン・ラプソディ " »

2018年9月16日 (日)

映画 「カメラを止めるな!」 ☆



30_orig



300
万円という低予算で製作され、東京都内の劇場2館から全国累計269館に上映館が拡大し、
現在、興行収入は16億円を突破したという話題の映画を、今頃になって観に行って参りました。
爆笑に次ぐ爆笑、そして、最後はじんわり心温まるエンディングとのことで、私の大好きなパターン!

ちょうど次男が来ていたので、うちのおじさんと三人で、、、
「カメラを止めるな!」、この映画は、、、











続きを読む "映画 「カメラを止めるな!」 ☆" »

2018年8月15日 (水)

映画 『この世界の片隅に』 ★



Ogimage



・累計動員数は200万人、興行収入は26億円を突破し、ミニシアター系作品としては異例のヒットを記録。
・映画雑誌「キネマ旬報」が発表した2016年度のベスト・テンでも
『君の名は。』や『シン・ゴジラ』といった強豪を抑え日本映画第1位となったことも注目された。


『話題のアニメ映画「この世界の片隅に」を見てきました。
 制作費の大半を賄ったクラウドファンディングや、女優として再起をかける「のん」が
 主人公のすず役の声優を務めたことなど、口コミで話題が広がった作品です。
 初日に行ってきたのですが・・・

 驚いたのは、なんと終演後、フツーのシネコンなのに会場内から自然発生的に拍手が出てきたこと!
 その後、パンフレット購入に長蛇の列ができるなど、見終わった後のお客さんの反応や熱量も抜群でした。
 主役、すずの声を務めた能年玲奈ことのんに対する大手芸能事務所のあからさまな
 メディア締め出し(疑惑?)により十分な広告宣伝がテレビ・ラジオ等で行えなかったにもかかわらず、
 映画評論家をはじめ、見終わった人が絶賛するなど、ネット経由の口コミで人気が広がりました。』
 『』内出典




完全に、圧倒されました、、、わたし的、イチオシ!、

★★★★★


日本映画専門チャンネル(BS255)で、オンエア、


  8/15(水)、21:00 ・・・今晩

  
8/21()2310
  8/26(
)1350












2018年2月 2日 (金)

「SUITS/スーツ」、「ブレイキング・バッド」



Suits



今、ハマってる海外ドラマは、ふたつあって、
ひとつめは、「SUITS/スーツ」、

イギリス王室のヘンリー王子と婚約した、
レイチェル・ゼイン役のメーガン・マークルが、スタイル抜群でとってもかわいい♪、

マイクを応援しながら、、、
チャーミングなドナととにかくユニークなルイス、見ているだけで、たのしくなる♪、
そして、なんといっても、、、おばさんは、
ハービィの大ファン、


もうひとつは、、、










続きを読む "「SUITS/スーツ」、「ブレイキング・バッド」" »

2017年11月16日 (木)

映画「ドリーム」 ★ タラジ・p・ヘンソン



B133c8747382ef61



  解説
  1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた、
  NASA3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ボーン、
  メアリー・ジャクソンの知られざる物語を描いたドラマ。ソ連とアメリカの宇宙開発競争が
  繰り広げられていた61年、米バージニア州ハンプトンにあるNASAのラングレー研究所に、ロケットの
  打ち上げに必要不可欠な計算を行う黒人女性グループがいた。なかでも天才的な数学の才能をもつ
  キャサリンは、宇宙特別研究本部の計算係に抜てきされるが、白人男性ばかりのオフィス環境は、
  キャサリンにとって決して心地よいものではなかった。
  一方、ドロシーとメアリーもそれぞれ、黒人であるというだけで理不尽な境遇に立たされるが、
  それでも3人はひたむきに夢を追い続け、やがてNASAの歴史的な偉業に携わることとなる。



この映画、ゼッタイ面白そう!、それに、主演のタラジ・p・ヘンソンの大ファンのわたしですが、
ミニ同窓会で、ナガイサンに「きぬえ、早く行かないと終わっちゃうよ!」と言われて、
あわててググってみると、近隣の映画館での上映はすでに終了していて、

有楽町のTOHOシネマズ みゆき座で、16日までと知り、うちのおじさんとダッシュで観に行くことに、、、



そして、この映画は、期待通りの、いえ、はるかに超えて眩い輝きを放つ傑作でした、、、

うちのおじさんも、いい映画だった、ほんとうに、いい映画だったと感無量。
黒人差別がこれほどだったとは、とも、、、

主人公を演じたタラジは、、、












続きを読む "映画「ドリーム」 ★ タラジ・p・ヘンソン" »

2016年2月24日 (水)

スターウォーズ フォースの覚醒  ☆



Photo
 




久しぶりに、映画館で映画を観ました。
平日の1800、スターウォーズ フォースの覚醒、、、
客席には、私どものほか、たった三人でした、、、

賛否両論ある映画ですが、、、









続きを読む "スターウォーズ フォースの覚醒  ☆" »

2014年4月 9日 (水)

アニメ 宇宙兄弟 ★



Jk37l


長男から面白いよと聞いていた、宇宙兄弟。
CS
で、一挙放送していたので、ダビングして見始めたところ、、、
完全にハマッテしまいました!
おばさんが、夢中になっているのは、、、






続きを読む "アニメ 宇宙兄弟 ★" »

より以前の記事一覧

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ