« 江川せせらぎ緑道、野の花たち | トップページ | 村木嵐著 ”まいまいつぶろ” ★ »

2024年4月 8日 (月)

江川せせらぎ緑道でお花見

 

Dsc_0143


4/7(日)、車で10分の江川せせらぎ緑道へ、
満開の桜





Dsc_0103_20240408120801Dsc_0129_20240408120801

チューリップの赤、赤、赤、黄色、黄色、黄色、そして、白、、、
これだけの花を毎年見事に咲かせるのに、
どれだけたくさんの人々の手間がかかっていることでしょう、



 

Dsc_0061_20240408120801


前夜、テレビでも紹介されたこともあり、
ものすごい数の人々が満開の桜のもとに集っていました。

犬を連れている人、手をつないだ恋人たち、おにぎりをほおばる家族連れ、、、
みんな、みんな、笑顔、、、

そして、そして、、、



.

 



Dsc_0090_20240408130101

ところどころに石段があり、腰を下ろして、
青空の下、満開の桜を、のんびりと眺めて、
時のたつのも忘れてその美しさに、ただただ心を奪われます、、、






Dsc_0163_20240408122601

 



 

Img_5705


限りなく透き通った緑道のせせらぎは、都筑水再生センターで下水を高度処理された水です。
風に舞って散った桜の花びらが流れていきます、、、

たくさんの人々がザリガニ釣りに熱中して、ところどころから歓声があがっていました、

 



Img_5741


江川せせらぎ緑道に駐車場は有りません。
港北イケアに停めさせていただきましたが、
約2000台停められる駐車場は屋上までいかないと空きはなく、
ビストロでソフトクリームやドリンクをいただこうと思いましたが、
とんでもない行列と、人々であふれかえっていて、
チョコレートだけ買ってあきらめて帰宅することに、、、

ところが、駐車場を出るまでに15分近くかかったでしょうか、、、
土日にイケアに来たのは初めてですが、
こんなイケアも初めてで、すっかり度肝を抜かれた、初老の夫婦でありました、、、

 

 

 

 

 

« 江川せせらぎ緑道、野の花たち | トップページ | 村木嵐著 ”まいまいつぶろ” ★ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江川せせらぎ緑道、野の花たち | トップページ | 村木嵐著 ”まいまいつぶろ” ★ »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ