« さか本の海鮮丼と、かわさき 宙と緑の科学館 プラネタリウム | トップページ | 日本水仙 »

2024年1月19日 (金)

冷や飯で、ライスグラタン♪

 

0068


あるもんでやろうシリーズ、冷や飯で、ライスグラタンの巻、
カンタンレシピは、、、




 






オーブンを、250℃に温めはじめて、、、
ベーコン、長ネギ(玉ねぎでも)を炒めて、牛乳を加え、
ホワイトルウフレークを混ぜて、よく煮溶かしたら、
冷やごはんを投入、塩・胡椒して、耐熱容器に移したら、
ミックスチーズをのせて、、、
250
℃に温めたオーブンで、123分。


・今日のおまけ、、、
 食材の9割は生活クラブ、
もう三十年以上、組合員のわが家は、、、





S

 

Img_376464_s_01


自前の牛乳工場で製造される、新鮮で環境にやさしいビン牛乳
市販の牛乳の9割が、120150度の超高温殺菌をしているので、熱に弱いたんぱく質が変性し、
牛乳の持つ栄養や風味が変わってしまいます。
生活クラブの「パスチャライズド牛乳」は、7215秒間殺菌。
熱による成分の変性が少なく、さらっとしてほんのり甘みのある牛乳になるのです。
また、牛を育てる飼料の原料まで、すべての素性を明らかにしています。
乳牛に与える飼料のトウモロコシと大豆かすは、遺伝子組み換えされていないものを使っています。
容器もこだわりの「びん容器」。
牛乳の風味を損なわないうえに、洗ってくり返し使えるリユースびんなので、ゴミも出しません。



そして、わが家は、ノンホモ牛乳。

ノンホモ牛乳とは、脂肪分のホモジナイズ(均質化)処理をしない牛乳のことです。
しぼったそのままの生乳に、
できるだけ物理的なダメージを与えず最小限の加熱殺菌だけをしています。
ノンホモ牛乳は上にクリームが浮いてくるなど、生乳により近い、まろやかな風味が楽しめます。


牛乳キャップもリサイクルしています♪、一個分で約9gのCO2を減らせるとのことです、

 



006_3

 

クリームシチュー、グラタン、コロッケ、、、
いろいろに活躍してくれる、直火炊き仕上げ、クリームシチュールウ
です。

GM対策済)





Img_1147_m_01


発酵調整剤を使用していないニュージーランド産ナチュラルチーズ2種類をブレンドした、
ミックスチーズ



いつも冷蔵庫に、ミックスチーズは冷凍庫に、
スタンバイしてる、マストアイテムたちでした、、、



           ・写真のカンタン手作りグラタンマットは、こちらから、、



®2019年にアップしたリユース記事です

 

 

 

 

 

« さか本の海鮮丼と、かわさき 宙と緑の科学館 プラネタリウム | トップページ | 日本水仙 »

クッキング(パン・ご飯)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さか本の海鮮丼と、かわさき 宙と緑の科学館 プラネタリウム | トップページ | 日本水仙 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ