« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月31日 (水)

朝井まかて著 ”類” ☆


81utriykuwl

内容(「BOOK」データベースより)

鴎外の“不肖の子”類、その愛すべき生涯。
愛情豊かな父、美しい母、ふたりの姉と何不自由なく暮らした少年時代。
父の死という大きな喪失を抱えながら、画業を志しパリへ遊学した青年時代。
戦後の困窮から心機一転、書店を開業。
やがて文筆家の道へ―明治、大正、昭和、平成…時代の荒波に揺さぶられながら、
鴎外の子としての宿命と格闘し続けたその生涯。


鴎外の四人の遺児、森茉莉、小堀杏奴、森於菟、森類、、
後者のお三方の存在すら存じ上げなかったのですが、
文豪鴎外の意外な優しい父親像と、自ら丹精込めていらした花と木々豊かなお庭、、、
その名声と資産に恵まれながらも、、、家族の断絶、、、

卓越した、人間像と自然の描写力、時代背景、 会話の妙、、、
当時のセレブたちの優雅な暮らしぶりと彼らのつながり、、、
そして、、、戦禍で失われた、築き上げた一切合切、、、

身内の、それも女性の恥ともいえることを、ここまで描いていいのかと、絶句しながら、、、
偉大な父のもとに生を受けた、彼らの生きざまに、、、
ひたすらに、、、ただただ、感服致しました。


★★★★☆



 

 

2022年8月29日 (月)

車道楽

 

Img_5264name

®
稼ぎを車につぎ込むのは、主人の家系の血筋らしい。
おじいちゃんも、そうだったもの、、、
・・・主人の腕時計はぶら下がりの980円、、、

そんな彼の昔の趣味はカートレース。
零コンマ1秒を10万で買うという、まさに道楽の世界。

人と張り合ったり、競争するのが、ダイッキライのわたしには、ほとんど、理解不能。
・・・負け犬だって、別に、ゼンゼン、いいも~ん!
・・・負けるが勝ちだって、おばあちゃんが、いつも、言ってたも~ん♪


その当時、カートレースに心血を注ぐ主人が、、、




続きを読む "車道楽" »

2022年8月27日 (土)

スモークサーモンのマリネと、フェンネル

 

002

®
いづみ先生 に教えて戴いたのは、2006年でしたから、もう何年になるのでしょう、、、
おもたせにもぴったりだし、2、3日は作り置きできるし、、、
何回作ったから分からないほどのお気に入り、成城石井でサーモンを買って、
いづみ先生のレシピで、スモークサーモンのマリネ、


庭のフェンネルをちょこっと添えて、、、
・・・あると何かと便利なハーブ、フェンネルは、、、






続きを読む "スモークサーモンのマリネと、フェンネル" »

2022年8月26日 (金)

ロイホ 50周年「夏の洋食小皿」+ もち吉で、、、


Img_9718Img_9702-2


  所用で町田へ、、、
  ロイヤルホストでランチ
  


 

 

01_o

ロイヤルホスト、50周年第三弾、「夏の洋食小皿」
< 写真は、HPより >
戴いたのは、真ん中の「ジャンバラヤ&アンガスサーロインステーキ」
2,680円(税込2,948円)

これは、、、




.

続きを読む "ロイホ 50周年「夏の洋食小皿」+ もち吉で、、、" »

2022年8月25日 (木)

宮本輝著 ”流転の海 第四部 天の夜曲” ★

 

51bacjdh9pl


第4部 天の夜曲
昭和31年、熊吾は大阪の中華料理店を食中毒事件の濡れ衣で畳むことになり、事業の再起を期して
妻房江、息子伸仁を引き連れ富山へ移り住む。が、煮え切らない共同経営者の態度に、
妻子を残して再び大阪へ戻った。踊り子西条あけみと再会した夜、彼に生気が蘇る。
そして新しい仕事も順調にみえたが……。
苦闘する一家のドラマを高度経済成長期に入った日本を背景に描く、ライフワーク第四部。


流転の海、全9巻、40年かけてようやく完結。
ずっと追いかけていた人たちは、待って待って、待って、、、
それを、私は完結してから読み始めましたが、
あまりにも好きすぎて、読み終えてしまうのが惜しくて、もったいなくて、ちびちびと、、、

以下に心に残った一文を、本文より転記します、

 

 

続きを読む "宮本輝著 ”流転の海 第四部 天の夜曲” ★" »

2022年8月24日 (水)

オートミール、ミランダマフィン、焼いてみた♪、、、☆


Img_9356


マフィンの型を買ったアラカンのおばさんは、、、
減量スイーツ系レシピ、No.1、ミランダ・カーのマフィン焼いてみたよ、




2016100392


材料はほとんど家にあり、買ったのは、生活クラブのりんごジュース
山形県産、酸化防止剤不使用。濃縮還元タイプ。


さっすが、セレブのレシピはちがう!、また作ろっと!、

ドムスさんの、レシピ動画は、、、





続きを読む "オートミール、ミランダマフィン、焼いてみた♪、、、☆" »

2022年8月22日 (月)

ゼンゼン痛くない、鼻うがいのススメ♪


Img_7649


常に細菌やウィルスと接触していて炎症を起こしやすい上咽頭ですが、
毎朝回、鼻うがいを始めてからというもの、もう長いこと風邪を引いていません。

これを教えてくれたのは、、、

 

 

続きを読む "ゼンゼン痛くない、鼻うがいのススメ♪" »

2022年8月20日 (土)

いつも「ユナタン」が一緒に♪

 

Img_3682


ユナタンのもう一人の秋田のおばあちゃん、
アッコさんから、届いたのは、、、




.

続きを読む "いつも「ユナタン」が一緒に♪" »

2022年8月18日 (木)

チマチマしたおばさんの節電 + 7月の電気代は、、、

 

11_030s

11_026s


®
「省エネルギーセンター 平成24年度 待機時消費電力調査報告書」によると、
「ガス給湯付ふろがま」のオフモード時の待機電力が5.16W、
  オンモード時の待機電力が6.55Wとなっています。

  1年間の電気代は、、、

オフモード時:5.16÷1000×24時間×365日×27円=約1220.44円
オンモード時:6.55÷1000×24時間×365日×27円=約1549.20円
オフモード時とオンモード時の差額:328.76円
                                                                ※1kWh=27円で計算

一般的に、一世帯が消費する電力のうち5.1%が待機電力によるもので、
さらにそのうちの27%が「給湯機器」となっており、
これは「映像・音響機器」の28%とほぼ変わらない割合です。言い換えると、
一世帯が消費する待機電力のうちの4分の1以上を給湯機器が使っていることになります。

       ・・・その都度消す方がお得かどうかなど、詳しくは、こちらから、、、



夏場、ガスを使うのは、入浴時だけなので、入浴前にオン、入浴後はオフにしています。
(冬場も外出時と就寝時はオフに、、、)

そして、、、





続きを読む "チマチマしたおばさんの節電 + 7月の電気代は、、、" »

2022年8月17日 (水)

有元さんの”玉ねぎだけの丸ごとスープ” ☆


Img_8409


少し前に作ったスープですが、
新玉ねぎだったら、最適ということで、小ぶりの新玉ねぎの大袋が安かったので、、、


たまねぎの皮をむき、丸ごと鍋に入れてスープをひたひたに加えて、
弱火でひたすらコトコト煮て、塩、こしょうするだけ。
スプーンで千切れるほどに柔らかくなったら、パセリのみじん切りをパラリ。
好みでベーコンを入れてもOK
・・・ これ、おすすめ♪、


レシピは、有元葉子さんの、こちらの本から、、、

 

  暑い日が続いて、冷たいものばかりが欲しくなりますが、
     お腹を温めると、元気になります、、、









2022年8月15日 (月)

アラカンのおばちゃんが、はじめてマフィンを焼いてみた♪


Img_9343w


アラカンのおばちゃんが、、、
マフィンの型を買っちゃいました~、
・・・ワクワクすっぞ!、







Img_3536-2


さっそく焼いてみたのは、、、



 

続きを読む "アラカンのおばちゃんが、はじめてマフィンを焼いてみた♪" »

2022年8月14日 (日)

山崎豊子著 "沈まぬ太陽”全五冊 ★

 

322816_xls


®
日本を代表する航空会社の凄まじいまでの腐敗。
 85年の御巣鷹山事故の衝撃を出発点に、その内実を描いたノンフィクション・ノベル。
 全5巻の大作ながらベストセラーになった。
 労組活動を「アカ」呼ばわりされ、海外の僻地勤務を命じられた主人公・恩地に、
 リストラ社会を生きる人々の共感が寄せられたのが一因だろう。
 だが、もっと重要なのは、だれもが知るあの会社をモデルに
 実在人物をも特定できる形で汚点を紡いだ「蛮勇」ではないか。
 たとえ事実と創作の混線ぶりが気になるにしても。
 「白い巨塔」の財前や「不毛地帯」の壹岐でなく、
 企業内で黙々と働く恩地が英雄という閉塞時代に、私たちはいる。』



『内容
 広大なアフリカのサバンナで、巨象に狙いをさだめ、猟銃を構える一人の男がいた。
 恩地元、日本を代表する企業・国民航空社員。
 エリートとして将来を嘱望されながら、中近東からアフリカへと、
 内規を無視した「流刑」に耐える日々は十年に及ぼうとしていた。
 人命をあずかる企業の非情、その不条理に不屈の闘いを挑んだ男の運命―。
 人間の真実を問う壮大なドラマが、いま幕を開ける。 




「大地の子」と並んで、著者のその類まれな才能に、圧倒されました。
事実を小説として再構築した作品とされていますが、
この航空機会社の恐るべき実態に、戦慄を覚えました。
読後、しばらく、本を手に、茫然自失、、、

そして、今、、、
最終赤字990億円、深刻な業績不振に陥る、日航。
123
便で、失われた520人もの命は、、、はたして、、、いったい、、、

★★★★★

           ® 200910月にアップしたリユース記事です。



  2013
101日 追記
     信念を守る、不屈の強い意気。
     気骨ある作家、山崎豊子さんのご冥福をこころよりお祈り申し上げます。


 2017年8月13日 追記
  123便、日航機墜落、凄惨な事故から、三十二年、、、
  ご遺族の方々の其々に刻まれた艱難辛苦の三十二年、、、
  今年は仏教で「弔い上げ」とされる三十三回忌、、、
  合掌、、、







 

2022年8月12日 (金)

”新型コロナワクチン接種と帯状疱疹発症”


013n


テキサス在住の Nちゃんから、アメリカでは、
帯状疱疹のワクチン、Shingrix をかなりの人が接種していると聞いて、
亡くなった義父が、晩年帯状疱疹の痛みにかなり悩まされていたので、
私ども夫婦はワクチンを先月接種して参りました。

安価なワクチンもありますが、
Nちゃんから、高いほうが、効果が長く続くとすすめられました。

間隔をあけて、二度接種するので、
二度目は、まだこれからですが、保険が利かないので、かなり高価です、、、

けれども、神経ブロックとかいろいろ試しても、
「きぬえよ、、治らねぇんだよ、、」と、
辛そうだった義父のことが頭にありましたから、、、


そして、最近、こんなコラムを目にしました、

それは、、、




続きを読む "”新型コロナワクチン接種と帯状疱疹発症”" »

2022年8月10日 (水)

ぐるぐる混ぜて焼くだけ、”はじめてのポップオーバー” ☆


Img_3480


台所の戸棚を整理していて、デッドストックになっていた型を発見して、
この深さのある型で何かと検索して、図書館で本を借りて作ってみたのが、、、





 

Img_3465


ニューヨークやハワイで大人気という、
クイックブレッド、
ポップオーバー、 

レシピは三個分なので、
思い切って型を半分に切ってしまいました、、、
(8個焼くときは、並べればいいし)

これは、、、



.

続きを読む "ぐるぐる混ぜて焼くだけ、”はじめてのポップオーバー” ☆" »

2022年8月 8日 (月)

青山 美智子著 ”お探し物は図書室まで” ★


61dn6runtpl


「2021年本屋大賞」2位!!

内容
仕事や人生に行き詰まりを感じている5人が訪れた、町の小さな図書室。
「本を探している」と申し出ると「レファレンスは司書さんにどうぞ」と案内してくれます。
お探し物は、本ですか? 仕事ですか? 人生ですか?

人生に悩む人々が、ふとしたきっかけで訪れた小さな図書室。

彼らの背中を、不愛想だけど聞き上手な司書さんが、
思いもよらない本のセレクトと可愛い付録で、後押しします。


これは、、、なんとも、いい本に巡り合えました、
読み終えるのが惜しい、素敵な一冊。

★★★★★


以下に心に残った一文を本文より転記します、






続きを読む "青山 美智子著 ”お探し物は図書室まで” ★" »

2022年8月 6日 (土)

暑中お見舞い申し上げます



Img_1867n


®
毎日、毎日、ほんとうに暑くて、おばさんは、もう、すっかり夏ばてしています、、、
そして、、、






続きを読む "暑中お見舞い申し上げます" »

2022年8月 4日 (木)

凹んだ時は、、、

 

7c_046


®
凹んだ時は、台所に立ちます。
ひかる先生のレシピで豆乳ごま豆腐。
黙々と材料を計量して、さあ、作りますぞ!、
お鍋の前で、10分間、休まずひたすら、木べらをぐるぐる、ぐるぐる、、

もう一品、いきま~す!
暑いので、火を使わない、、、





続きを読む "凹んだ時は、、、" »

2022年8月 2日 (火)

町田版画美術館 長谷川潔展で至福のひととき ★


Img_9429


連日の猛暑、猛威を振るうコロナ、、、
基礎疾患ありのアラカンのおばさんは、引きこもっているのにもいい加減に耐えかねて、
・・・空いていて、涼しくて、広い所、、、

ふと思いついたのが、2009年に一度行った、車で30分の「町田市立国際版画美術館」
 「だけど、今日、日曜日だよ、、、」
 「でも、、、今日、行く!、もう、決めたの!」








Img_9393


長谷川潔展
― 日常にひそむ神秘 ―
(9/25迄)

「コップに挿したアンコリの花」




 

Img_0981


「野辺小禽」

作者を存じ上げずに、
ただ、非日常と涼を求めて行ってみたのですが、、、

そこには、、、




.

続きを読む "町田版画美術館 長谷川潔展で至福のひととき ★" »

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ