« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月30日 (月)

庭の青紫蘇で、あれやこれや、、、

 

002_20220529205001


30年以上前に、たった一株植えただけなのに、
どんどん増えて、
毎年何もしなくても出てくるシリーズのひとつ、青じそ、(^-^)

 






12-036


今時分は、
どんどん大きくなる青シソの消費に追われます、
冷奴に、パスタに、お刺身に、サラダにと、







Img_8417-2


木綿豆腐にごま油、白炒り胡麻、青紫蘇にお醤油をたらり、、、

それから、それから、、、


 

続きを読む "庭の青紫蘇で、あれやこれや、、、" »

2022年5月28日 (土)

雨の日に、網戸掃除、、、

 

Simg_4275


®
風がなくて、かなりの雨量が見込まれるとき、
網戸を外して、庭の物干しや、椅子に立てかけます。
雨にお掃除してもらうため、です、

作業はできれば、雨が降る前に、、、

台風や、風の強い日はもちろん、細い銀の糸のような雨も、、、NGです、、、

はね返りがあるので、土の上は避けます。
・・・芝生や、タイルの上に、、、重ねないで、一枚ずつ、、、
   途中でできれば、上下裏表を返せたら、ベスト、

   

そのまま、乾かして、、、すっきり、きれい、です、
・・・わたしの汚れた心も、こんなふうにきれいになったらいいのに、、、
   ついでに、シワも~、、、

昔から、雨が好き、、、
・・・そのせいか、雨女です、、、

                     ®2009年11月にアップしたリユース記事です







Img_3192-2


 2022年5月追記
   バケツをひっくり返したような雨でした、、、
   午後になると、そんなことなかったかのように、カラリと晴れ渡りました、、、
   来る夏に向けて、網戸は一部ですが、すっかりきれいになりました、キモチイイ~、、

 この椅子は、30年前に車で通りかかった空き地に、
 ”ご自由にお持ちください”という札とともに山積みされていたのを二客持ち帰ったのです。
 ペンキを塗ったりしながら、もうボロボロですが、長いこと本当に重宝しました、


 散歩の途中、公園で見つけたのは、、、





続きを読む "雨の日に、網戸掃除、、、" »

2022年5月27日 (金)

あじさいの水揚げのやり方

 

Ssdsc_0038


®
わぁ、きれい!、うっとりと眺めていたら、、、
分けていただきました、見事な柏葉あじさいです♪
むずかしい、あじさいの水揚げは、、、






続きを読む "あじさいの水揚げのやり方" »

2022年5月26日 (木)

米澤 穂信著 ”黒牢城”


51q7zgyy2l_sx345_bo1204203200_


内容
本能寺の変より四年前、天正六年の冬。
織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。
動揺する人心を落ち着かせるため、
村重は、土牢の囚人にして織田方の智将・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。
事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。
デビュー20周年の集大成。
『満願』『王とサーカス』の著者が辿り着いた、ミステリの精髄と歴史小説の王道。
第166回直木賞受賞!

 

著者の本は、三冊目ですが、これだけの歴史小説を書き上げる手腕にただ感心するばかりです。
大河で観た黒田官兵衛役の岡田准一をイメージしながら読了。

ミステリーを織り込んだ筋立てには、はじめのうちこそ引き込まれましたが、、、
繰り返される謎解きに次第に興味を失い、正直、全編に漂う陰気さには、参りました、、、







米澤 穂信著 ”満願”


O0410060014193975113


内容(「BOOK」データベースより)
人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。
驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、
美しき中学生姉妹、フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。
入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。



見事なプロット、心理描写、文章力、、、
ミステリー好きを唸らせる珠玉の6篇。






2022年5月24日 (火)

てくてく歩く、ひとりランチの友は、、、♪


Img_8331-3


図書館、郵便局、歯医者、買い物、etc、、と、あれこれ用事を作っては、歩いています。
気が向くと、途中で、ひとりランチもします、

この日は、二種盛のお肉ランチ ¥1,780

 



 

Img_8337w



右半分の、豚肉やわらかスペアリブ

 

 

 

Img_8336w

左半分の、さつま豚のトンからあげチリソース
たっくさんの横浜野菜と、、、

いつも行列、大人気のこの店のランチは、、、





続きを読む "てくてく歩く、ひとりランチの友は、、、♪" »

2022年5月23日 (月)

あれあれ、ほら!、あれ、、、



Sdsc_1577n



とある日、うちのおじさんが、
「そういえば、ほら、あれ、どうなった?」
「・・・、ああ、あれね~、、どうしようかと思って、、、」
「ああいうことは、近所の、ほら、あの人が詳しいから聞いてみたら?」
「そうだね~、、あの人なら知ってるかも、、、聞いてみるね」

すると、、、




続きを読む "あれあれ、ほら!、あれ、、、" »

2022年5月21日 (土)

おいし~!、業スーのデーツとナッツでビーガンスイーツ ★



Img_8088w


業務スーパーの種抜きデーツ(¥138)と、ナッツ、ココアで、
ビーガンのおやつ、ローブラウニー

これ、チョット、感動のおいしさ!
 

レシピは、、、




 

続きを読む "おいし~!、業スーのデーツとナッツでビーガンスイーツ ★" »

2022年5月20日 (金)

凪良 ゆう著 ”滅びの前のシャングリラ“ ☆


Large_ip201110jaa000347000


内容(「BOOK」データベースより)

「一ヶ月後、小惑星が衝突し、地球は滅びる」
学校でいじめを受ける友樹、人を殺したヤクザの信士、恋人から逃げ出した静香。
そして―荒廃していく世界の中で、四人は生きる意味を、いまわのきわまでに見つけられるのか。
圧巻のラストに息を呑む。滅び行く運命の中で、幸せについて問う傑作。


地球滅亡まで一か月という設定に、
最初は疑問符でいっぱいだった、が、
やがて、世界は秩序を失ってゆき、食べる物が次第になくなり、
街は悪臭と犯罪、暴力に満ちて、、、
荒廃した世界がそう遠くない将来のように思えてしまう、、、

いろいろなことを教えてくれた、この一冊に感謝、

★★★★☆

 


こころに残った一文を以下に本文から転記します、
この本の表紙絵の意味するところ、それは、、、




続きを読む "凪良 ゆう著 ”滅びの前のシャングリラ“ ☆" »

2022年5月18日 (水)

ソーキそばで、あひるごはん♪


21_002


ハイサーイ♪、
ダイエッターのおばさんは、今日も30分歩いて、横浜ららぽーとへ、、、

沖縄のアンテナショップで、半額のソーキそばを見つけて買ってきちゃいました♪
ソーキそば、大好きです!、
ちむどんどん、する~♪  


ごちそうさま~!、(*^。^*)




ところで、“鎌倉
殿の13人”、ですが、、、





続きを読む "ソーキそばで、あひるごはん♪" »

2022年5月16日 (月)

ふしぎな、”拉麺 成 CH 仲町台” ☆


Dsc_0498n


うちから車で10分、評判のラーメン屋さんに行って参りました。
おじさんの、メロウな醤油(1,100円)

この店のこだわりは、、、

  化学調味料不使用
  低農薬国産小麦遺伝子組み換え品不使用
  人に良いと買いて「食」
  より安全で身体に優しいものを


煮干しラーメン好きのおばさんは、、、





続きを読む "ふしぎな、”拉麺 成 CH 仲町台” ☆" »

2022年5月14日 (土)

運動会ってダイッキライだった・・・



Dsc_0028n


®
かけっこは、いつも、転んで、びりだった。
ワンワン泣きながら、走り去る友達の背中を見ていた・・・
だから、運動会ってダイッキライだった。

長男も、、、






続きを読む "運動会ってダイッキライだった・・・" »

2022年5月12日 (木)

砥部焼き くらわんか



Image0107a



食洗機もないし、石けん党の我が家は、食器の破損率は、かなり高いと思います。
そんなわけで、、、
物を増やさないようにしてるおばさんにも、陶磁器を買う楽しみはあります、

これは、、、





続きを読む "砥部焼き くらわんか" »

2022年5月10日 (火)

万能調味料、たまねぎ麹を作ってみた♪


Img_2997-3


ケリーちゃんのブログ で紹介されていた、玉ねぎ麹を作ってみました♪
出来立てをお味見してみると、、、
おいし~♪、すごい旨味とコクにびっくり!、ほんと、コンソメだ~!、

これは、、、


 

続きを読む "万能調味料、たまねぎ麹を作ってみた♪" »

2022年5月 9日 (月)

絲山 秋子著 ”沖で待つ” ★


51qq509j1jl_sx344_bo1204203200_


内容(「BOOK」データベースより)
2005年 第134回芥川賞受賞 

仕事のことだったら、そいつのために何だってしてやる。
そう思っていた同期の太っちゃんが死んだ。
約束を果たすため、私は太っちゃんの部屋にしのびこむ。
仕事を通して結ばれた男女の信頼と友情を描く芥川賞受賞作「沖で待つ」。
すべての働くひとに。


17年前の芥川賞受賞作です。
芥川賞って、新聞・雑誌掲載作品の、しかも純文学の短編集に受賞資格がある、そうで、
大衆文学に対して、純粋な芸術性を目的とする文学が純文学なのだ、そうです。

これだけで、もうすでによく分からない、、、ので、、、
芥川賞受賞作品は、滅多に手にしないし、読んでもよく分からないおばさんですが、、、
・・・いや、この本は、そんなおばさんにも、グッと来た!、

★★★★★


以下に心に残った一文を本文より転記します、





続きを読む "絲山 秋子著 ”沖で待つ” ★" »

2022年5月 6日 (金)

宮内庁御用達、山田平安堂の漆器で、公園おやつタイム♪

 

Koinobori


こどもの日に遊びに来てくれた、ユナタン
画面中央左下に、、、





Img_8171Img_8176



Img_8172


どんなに振り回されても、歓声を上げて、大喜びのユナタン、
ものすごい怖がりで、ジェットコースターに乗れないばあちゃんは、
ただただ、アゼンとするばかり、、、







Img_8162


公園のベンチで、おやつタイム♪

栗原はるみさんの、”アーモンドクリームタルト” 


自分が使い捨てにされたくない私は、
もちろん、紙コップも紙皿も持っていますが、それは災害用で、
軽くて割れない、漆の器を、、、
これは、、、







Img_2892


モデル時代の友達で、おうちでポットラックランチ したときも、
この、宮内庁御用達、山田平安堂の漆器でおもてなし、







W_20220505220701


うるしの器の世界の扉を開いてくださったのは、
近所の旧家、Aさん宅の蔵出し で買い求めた、
この脚付きのお膳と六枚組のお皿、でした、、、
両方で2千円!

Aさん、ほんとうに有難う御座います、






.

2022年5月 5日 (木)

中国風お刺身サラダ

 

06_002


®
庭のパチクー をどっさり収穫して、中国風お刺身サラダ、、、

大根、にんじん、長ねぎなどを千切りにして、水に放してパリッとさせて、その上に、
薄くそぎ切りにした白身のお刺身(今日は真鯛とイトヨリ)を並べ、塩、こしょうして、
ピーナッツを砕いて、パラパラと、、、そして、、、
大好きな、パクチー(別名:香菜〈シャンツァイ〉、コリアンダー)たっぷりに、白髪ねぎ、、、








06_007

 

     食卓で、ごま油、酢、しょう油をまわしかけて、戴く直前に混ぜあわせます。

        最強のデトックス野菜といわれる、パクチーを初めて戴いたのは、、、






続きを読む "中国風お刺身サラダ" »

2022年5月 4日 (水)

GWに、公園でコンビニスイーツ♪


Img_8128


リタイアした初老の夫婦のGWは、庭の手入れや衣替えで、おうちでのんびり、、、
洗濯ものを取り込んで、快晴にさそわれて、3時ごろ、近所の公園に出発~、
・・・円陣になってバレーボールに興じる若者たち、、、




 


Img_8133-2


もう、この時間になると、広い公園に人影はまばらです、、、

途中、コンビニで買ったスイーツは、、、





続きを読む "GWに、公園でコンビニスイーツ♪" »

2022年5月 3日 (火)

種をまいたパクチー(コリアンダー)が、、、


Img_8103


わたしの大好物、パクチーがスクスクと育っています♪
パクチーの種は、何度か春播きに挑戦して、その都度、惨敗を喫しておりましたが、 
あるお方から、秋播きにするといいよと聞いて、それからは、無事に、、、

そして、これは、、






続きを読む "種をまいたパクチー(コリアンダー)が、、、" »

2022年5月 2日 (月)

きゃらぶき、伽羅蕗、、、


Img_3476w

®
今年も、炊きました、、、
いいお天気♪、絶好の行楽日和に、
はさみを手にして、庭のきゃらぶきをチョキチョキと、、、(^-^)








Simg_6784_3


包丁は、これを教えてくれた、ヨシさんの形見です。
なつかしい思い出に、あれこれとひたりながら、手仕事をたのしみます、、、



炊きあがったら、
まづは、大好物だった、おじいちゃんとおばあちゃんのお仏前に、、、

これくらいの固めが好きなことと、
サンデー毎日の初老の夫婦は、G.W.は現役の人たちのものだと思っているので、

毎年、G.W.にのんびりと炊いております。

 



 『・ふきには食物繊維が多く含まれており、整腸作用や便秘の解消に効果が期待できます。
  ・ビタミン類などの栄養素はあまり含まれていませんが、
   独特の苦味には喉の炎症を鎮め、胃の調子を整える効果があるといわれています。
  ・カリウムが豊富なので、むくみの解消や、デトックス作用などの効果があります。』
 
 
                                        

 

我が家のきゃらぶきの作り方は、こちらから、、、
 

                         毎年アップしているリユース記事です


  備忘録 2020/4/26 1.2キロ 例年GWに炊きますが、今年は暖かいので早めに、、、
      2021/4/26 1.0キロ          〃
      2022/4/30 2.4キロ 庭の野ぶきがすごく増えて、まだ1/3は残ってます、、、
                 両手鍋と圧力なべ、1キロと1.4キロ、二つに分けて。
                 圧力鍋は沸騰してから弱火で10分、冷まして、を3回。
                 カサが減ったら、両手鍋に、、、

                                     
         







 

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ