« まだ青いもみじを愉しむの巻き | トップページ | ムラヨシマサユキさんの、ソーダブレッド♪ »

2021年11月21日 (日)

”海外から日本をみれば、、、”


Dsc_0005-2


心を射抜かれた、11/16、朝日新聞の、
政治学者 加藤淳子さんの「世界を見た現実的な政策を」より、一部を以下に転記します。


『デフォルトのような財政危機が起きるか否か、
 財政規律と公共施設のどちらかを選ぶか、という対立は的外れなのです。
 海外から日本を見ればわかります。

 各先進国はコロナ禍の支援のため財政赤字を積み上げました。
 どのぐらい借金が増えれば、財政危機が起きるかは誰にも分かりません。
 ただ、ひとつだけ確実と考えられているのは、危機が起きるのは最初は日本だろうということ。
 日本の結果を見て対策を考えればいいと見られている。これが冷徹な現実です。
 対立している場合でしょうか 

 また、、、







 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


また、公共支出か財政規律か、どちらかを選ぶかが問題であったのは2030年前です。
他の先進国では、公共支出は財政規律が維持されて初めて可能になる、と
考えられるようになって久しいのです。
公共施設を続けたい、だからこそ、財源を確保し財政赤字を管理する。
これが先進国の常識なのに、日本は違います。


分配も、どうして現金ばかり、それも規模だけが重視されるのでしょうか。
一時的な資金を失業者や子供に支給してもいっときの話です。
そうではなく就業支援の技術養成や教育支援に回せば、
社会的弱者の生活を長期的に安定させる効果があります。
先進各国では効果や目的を考えた公的サービスが重視されており、
その場限りの給付はそれができない途上国の手法です。


世界を見て現実的な政策を採用できないのは、政治家や官僚のせいばかりとは言えません。
昨年、配った一人10万円の特別定額給付金に疑問の声はあがらず、
所得層を問わず大多数が受給しました。
自分たちの行動が政治家にどんなメッセージを送っているのかを、
国民が考えないと政策は変わりません。』











« まだ青いもみじを愉しむの巻き | トップページ | ムラヨシマサユキさんの、ソーダブレッド♪ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ青いもみじを愉しむの巻き | トップページ | ムラヨシマサユキさんの、ソーダブレッド♪ »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ