« 新鮮な海の幸 | トップページ | 週に一度おじさんがご飯を作る日、鰯のフライ »

2021年7月12日 (月)

"リュウジのバズレシピ「邪道にして至高」のペペロンチーノ"★


Img_0595


チョー面白いよ、このお兄さん♪
ゲラゲラ大笑いしながら、動画を見ております、

とっても、いい人そうだし、
料理のこと、すごく勉強してるから、見ていてとっても勉強になる、

  焼き加減を、柴犬色になるまでって、斬新でわかりやす~い!、
  ピーマンの種で一品、作ってみたり・・・サスティナブルだよ~、
  皮付きのままの調理とか・・・マクロビオティックだゼ♪、


時には、ベロベロに酔っぱらっちゃって、いい加減モード全開だけど、、、
実は、手を抜けるところ、きちんと作りこむところを、的確にガイドしてくれてる、、、
料理初心者にもわかるように、説明は丁寧でわかりやすいから、
台所に立ったことのない人にも、料理をやる気にさせてくれるンじゃないかな、、、


すっかり、リュウジさんの大ファンになっちゃった、アラカンのおばさんが、
今まで作ったペペロンチーノのなかで一番おいしかった、
「邪道にして至高」のペペロンチーノ、レシピは、こちらから、、、


 リュウジさんのメモ
 ・フライパンの大きさ、火の加減、麺の太さによってかなり水分の量が違ってくるので、
  ご自身で調節をお願いします

 ・コツはお湯は少なめ、足りなければ少しずつ足して理想の仕上がりに調節する

 ・二人前作る場合は600ccくらいで始め、足りなければお湯を足してくださいね

 ・粘度がつきすぎるときは、ブロンズダイス加工のパスタ(ディチェコなど)より、
  テフロンダイス加工の(ママー、バリラ、アルチェネロ)ですといい感じにとろみがつくとのこと



 うちのパスタは、ディチェコなどと同じ、ブロンズダイス加工の、、、


 

 




2016101143

オートメーション化した大規模な製造方法ではなく、
イタリアの伝統的な手打ち式製麺法を守りつづけている、

生活クラブのデュラムセモリナ100% 
スパゲティ
1.6mm  450g  ¥305





株式会社 ニューオークボ が作る、イタリア伝統の「手打ち式製法」


① 製麺機の違い
 (株)ニューオークボはなんと戦前からスパゲティを生産。
  今ではほとんどがオートメーションによる大量生産の時代の中、このスパゲティは
  イタリア製の製麺機を使い、イタリア伝統の手打ち式製麺法で作られています。
  いわば、「マンマが作る、おうちパスタ」の味。


② 原料の違い
  カナダ産の「最高級デュラム小麦の胚乳(中心部分)だけを70%ほど粗挽きします。
  そこに沖縄県の(株)青い海のニガリを含んだ、ミネラルたっぷりの塩を加え、
  製麺機でパスタ生地を作ります。生地が熱をもつと風味が落ちるため、
  じっくりゆっくり練っていき・・・練り終わりは約2,000層にもなるそうです!

 

③ 面の太さを決めるブロンズ製の金型の違い
  麺の生地が通る穴の部分はコーティングされていません。
  わざとザラつかせてソースが絡みやすくするためです。
  イタリア製の製麺機の筒に生地を入れ、麺が押し出されてきたところをズバッとカット。
  目見当でも同一の長さに切り取る、腕の一振りにも職人の技が感じられます。


④ 感想の温度と時間の違い
  最後に、麺を杭にかけて乾燥庫に収めて乾燥させます。
  機械化された工場では、80℃くらいの温風に7~12時間ほど当てて乾燥させるため、
  たんぱく質やでんぷんが変性してしまい、麺の色は濃い茶色をしています。
  この製法ではアミノ酸やビタミンも損なわれてしまいます。

  その点、(株)ニューオークボでは、
  約30℃で70~100時間かけて乾燥させるため、丸3日間はかかります。
  乾いた面の表面はザラザラ。


「低温で製麺、ゆっくり乾燥」と「表面ザラザラ」
これが生活クラブのスパゲティのおいしさの秘密です!







パスタ


上手にスパゲティを茹でるコツ

① 塩を入れない
② 差し水をしない
③ 茹で上がった麺を水で洗わない

お湯の目安は麺100gに1ℓ。
スパゲティにあらかじめ塩が練り込んであるので、お湯だけで茹でていきます。
塩を入れると浸透圧で塩味がどんどん麺に入り込み、風味が変わってしまいます。
また、塩を入れることで沸点が高くなり茹で時間が短くなります。
つまり、表示通りに茹でていると「茹で過ぎ状態」になりやすいのです。ご注意ください!

お湯が沸騰したら、麺を扇状にパラリと投入。時々かき混ぜて、やや芯があるくらいで引き上げます。


上記 : 出典








« 新鮮な海の幸 | トップページ | 週に一度おじさんがご飯を作る日、鰯のフライ »

クッキング(麺類)」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。5月で会社を辞めたので、YouTube三昧の日々です。
「リュウジのバズレシピ」良いですよね!簡単でおいしい!これを求めてました!毎日メニューを考えるのが大変だし、食費はなるべく切り詰めたいし。毎月どれくらい出費があるのか、6月から統計を取り始めました(遅ればせながら)。税金や社会保険の金額に「高すぎる。」と改めて思いました(;´д`)トホホ。
榎本美沙さんの料理YouTubeも好きです。榎本さんのおっとりとした感じとか、丁寧に作る感じとか、おいしそうに食べるところとか。

★eikoさん、
お久しぶりです♪、
eikoさんとはじめてお目にかかったのは、森羅塾でしたから、
かれこれ、10年前にもなるんですねぇ、、、
光陰矢の如し、でございます、(*^▽^*)

会社を辞められて、YouTube三昧の日々、、、
どうか、のんびりと羽を休めてくださいませ、💛

リュウジさんのレシピ、見て楽しく、簡単で美味しくって、、、
浮世の憂さを忘れさせてくれます、、、

榎本美沙さんの料理YouTube、存じ上げませんでしたが、
楽しみに拝見させていただきます、(^_-)-☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新鮮な海の幸 | トップページ | 週に一度おじさんがご飯を作る日、鰯のフライ »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ