« 京都 柊屋の夜 | トップページ | フレデリック・フォーサイス著 ”オデッサファイル” ★ »

2021年4月 9日 (金)

”おしん” ★


As20190418002914_comm-2

橋田壽賀子さんが遺された幾多の名作の中でも、
“おしん”が、わたし的ダントツナンバーワン、

60を超える国や地域でも放送されて大きな共感を呼び起こした、不朽の名作、


橋田さんは、客船飛鳥のご常連と聞いておりましたが、
あるとき、、、


 

 




一度だけ、飛鳥でご一緒したことがございます、

 

ある日、リドカフェで朝ごはんを食べている時、
飛鳥Ⅱの御常連、脚本家の橋田壽賀子さんがいらっしゃいました。
次々と乗客の方があいさつにいらっしゃるのに、嫌な顔ひとつなさらず、
にこにことご対応なさっていらっしゃるご様子に、さすがだなと感心しきり。
もう、92歳に成られるそうですが、とてもお若くていらして、
「有難いことです」、と、おひとりおひとりに、仰っていらしたのが、心に残っています、、、



この折の、一生に一度、豪華な、
飛鳥Ⅱ ニューイヤー サイパン・グアムクルーズ、度肝を抜かれた、朝食と昼食のレポは、
こちらから、、、

 

 

 

 

 

 

« 京都 柊屋の夜 | トップページ | フレデリック・フォーサイス著 ”オデッサファイル” ★ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都 柊屋の夜 | トップページ | フレデリック・フォーサイス著 ”オデッサファイル” ★ »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ