« 麻生羽呂、篠原かをり著、LIFE 人間が知らない生き方 ☆ | トップページ | 花の御寺、高蔵寺へ 其の弐(石楠花、雪餅草、、、)☆ »

2021年4月30日 (金)

ひととき、"一番傷つけているのは”


Photo_20210430141401


朝日新聞4/30、“ひととき”より転記します、


前から来た人と避ける方向がかぶることがある。
2度3度互いに同じ動きを繰り返し、
若干の気まずさを抱えてその場を離れるというのは多くの人が経験しているのではないか。

 先日も横断歩道上で前から来た若い女性とその現象になった。
そしてすれ違う際、盛大な舌打ちと同時に「死ねや!」と聞こえた。
いやいやいや、ちょっと待て。この場合の過失割合は完全なイーブン。
私が死刑なら、あなたも同罪。気まずさに対し罰が重すぎる。
思わず振り返ると彼女は足早に駆けていく。なるほど、急いでいたんだね。

 言葉が時代とともに変化していくことは自然な流れだと思っている。
そうでなければ学生時代に古文の試験に悩むことはなかったはずだ。
一方、人を貶(おとし)めたり傷つけたりする言葉はさして変わらない。
「死ね」はもうずっと長い間、人を蔑(さげす)む言葉として君臨している。

 横断歩道の彼女は用事に間に合ったかな。
遅れそうでいらいらして、鈍臭い通行人に暴言を吐くことで気分発散になったのか。
でもね、ほんとはその貧相な言葉で一番傷つけているのは、あなた自身の人格じゃないかな。

 

 (大阪府東大阪市 神元淑恵 看護師 55歳)


出典








« 麻生羽呂、篠原かをり著、LIFE 人間が知らない生き方 ☆ | トップページ | 花の御寺、高蔵寺へ 其の弐(石楠花、雪餅草、、、)☆ »

コメント

きぬえさん、おはようございます。
この記事は流していたようで、新聞をめくりました。

こんなシチュエーションはありますね。
廊下だったり、歩道だったり・・・
人間の習性?なぜだかわかりませんが、実際にあります。
ばつが悪くて照れ笑いをして、すみませ~んと言うしかありません。

こんな言葉を平気で口にする人もいますね。
些細な文句を言ったつもりなのでしょうが、
「死ねや」と軽く発しているのを聞くことがあります。
聞くに堪えない言葉ですが、どんな生い立ちだったのか?と疑います。

微妙な天気になりそうなGWですが、静かに楽しもう!

★たかむがんばさん、
まぁ!、朝日新聞でしたか!、
新聞を読む人が激減している中、余計に親近感を覚えます♪

ほんとうにこんな、貧相な言葉を吐く人は、
自分で自分に不幸の種をまいているようで気の毒なお方です。

それにしても、、、飛鳥、、、
ダイプリとは事情も対応も全然違うでしょうけれど、
それにしても、、、ショックです、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 麻生羽呂、篠原かをり著、LIFE 人間が知らない生き方 ☆ | トップページ | 花の御寺、高蔵寺へ 其の弐(石楠花、雪餅草、、、)☆ »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ