« うわさのワークマンプラスに行ってみた♪ | トップページ | 「ニューヨーク1日2万人感染も医療崩壊しないワケ」、テレ朝news »

2021年1月17日 (日)

中脇初枝著 ”わたしをみつけて” ☆


41f7my39


内容(「BOOK」データベースより)
施設で育ち、今は准看護師として働く弥生は、問題がある医師にも異議は唱えない。
なぜならやっと得た居場所を失いたくないから―。
『きみはいい子』で光をあてた家族の問題に加え、今作では医療現場の問題にも鋭く切り込んでいく。


”世界の果てのこどもたち“ ★
”きみはいい子“ ☆

大好きな、大好きな、中脇初枝さんの一冊、
たいせつに、たいせつに、読みました、、、

★★★★☆


以下に心に残った一文を転記します、、、









金の卵と言われた時代に青森から出稼ぎに出かけた菊池さんは、着いた翌日の朝食の時、
自分たち店員の茶碗が、主人と奥さんの茶碗の倍近くある大きさだったことに驚いた。
口に出しては言われなかったが、
いっぱい食べて、いっぱい働いてほしいと言う主人の気持ちの表れだった。
働き始めてすぐに、方言コンプレックスや東北の寒村出身の引け目は消え去ったと言う。
津軽弁で話すといじめられると言うのも、杞憂に過ぎなかった。
客になまりを指摘されると、奥さんが笑いながらかばってくれた。
 この子、津軽からわざわざうちに来てくれたんですよ。りんごの木箱に入ってね。

 こいつ、大きいから、おがくずを落とすのが大変でしたよね。
先輩店員も一緒におどけてくれた。

 お前はりんごと一緒んとこから来たんだからな。
 よくあんな遠くからうちに来てくれたよ。

菊池さんは主人の為なら何でもできると思い、がむしゃらに働いた。他の店員も同じだった。
渋る主人を説き伏せ、走りだったスーパーマーケットに鞍替えさせたのは菊池さんたちだった。
関東中心に100店舗を数える大手チェーンまで成長した頃、主人と奥さんは相次いで亡くなった。
けれども亡くなる前に、お前たちの言う通りにしておいてよかったよと言ってくれた。







 

« うわさのワークマンプラスに行ってみた♪ | トップページ | 「ニューヨーク1日2万人感染も医療崩壊しないワケ」、テレ朝news »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うわさのワークマンプラスに行ってみた♪ | トップページ | 「ニューヨーク1日2万人感染も医療崩壊しないワケ」、テレ朝news »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ