« 鎌倉『力餅家』と『三留商店』へ、、、 | トップページ | 東野圭吾著 ”希望の糸” ☆、”クスノキの番人”  »

2020年11月13日 (金)

鎌倉 長谷寺と、ハウス オブ フレーバーズへ、、、

 

Dsc_0154n

『力餅家』と『三留商店』をあとにして、車で3分、
8
世紀建立の長谷寺へ、、、


良縁地蔵
三体連なっているお地蔵様が境内に三カ所あります。
お参りしながら探してみて下さい。








Dsc_0161


地蔵堂の前に祀られている、、、

 



Dsc_0170


おびただしい数のお地蔵様









79d



本尊の十一面観音菩薩は、高さ9.18mを誇る日本最大級の木彫仏。
坂東観音霊場の第四番札所として、往古より衆生の崇敬を集める古刹でもある。


その壮麗なお姿に、罰当たりな私をして
言葉を失い、思わず頭を垂れて、圧倒されていました、、、
合掌、、

(ご本尊は写真撮影禁止の為、HPよりお借りしました)


そして、、、



 

 

Dsc_0229


ミラクルワールドへの入り口の目印は、小さな赤い鳥居、
弁天窟は、、、







Dsc_0230







Dsc_0235


下の境内の放生池を過ぎた辺りに、弘法大師参籠の地と伝わる弁天窟があり、
その名にちなみ窟内壁面には弁財天とその眷属である十六童子が彫られているほか、
弁財天と同じ神様であるとされる民間信仰の宇賀神(人頭蛇身)もお祀りされています。







Dsc_0239


平日の午後三時、、、他に誰もいない、、、
ノミの跡も残る、手彫りの洞窟、腰をかがめて、、、

必見です!




 


Img_1897Img_1896


かきがら稲荷

当山本尊の縁起譚に付随する伝承として、本尊が海中を漂流していた際、その御尊体に
かきがら(貝)が付着し、漂う尊像を長井浦へお導きしたという話が伝えられております。
その「かきがら」を珍重し、お祀りしたのがこの稲荷社であります。
鐘楼脇を抜けると、信者の方々が奉納した赤い幟旗が目に付くかと思います。







Dsc_0243


和み地蔵

来山者の心を和ませるために安置されました。
一緒に写真を撮ることもできる、人気の撮影スポットです。


 

 

「花の寺」とも称される、四季折々の花が咲き乱れる境内は、見所満載です。

  拝観料は、400円、
 駐車場は、一時間700円、(近隣に安い駐車場がいくつかあるようです)

                                     上記太字 : 出典







Dsc_0247



それから、車で10分、本日最後、かねてより念願の、、、
ホルトハウス房子さんの、ハウス オブ フレーバーズ









Dsc_0259


ワンホールなんと、15,000円、

この世にこんな高価なチーズケーキがあることを、、
田舎者のおばさんは、Kona Salonのお取り寄せの会で、初めて知りました。

いつか、いつか、、、このお店に行ってみたい、、、

あれから、十年、
ついに、ついに、やってまいりました、 








Dsc_0252


冥途の土産にと、
お目当ては、チーズケーキ&コーヒー(2750)
でした、が、、、

なんと、、
コロナでイートインは休止中、


テイクアウトも可能とのことですが、、、
このガラス張りの見晴らしのいいお席で頂きたかったのです、、、


仕方なく、、、
諦めて、、、
帰途につきました、、、







Img_1929Img_1931


  駐車場は、通りから入ってすぐ右手と、店の前に一台、ありました。






帰りの車内で、先ほど購入した、げたんは を頂きました、、、
それが、これが、、、
もう、さいっこうにおいしぃのであります!、

ひとつ、35円、、


まぁ、なんて、安上がりなおばさんでしょう、、、




 

 

« 鎌倉『力餅家』と『三留商店』へ、、、 | トップページ | 東野圭吾著 ”希望の糸” ☆、”クスノキの番人”  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ホルトハウス房子さん、むか~し「ミセス」に料理のレシピを載せられていた頃から気になる方でした。
そのころはケーキではなく、ピザや家庭料理でしたね。
ケーキとcoffeeで2,750円ですか、それでも、あの席に座っていただけるなら、その価値はありますね。
ほんのちょっとですが、ホルトハウス房子さんについて書いた記事があるので、よかったら見てくださいね。。

★白いねこさん、
まぁ、なんて、おいしそうなピザにオムレツ!、(●^o^●)

わたしが、KOされてしまった、ホルトハウスさんの記事は、、、こちらです、(^-^)
http://kinue-m.cocolog-nifty.com/17/2013/10/kunel-5eb0.html

うわぁ〜、どのお写真もとっても素敵でウットリしてしまいました、
NHKの「小さな旅」(この番組も好きなんです)の、大野雄二さんのテーマ曲が頭の中を流れるようでした。
そしてホルトハウスさんのお店、ホール一万円台になったのなら、ひと頃より値下げしたのでは?と思います。(サイズが変わったのかもしれませんが、20年くらい前は2万円超だったと記憶しています)話のタネに・・・と友人知人で集まって食べました。
「この一切れウン千円かぁ〜」なんて思いながらありがたく頂いたことを思い出しました。
とても美味しかったですが、美味しさよりも脳内がお札のマークでいっぱいになってしまって、ある一定以上の値がついてるモノだて、わたしそのありがたみを理解出来ない人間なんだな、ってあの時初めて思い知った気がします笑。
私の中には多分モノそれぞれの「分相応の値段」が存在して、あのチーズケーキはそれを大きく超えてしまったんだと思います。
自分の好きなケーキ屋さんの、何百円のケーキで十二分に幸せ感じられるからなぁ。わたしも安上がりです。😀
贅沢な楽しみも時には良いけど、安上がりも楽しいですよね〜。

☆ケリーちゃん、
長谷寺、なかなか、見ごたえがありました♪

そして、流石、ケリーちゃん!
あのお店で召し上がっていらっしゃいましたか~!、
かつて、2万円台だったこともあるとは、、、
これは、やっぱり、この絶景を眺めながら、一生に一度は、話の種にと、
誰もが思うのでしょう、ネ、、、きっと、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉『力餅家』と『三留商店』へ、、、 | トップページ | 東野圭吾著 ”希望の糸” ☆、”クスノキの番人”  »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ