« ひんやり 竹シーツ | トップページ | コロナ禍の配達員のあまりに過酷な、、、 »

2020年8月16日 (日)

Sunnyさんの、豆かんの作り方


Img_6829


🄬
子供のころ、みつ豆の豆が大好きで、
いつか、この豆を、思いっきり食べたい・・・と思っていました。
・・・、それに、わたしは、黒蜜が大好き!
そこで、作り方を検索していて、Sunnyさんのページにたどりつきました。


Sunnyさんの、豆かんの作り方は、、、









 
 材料(3人分 )
   寒天パウダー 4g (一袋)、水400cc 
   赤えんどう豆100g、塩適宜
   黒砂糖100g、水40cc


 
1.豆は洗って一晩、水2カップ(塩小さじ1/3)に漬けておく。

2.蓋なしで、つけ汁のまま沸騰したら、差し水をして、
 再度沸騰したら弱火で豆に火が通るまで煮る。
 
3.ざるにあげて、熱いうちに塩少々を振り、荒熱がとれたら冷蔵庫で冷す。
 
4.鍋に水400ccと寒天を入れて混ぜながら火にかけ、
 沸騰したらさらに2分程かき混ぜ、煮溶かす。
 
5.型に流し入れて荒熱が取れたら冷蔵庫で冷し固める。
 固まったらサイコロ型に切って、冷蔵庫で冷しておく。
 
6.黒砂糖と水を耐熱容器に入れて蓋かラップをして、600wのレンジで3分加熱。
 泡がブクブクと上まで上がるので大き目の容器で作ること。
 冷めるととろ~りとします。
 
7.器に寒天と豆を盛り付け、黒蜜をたっぷりかけてどうぞ。
 
8.黒蜜はたくさん作ってビンに入れて冷蔵庫で保存しておくと
 色々なおやつに使えて便利です。


豆を煮るのに、サニーさんにならって、圧力鍋を使っています。
 (豆、100gと500ccの水、塩小さじ1で、3分、その後、30分放置)





                      



Map_2


なんと、601日間で、52カ国を世界一周新婚旅行で訪れたという、
アクティブな、ロス在住のSunnyさんにびっくり♪









14Diary_2Top1s_2



彼女の描く絵はとっても、優しくて、かわいくて、ひと目で大好きになってしまいました。

目玉焼きののってる、かわいいお皿、おしゃれなモザイクタイル・・・(*^^*)
どれもみな、とっても、とっても、素敵です♪
お菓子など、おいしそうなレシピもたっくさん・・・(^-^)
庭仕事もなされば、大工仕事も、針仕事も・・・!!!



スーパーウーマン、Sunnyさんのページは、こちらから、、、



                      ® 前にもアップしたことのあるリユース記事です










« ひんやり 竹シーツ | トップページ | コロナ禍の配達員のあまりに過酷な、、、 »

クッキング(スイーツ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひんやり 竹シーツ | トップページ | コロナ禍の配達員のあまりに過酷な、、、 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ