« ダイソーで買った、ブックスタンド♪ | トップページ | ■ thank you for coming、、、3,100,000♪、スイーツの巻 »

2020年1月12日 (日)

どんど焼きの日に、自治会の活動について思うこと、、、

 

10_057


®2016年にアップした、どんど焼きのレポのリユース記事です

 燃え上がる炎のなんて力強くうつくしいこと、、、

 ・・・門松の竹の破裂する、パーンと大きな音にびっくり、、、




 

 

10_059_3


鏡割りにつづいて、お神酒がふるまわれます。
ほんのりと漂う杉の香りに、みなさまの頬がゆるみます、、、








 

10_010


かまどと釜が三組、ズラリと並び、
これで、、、



 

 

 







10_030



             もち米、42キロを大きな蒸篭でつぎつぎと蒸します









10_021


頼もしい、やろう会の出番です!
・・・途中、子どもたちも、やろう会のサポートで、杵を手にして、お餅つき♪









10_033


あっつあつのお餅を器用に丸めるのは、婦人部隊です♪
つぶあんとこしあんで10kg、きな粉・1.2kg、

つきたてのお餅は、と~ってもやわらかくって、最高のおいしさ!、
・・・わたしのは、海苔ではなく大根おろしでしたが、これが一番おいしかった!、








 

10_040


寸胴鍋は二個、LPG10kgボンベ、
豚肉・8kg、大根・20本、ごぼう、人参、ねぎ・各30本、里芋・15kg、蒟蒻・20丁、

理事のわたしは、
まな板と包丁を持参して、前日の13時から、とんとんとんとんとん、、、
なんだか、すっごく、たのしかった~♪

とん汁、五百杯、完食です!







 

10_044


チョコバナナ、
八個も食べた~!という女子もいて、若いっていいなぁとうらやましく思いました、

お神酒、お餅、とん汁、チョコバナナ、
自治会会員は、すべて無料ですが、ビジターには、どれもひとつ百円でふるまわれます。








 

10_063t_2


環境担当理事の折のエコエコアザラシの仕事場です。
夏祭り、そして、防災フェア に続いて、地域のみなさまに、
この容器を積み重ねるスタッキング収集に、だいぶご理解ご協力を頂けるようになりました、、


積み上がったら、少しずつまとめて、ゴミ袋に移します。
ただ、漫然とゴミ箱に放り込んでいくと、
五百杯分のとん汁の容器は、すごい量のゴミの山になってしまいますが、

こうしておくと、お餅のトレーと合わせても、ゴミ袋ふたつで済みました。
それらを、会館前にえっさえっさと運ぶのも、理事の仕事ですから、、、

そして、それを処分する費用は、わたしたちの税金なのです。
そのお金は、少しでも教育や福祉、医療に使ってほしいと、わたしは願うのです、、、



日曜日は、風もなく、とても暖かかったので、
大勢の方々でにぎわい、お神酒やとん汁、皆様お代わりなさってのんびりと寛いでおいででした。
ゴミを捨てにいらした方々に、口々においしかった、ごちそうさまと喜んで戴き役得のゴミ当番でした、


前日も13時から下ごしらえ、夜も、19時から理事会、
そして、当日は朝7時に集合しての、どんど焼きでした、、、

さすがに疲れました、が、ときどき思い出し笑いしてしまう、快いつかれです、、、
こうした地域の活動に思うことは、、以前にも書きましたが、、、



役員の一年間、いろいろ、いろいろ、ありました、が、
お知り合いが増えて、ほんとうに勉強になりました。
こういう活動は、たしかに面倒ですが、やはり、地域の連帯は大切だと思います。

見知らぬ者同士が一年のうちには、ずいぶんと心をゆるし、打ち解けることができます。
万一の災害のとき、力を合わせて助け合うためにも、顔見知りであることが大前提です。


ときに面倒な地域のつながりは、何でもそろう便利な今の世の中では失われつつありますが、
壊滅的な自然災害の前では、人ひとりの力なぞ、無いに等しいほどに無力です。
だからこそ、助け合いの精神を育まなければと思うのです、、、




夏祭りの打ち上げでは、毎年男性陣の飲み会があります。
飲み放題、食べ放題、、、これには、会計のわたしに、
「自治会費から、おじさんたちの酒代を出すのはどうか」、とご意見を戴きました。
いわば公金ですから、公平さを欠くと言えば、確かにその通りですが、、、


万一の災害のとき、おばさんたちの力だけでは、限りがあります。
なんとか、おにぎりや、みそ汁を用意したりはできると思いますが、
家の下敷きになっている人を助け出したり、は、とても無理です。

ライフラインはめちゃくちゃになり、道路もあちこちで、寸断され、
レスキュー隊が来てくれるのは、果たして何日後になるのしょうか、、、

しばらくの間は、自助努力で、戦うしかないのです。
倒壊した家の下敷きになっている人を、、、
・・・それは、わたしかも知れないし、あなたのお子さんかもしれません、、、
助け出すために、ジャッキの在り処、使い方が分かる女性は、
はたしてどれくらいいらっしゃるのでしょう、、、


タダ酒を浴びるほど飲んだ野郎たち、とくに平日でも家に居るリタイアしたおじさんたち、、、
彼らには、横のつながりができます。
ゴルフでも釣りでもカラオケでも、一緒に行くようなことになれば幸いです。
そして、犬の散歩のついでに、
”あ、あいつの家は、ここか、、、ふ~ん、ウィンチのついた、4WDに乗ってるのか、、、”
そんな知識が、万一のとき、役立つのではないでしょうか、、、
倒壊した家屋の重い材木を動かすために、その車が役に立つ日が来るやもしれません、、、




亡くなった父に、
「死に金を使うな、カネは活かして使え」、そう教わったわたしにとって、
力仕事ができる男性陣にふるまう酒代は、死に金ではないんです、、、



3/11
、、、
災害は、忘れたころにやってくる、のです、、、



                            ®前にもアップしたリユース記事でした





 

 

 

« ダイソーで買った、ブックスタンド♪ | トップページ | ■ thank you for coming、、、3,100,000♪、スイーツの巻 »

コメント

きぬえさん
地域のお役、お疲れさまでした。
私も昨日父の地域のどんど焼きに行きました。大体700人くらい参加されてました。
本当は父を連れて行きたかったのですが、お試しのデイサービスの疲れか
体調がいまいちのようだったので、父の書初めを持って私が一人で行き、
豚汁を頂いて帰りました。私は知らなかったのですが、基本、お椀と箸は持参だったそうで、
来年は持って行きます!

挨拶を交し合う大人たち、はしゃぐ子供たち、大人しい柴犬に群がる子供たち(と私)
を見ていると中村雅俊さんの「人はみな一人では生きていけないものだから」という
歌が浮かびました(笑)。介護のエッセイで読んだのですが、日常もそうだと改めて思った
年の初めでした。母が見てるかなーと、煙の先を見つめていました。

もずさん、
心温まるコメントをありがとうございます
”基本、お椀と箸は持参”って、すばらしい自治会でうらやましいです!、
たのしそうな、この日を、もずさんを、
お母さまがにこやかに見守っていてくださったのでしょうね、、、
なによりの供養をなさいましたね、、、(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイソーで買った、ブックスタンド♪ | トップページ | ■ thank you for coming、、、3,100,000♪、スイーツの巻 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ