« 選手たちの汗と涙がしみ込んだスタジアムの芝生が、、、 | トップページ | 新百合ヶ丘 行列の薬膳、「生姜料理 しょうが」 ☆ »

2019年12月 8日 (日)

よみうりカントリークラブに、JTカップを観に、、、

 

067


新百合ヶ丘の薬膳の人気店、「生姜料理 しょうが」で大満足のランチを済ませて、
駅前の無料のシャトルバスで東京よみうりカントリークラブに向かいます。
JTカップのチケットを戴いたのです♪

もちろん、最終日がいいなと思ったのですが、、、







 

 


もちろん、最終日がいいなと思ったのですが、、、
混むし、お天気もいいので、初日(12/5)に伺いました。
タイマン夫婦は、お昼過ぎに着いて、のんびりと観戦です。


遼君人気は相変わらずで、たっくさんのギャラリーを引き連れていました。

ゴルフ大好き人間のうちのおじさんは、読売CCには、年に一度きているそうで、
この18番がどうのこうのでと、あれこれたのしそうに熱弁をふるっておりました、、、

フジタと、池田と、遼君しか分からないゴルフ音痴のおばさんは、
途中一度、コースを歩いて横切ったときに、そのふっかふかで見事に整備されたグリーンに感動しました、


寒くなってきたし、帰りの混雑を避けるために、早めに戻ろうとしたら、
早い組でプレーを終えて、練習場に向かうフジタ選手とすれ違いました。

小さい人だなという印象しかなかったのですが、
パワフルなエネルギーを放つ、すっごくかっこいいひとでした、、、

ポ~っとなったおばさんは、そのまま、練習場までくっついていって、
しばらくドライバーを打つフジタ選手に見とれておりました、ハイ、、、

戴いたチケットのおかげで、新百合ヶ丘の人気店「生姜料理 しょうが」
でランチ も出来たし、
温かな日差しに包まれた、うつくしいグリーンをのんびりと楽しむことが出来ました。
S
様、ありがとうございました、



・2012年、遼君フィーバーの折、はじめて戸塚CCにゴルフ観戦に行ったときのレポは、こちらから、、、












« 選手たちの汗と涙がしみ込んだスタジアムの芝生が、、、 | トップページ | 新百合ヶ丘 行列の薬膳、「生姜料理 しょうが」 ☆ »

コメント

ゴルフ命!という主人にブログのことを話しましたら、
大声を出して くやしがっておりました。
石川遼のファンには、最高の結果を残したメモリアルトーナメントになりましたものね。

★shinmamaさま、
最終日、盛り上がっているようでしたネ!、、、(わたしは、本を読んでいたのですが、、、)
あの広い敷地を完璧なまでにコントロールしていることに、感心致しました、、、が、
傾斜のきつい芝生に腰をおろし、滑り落ちそうになりながら、必死にしがみついているのも疲れました、、、
ゴルフ観戦は、遼君フィーバーのとき以来ですが、、、
http://kinue-m.cocolog-nifty.com/17/2012/10/canon-open-7b5e.html

うちのおじさんも、やっぱり、テレビで観る方がいいなぁと、、、(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 選手たちの汗と涙がしみ込んだスタジアムの芝生が、、、 | トップページ | 新百合ヶ丘 行列の薬膳、「生姜料理 しょうが」 ☆ »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ