« 田辺聖子著 乃里子三部作 ★ | トップページ | ダイヤモンドプリンセス、松山初寄港、道後温泉 »

2019年6月11日 (火)

田辺聖子著 ”落窪物語”




51uh8jlpml_sx351_bo1204203200_



浪速のサガンこと、大好きな田辺聖子さんの御冥福を心よりお祈り致します、、、

今日の朝日新聞の訃報を知らせる記事より
「大阪のことばが好き。人の気持ちをけばだてないで、お互いに思っていることを融通よくかわしあう。
 相手を怒らせないように、こっちの言うこと聞いてもらう。それを笑いながら交歓するって文化風土なのね」


少し前に読んだ、
古典名作『落窪物語』を分かり易く現代文にした作品
初版出版:1983.11

この本の内容は、、、
















内容紹介
貴族のお姫さまなのに意地悪い継母に育てられ、
召使い同然、粗末な身なりで一日中縫い物をさせられている、おちくぼ姫と青年貴公子のラブ・ストーリー。
千年も昔の日本で書かれた、王朝版シンデレラ物語。




著者あとがきより、、、

はじめにことわっておくが、この本はもともと「小学校上級から中学生向き」のためとして書いた。
・・・
「落窪物語」は王朝前期頃にできたと思われるが、
まだ謎が多く、その正確な成立年代も作者もわかっていない。
ただ『枕草子』には、『落窪」に触れた部分もあり、下品な小説だとおとしめている。
・・・
『源氏物語』には継母の腹ぎたなき昔物語」としりぞけられている。
・・・
『源氏物語』と読み比べてみると、『落窪』はずっと単純である。
善玉と悪玉がはっきりして、悪玉がやっつけられると、読者は溜飲が下がる思いがする、
人物は類型的だし、しかも描写が即物的である。――と、いかにも通俗小説の定石をふんでいるのだから、
文化人たちにおとしめられてもしかたがない。
しかし、その通俗小説が、『源氏』や『枕』とならんで千年もの命脈を保ったのだ。
千年ものあいだ、『落窪』は人に読まれ続けてきたのだ。
・・・
何たって面白いのだ。
類型的な登場人物が、なんとイキイキと動き回っていることだろう。通俗なすじだてなのに、
恋あり奸計あり、純愛あり自我あり、事件は事件を生み、錯綜は紛糾を生み、全く読者を飽きさせない。









« 田辺聖子著 乃里子三部作 ★ | トップページ | ダイヤモンドプリンセス、松山初寄港、道後温泉 »

コメント

悲しいです。ひさびさになみだでした。ご冥福お祈りします。

★かもかのおっちゃん、
ほんとうに、悲しいです、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 田辺聖子著 乃里子三部作 ★ | トップページ | ダイヤモンドプリンセス、松山初寄港、道後温泉 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ