« 飛蚊症が、ほぼ快方に、、、 | トップページ | サグパニール(ほうれん草とチーズのカレー) »

2019年4月26日 (金)

古市憲寿著 ”平成くん、さようなら ”


71sl9sy4p6l


 『内容(「BOOK」データベースより)
  平成を象徴する人物としてメディアに取り上げられ、
  現代的な生活を送る「平成くん」は合理的でクール、性的な接触を好まない。
  だがある日突然、平成の終わりと共に安楽死をしたいと恋人の愛に告げる。
  愛はそれを受け入れられないまま、二人は日常の営みを通して、いまの時代に生きていること、
  死ぬことの意味を問い直していく。なぜ平成くんは死にたいと思ったのか。
  そして、時代の終わりと共に、平成くんが出した答えとは―。
  『絶望の国の幸福な若者たち』『保育園義務教育化』などで
  若者の視点から現代日本について考えてきた著者が、軽やかに、鋭く「平成」を抉る!』



ときおり、テレビでお見かけするだけで、炎上の常連とも知らずに読んだ著者の本、、、
モデルのような、殺人犯のような容貌というくだりに、妙に納得。
・・・この本が芥川賞の候補ということには、、、違和感を感じましたが、、、


ブランド名の羅列に、そのほぼ99%が分からない、わたしは、、、
それでも、平成という時代の写し絵のような、見知らぬ世界を垣間見せてくれた、
この自伝的にも思えるお話を書いた著者に、、、とても好感を覚えました。










« 飛蚊症が、ほぼ快方に、、、 | トップページ | サグパニール(ほうれん草とチーズのカレー) »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛蚊症が、ほぼ快方に、、、 | トップページ | サグパニール(ほうれん草とチーズのカレー) »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ