« 山形の水煮わらびで、山菜うどん | トップページ | 横浜うかい亭で、春のランチ♪ »

2019年3月14日 (木)

星野 道夫著 "旅をする木" ☆



Img_cb3640abdc6226958f806a783b61487a1426




 『内容紹介 
  あの頃、ぼくの頭の中は確かにアラスカのことでいっぱいでした。
  まるで熱病に浮かされたかのようにアラスカへ行くことしか考えていませんでした――。
  広大な大地と海に囲まれ、正確に季節がめぐるアラスカ。
  1978年、26歳でアラスカに初めて降り立った時から、その美しくも厳しい自然と動物たち
  の生き様を写真に撮る日々が続いた。
  その中で出会ったアラスカ先住民族の人々や、開拓時代にやってきた白人たちの生と死が
  隣り合わせとなった生活。それらを静かでかつ味わい深い言葉で綴った。
  「新しい旅」「春の知らせ」「オオカミ」「海流」「白夜」「トーテムポールを探して」「キスカ」
  「カリブーのスープ」「エスキモー・オリンピック」「夜間飛行」など、33編を収録。


shinmama
さんのガイド で手にしました。
想像を絶する広大な自然のアラスカを、ゆったりと旅をする、、、
つよく、限りなくやさしく、こころを揺さぶる、ある種の哲学書のような趣の一冊、、、

★★★★☆












 

 

« 山形の水煮わらびで、山菜うどん | トップページ | 横浜うかい亭で、春のランチ♪ »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山形の水煮わらびで、山菜うどん | トップページ | 横浜うかい亭で、春のランチ♪ »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ