« 洗剤いらずのエコたわしを、、、 | トップページ | 日吉 アクイロット (AQUILOTTO)  »

2019年2月 7日 (木)

池井戸潤著 ”アキラとあきら” ☆



51zwyefvwgl_sx353_bo1204203200_


 『内容紹介
  零細工場の息子・山崎瑛(あきら)と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬(かいどうあきら)
  生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。
  やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。
  逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった――。』


半沢直樹シリーズ(おれたちバブル入行組、バブル組、ロスジェネの逆襲、銀翼のイカロス)
下町ロケット、空飛ぶタイヤ、、、と、ひととき、夢中になって読んでおりましたが、
『陸王』で、お決まりの展開に飽きてしまい、読了できず、、、

そして、久しぶりに手にした著者の本でしたが、
またもや、引きこまれてしまいました、、、要注意徹夜本、、、


★★★★☆

以下に心に残った一文を転記します、








 






恵まれているということは同時に、それに見合う運命を背負うことなのだ。


儲かるとなればなりふり構わずに貸すのが金貸しなら、相手を見て生きた金を貸すのがバンカーだ。
金貸しとバンカーの間には、埋め尽くせないほどの距離がある。同じ金を貸していても、バンカーの貸す金は
輝いていなければならない。金に色が付いていないと世間ではいうが、色をつけなくなったバンカーは
金貸しと同じだ。相手のことを考え、社会のために金を貸して欲しい。金は人のために貸せ。
金の為に金を貸したとき、バンカーはただの金貸しになる。






« 洗剤いらずのエコたわしを、、、 | トップページ | 日吉 アクイロット (AQUILOTTO)  »

読書(あ~さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 洗剤いらずのエコたわしを、、、 | トップページ | 日吉 アクイロット (AQUILOTTO)  »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ