« 下重 暁子著 ”鋼の女 最後の瞽女・小林ハル” ☆ | トップページ | ワインの瓶の中のコルクを、、、 »

2019年1月13日 (日)

台湾/迪化街、高建桶店、介良、永久號、李製餅家、二條通.綠島小夜曲



 

2780


    ずいぶん、間が空いてしまいましたが、、、
    2018
1027日、700、ダイヤモンドプリンセスは、台湾、基隆に入港しました。





 






 

2531


台北市に行き、まず向かったのは、、kuropaguさんのブログで紹介されていた、林華泰茶行





 






 

2537

2536


              お店の奥の工場を見学させてくださり、、、





 



 

Img_6424 04-012s

 


店内には、腰の高さのお茶の缶が所狭しと立ち並び、
購入したのは、凍頂高山烏龍茶、東方美人茶、蜜香紅茶(各150g~)

これが、もうとってもおいしくって、また、台湾に買いに行きたいほど、、、

ちょうど来客があったので、お出しした所、大好評でした♪、










 

21_011_2

 



              茶葉は、前回花蓮で購入した、讃炭工房の海底沈積泥 に収めて、、、

 

 



 

 

 

 

2549

 



それから、涼州街通りをテクテク歩いて、、、










 

 




 

2566

 

大正13年設立の病院 「仁安醫院」 (レンアン病院)








 

 

Img_6433



                         安西街通りに入り、、、

 

 

 








Img_6431

            迪化街(てきかがい・ディーホアジェ)へ、向かいます、







 





 

2612

2622


           ヨーロッパかと見まがうような、モダンな一角があったり、、、


 




 

2595_2

 



 店の入り口を占領して、背中がかゆいのか、いつまでもゴロンゴロンしてるワンコがいたり、、、
    見知らぬ日本女性のお方と、かわいいですねぇ!、と、しばらく見惚れておりました、







 

 

 




2588

2628


         レトロな昔ながらの店が混然一体となって独特な雰囲気を醸し出しています、






 





2647


      梱包用PPバンドで編んだプラカゴ、竹のかご、藤の籠、、、小さなお店には、、、
      あふれんばかりのカゴ、雑貨女子必見の、高建桶店
(ガオジエン トンディエン)
      「かわいぃ~♪」「きゃあ!、ね!、これ見て♪」「この店の方が安いわ!」と、
      ここは日本かと思うほどに、日本語が飛び交っています、、、

 




 





 

03_063_2


                終活中のおばさんは、小物を購入、
         木のフォーク、50元(180)、お魚の箸置き、80元(28
0円)

 







 



Img_6439

Img_6447


むいたニンニク、薄皮の付いたニンニク、豆、豆、豆、etc、etc、、、
なんだか、すごいエネルギーを感じる、、、







 




 

 

2677_2

26712676


こういう食材を使いこなすノウハウのない自分が、、、残念、、、
三枚の写真はそれぞれクリックすると、拡大してみることができます、










 

2704

Img_6463

 


台北市大同區民樂街111樓の、介良裡布行 
手芸女子必見の店♪、せまい店いっぱいにボタンやチロリアンテープがぎっしりと、まるで宝島!、

大興奮のおばさんですが、初老のおじさんが外で待っているので、泣く泣く短時間で引き上げましたが、
もし、趣味の合う女子と一緒だったら、どんなにか楽しかったでしょう、、、










 

03_067

 



大急ぎで選んだのがこの二点、、、
1ヤード(90cm)25(90)くらいからあり、ふたつで61元(220)でした、激安

 

・・・あ~!、もっと買ってくれば、よかった!、







 

 

 

2713

 



     頼まれていた、永久號のカラスミ、極上のが格安で入手できます、
     ・・・日本語OK、ただし、台湾ドルの現金のみです、











 

 

 

2730


ランチは、暑いので、先ずビール!、

 






 

2735

2739

 





 

2742

2746



想像をはるかに超えた量で、まさか、これほどの量とは、、、とてもふたりでは完食できず、、、
不起(ごめんなさい、ドゥイブチー)、、、






 




03_015


お土産は、ドライマンゴーなど少しづつ買っておりましたが、メインはこれ!と決めておりました、
差し上げた方々からも大好評
、とにかく、とにかく、、、おいしかった~!、

 

このパイナップルケーキのお店の場所や、お味の詳しいレポは、、、こちらから、、、

・・・値段は、ひとつ18元(65円)に値上がりしていました。
   まとめて買うとかなり重いので、日程の最後に購入なさることをおすすめします、


さて、この店から歩いて10分程の、、、






 






 

2754

 

またしても、kuropaguさんのブログのこの記事 でひと目惚れしてしまい、
ゼッタイに行こうと決めていたこのお店へ、

構えたところが微塵もなく、居心地のいいこの店は、たくさんの人を呼び寄せています、

スタッフの接客が、店の雰囲気に輪をかけて、また心地よくってステキなのです、、、












Img_6473t


      この店の雰囲気を盛り上げているのは、、、この木のちからが、大でしょう、





 



 

Img_6478_2


洒落た店内は、9分の入りというところでしたが、オープンテラス大好きのおばさんは、、、

 





 

 

 

 

2763_2


東北の震災の折、破格の援助金を送って下さった、
台湾が大、大、大好きで今回で4回目になります。以前は、、、

   台北、行列グルメツアー

   台湾 花蓮市内散策 ①

   台北、迪化街、欣葉、四四南村

   黄金瀑布


   九份茶房

   阿妹茶酒館 (a-mei-teahouse

   九份にて (Kau-hun)

   日月潭



今回は、故宮博物院に行く予定でしたが、直前に、
kuropagu
さんのブログを拝見して、迪化街に変更と相成りました、、、

いつもおいしくって楽しい情報をありがとうございます!、




 

 

 




2773

 



2015
年には、プチ鉄子の私は、基隆港から台北まで普通列車で行きました。
台北まで約40分、なんと、41(160)!、ただ、本数が少ないので、
今回は、國光客運の「1813番」のバスにしました。
たしか、57(200)340分ほどですので、本数も多いしバスの方がお勧めかな、

 






 




2774


けっこう歩きましたが、お昼ご飯が多すぎて、それでもどうしても食べたかったパニーニ、
・・・お目当てのバナナチョコレートパニーニは見当たらず、、、
半分は、ラップを分けてもらって、船に戻ってから、しみじみとおいしく頂きました、







 




 

Img_6485_2


               台湾のワンコは、みんな、と~ってもシアワセそうでした、





 

 

 





2782

 



16:30
、ダイヤモンドプリンセスは、最後の寄港地、沖縄に向けて出港しました、、、
沖縄のレポは、to be continued、、、










 

 

 

« 下重 暁子著 ”鋼の女 最後の瞽女・小林ハル” ☆ | トップページ | ワインの瓶の中のコルクを、、、 »

台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下重 暁子著 ”鋼の女 最後の瞽女・小林ハル” ☆ | トップページ | ワインの瓶の中のコルクを、、、 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ