« 吉田修一著 ”国宝” ☆ | トップページ | 災いを無くす、インドの石けん、むくろじ »

2019年1月24日 (木)

桑田ミサオ著 ”おかげさまで、注文の多い笹餅屋です” ☆



71lyhpybjpl



笹採りも製粉もこしあんも。年5万個をひとりで作る90歳の人生

『内容紹介
 太宰治の生地として知られる、津軽半島の金木町に住む、90歳の笹餅名人、桑田ミサオさん。
 60歳で作り始めた笹餅が評判になり、75歳で「笹餅屋」を起業。

 ストーブ列車で有名な津軽鉄道で販売する姿は、何度もメディアに登場、全国から注文が届く。
 1年分の笹を採り、地元の材料で作り、儲からなくていいからと安価で販売。
 ずっと愛され続けている、笹餅だけで、1年間に5万個以上を作る。』


このすごいお餅が、2個で150円!、儲けは、ほんのすこしだけ、、、
達観した、つよくやさしい人生観に、圧倒されました、


★★★★☆


小豆の煮方をはじめ、
こしあん、赤飯、おはぎ、さかづき餅(よし餅)のレシピが写真付きで丁寧に紹介されています。

以下に、レシピをほんの少しと、心に残った一文を転記します、











 

 







小豆は余熱で柔らかくする
まず小豆を洗って(浮いてきたものは除外する)
そのまま水から煮ます(中火で1015分ほど、アクを丁寧にとりながら)
沸騰した火を止めて、一時間ほど寝かせます。(赤飯用はここで取り分けて)
それからもう一度、火を入れます。二度目はもっと早く沸騰するので、そうしたら火を止め一時間待ちます。
炒め物なども同じで、蓋をしたまま寝かせれば、キャベツや人参も、砂糖でも入れたような甘味が出ます。
ガス代も節約できます。


加工所は私のお城
加工所を造るにあたって、私も400万円、出資しました。無人販売所で15年間稼いだ資金がありましたから。
水道も通っていないので、井戸を掘ってちょうだいとお願いしました。(400万でした)
・・・
だんだん加工所にひとりで寝泊まりするようになりました。
もともと泊まれるような造りではないので、私の寝室は押入れの上段です。
少しばかり手狭ですが、年寄りのひとり暮らしなので、何が要るでもありません。
これといった不自由もなく、気楽な暮らしです。


”週に一度、集まっておしゃべりでもいい、体操でもいいから何かしよう“









« 吉田修一著 ”国宝” ☆ | トップページ | 災いを無くす、インドの石けん、むくろじ »

読書(あ~さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉田修一著 ”国宝” ☆ | トップページ | 災いを無くす、インドの石けん、むくろじ »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ