« 鹿児島、知覧特攻平和会館、知覧武家屋敷 | トップページ | ダイヤモンドプリンセス、ベトナム、チャンメイで、ホイアンへ♪ »

2018年11月15日 (木)

ダイヤモンドプリンセス、厦門・コロンス島を散策♪



635



ダイヤモンドプリンセスは、終日航海日をはさんで、10/20()10:00、ふたつめの寄港地、厦門へ。
厦門では、ショアエクスカーションでコロンス島ウオーキングツアー($99)に申し込みました。
コロンス島への15分位のフェリーは、往復で600円くらいですが、切符売り場は大混雑だと聞き、
中国語はもちろん、英語もろくにできない私どもの初めての厦門ですから、保険だと思って、、、

赤レンガの洋館が立ち並ぶ、まるでヨーロッパのような景観です。












652



                              租界時代の情緒あふれる建物が残る、世界遺産、コロンス島です。










667



           倒木でしょうか、、、それとも?、、、枝を伸ばしています。
               じつは、、、わたしどもふたりは、、、


















695



          コロンス島に着いたら、勝手ながら自由行動とさせて頂きました。
         オルガン博物館にも、いわゆる名所旧跡にまったく興味がないんです、、、
                  99
ドルも払ったのに?、です、、、
                     我儘なふたりです、、、









682_2



          あちらこちらに、コロニアル様式の建物が見受けられます。









Img_6057


主に中国各地から、毎年約1000万人以上の観光客がコロンス島を訪れ、
とくに休日は大混雑だそうで、この日は土曜日で多くの人で賑わっていました。












Img_6055


        コロンス島は音楽の聖地で、「ピアノの島」「音楽の島」とも呼ばれています。












723_2



店頭のこのケージには、子豚がいました、、、








742

726



子どもの頃から、働いている人を見るのが、大好き、、、










Img_6060_2


           粽がおいしそうだったので、このお店でお昼ご飯にすることに、、、












696_3



立ち食いのつもりでしたが、案内してくれたのは、お店の横の、、、こちら、、、
手前左に、テーブル席がひとつあり、、、
・・・えっ?、ここ?、いいの?、なんか、他所様のお宅にあがりこんでしまったような、、、

なんか、おもしれ~
、と、ワックワク、、、












698


          粽は、紙コップに入れて下さり、中国で飲む、中国の青島ビール、





                  
        



701



うちのおじさんがやたら気に入って、うまい、うまいと、大喜び大感激していたビーフンです、
店の奥で、ジャージャーと炒める音がして、その音で丁寧に丁寧に作っていたことが分かりました。












702


おじさんが、身振り手振りでなんか一生懸命言ってるけど、、、
???
すると、持ってきたのが、1ℓのペットボトルに入った真っ赤な液体。
・・・あ~♪、じゃ、イタダキマス、少し、、、


おじさんも、おばさんも、いいひとだちだったなぁ、、、

ハオチ♪、ごちそうさまです、











Img_6088



島内では、消防車とゴミ収集車以外の車の使用が禁止されていて、
こんな人力のゴミ収集車が、活躍しています。










751



               島のいたるところに、ガジュマルの木が、、、












760


歩き疲れて、ひと休み、、、
「ん♪、おいしぃ!」
すると、相席していた中国人女子が、「おいしぃ!」
日本語を勉強中の学生さんで、瞳をきらきらさせて、日本大好き、日本で働きたいと、、、

なんだか、うれしくなって、しばらく、いろいろとおしゃべりを楽しみました。
なるべく、ゆっくりはっきり話すことを心がけながら、、、












759



勝手な自由行動の私どもですから、集合時間に遅れるわけにはいきません。
15
分前には集合場所に着きましたが、結局30分以上待つことに、、、

その間、お隣の台湾人のおじさんおばさん5人グループとすっかり仲良くなりました。
あんまり、たのしそうにゲラゲラ笑っていらしたので、
何言ってるのかゼンゼン分からないのに、つられて一緒に笑ってしまったのがきっかけでした。

それから、長男が入れてくれたスマホの翻訳アプリも使いながら、あとは、イーアールサンスーとか、
知ってる中国語を並べては、その都度、大笑いしては、握手したり、
肩を寄せて、おひとりおひとりと写真を撮ったり、、、
・・・お別れするもの、お名残惜しく、、


旅行者は、ひとりひとりが、親善大使だと思っています。
平和は、草の根で、少しずつ、少しでも、、、と願っています、、、








638


このツアーでは、はじめにフェリーポートで一時間くらい立ったまま待たされました。
とにかく暑くて、ひとり来ていない人がいるらしいとか噂が流れたりして、
なぜこんなに待たされるのか、いつまで待たされるのか分からないままでつかれました、、、
このあとも、待ち時間が多くて苦情が続出したらしく、ツアー代金のうち30ドルが返金されました。



ダイヤモンドプリンセス、つぎの寄港地、ベトナムチャンメイは、、、こちらから、、、















« 鹿児島、知覧特攻平和会館、知覧武家屋敷 | トップページ | ダイヤモンドプリンセス、ベトナム、チャンメイで、ホイアンへ♪ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
ぶらぶらと歩きながら、現地のお店で食べるのも、いいですね。
前回のコメントの「嘴」は、ブログにアップしておきましたので、ご覧ください。
では、さらに続きを楽しみにしています。

たかむがんばさん、
行き当たりばったりに、迷路のような道をさまよい歩くのもまた、旅の楽しみです♪
ブログ、拝見しました、
たしかに、嘴のように見えるんですね!、気が付きませんでした。

ダイヤモンドプリンセスは、7階から8階にかけて、ぐるりとデッキを周遊できるようになっており、
ウオーキングをたのしむ方々がたくさんいらっしゃいました。
嘴の部分は、8階の先頭だと思います。

わたしも、一度歩きましたが、そのときは、嘴には、まったくひとけがなく、
たった一人で、もしここで、大海原に、、、と思ったら、なんだかとっても怖くなってしまいました、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿児島、知覧特攻平和会館、知覧武家屋敷 | トップページ | ダイヤモンドプリンセス、ベトナム、チャンメイで、ホイアンへ♪ »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ