« ただいま~♪ | トップページ | ダイヤモンドプリンセス クルーズライフの巻 2018 »

2018年11月 2日 (金)

ダイヤモンドプリンセス 2018、秋の大航海乗船記♪



1610



ダイヤモンド・プリンセス、秋の大航海、鹿児島・厦門・ベトナム・香港・台湾・那覇、
16
日間のクルーズへ、ご一緒したのは、園子と久美子さん、、、
                               写真は、ベトナム、カイランにて、、、










271



全長 288
全幅 37.5
船籍 ロンドンU.K.
総トン数 115,875
乗客、3,100名、乗員定数、1,060


日本人約1,000名、アメリカ人600名、オーストラリア人300名、他、約50か国という、
国際色豊かなクルーズで、白人さんや黒人さんたちとご一緒だと、なんとも華やかな雰囲気で、
これは、日本船では味わえないなぁと、おおいに楽しみました、
heart01

                                  写真は、鹿児島にて、、、











122



         10/16(火)、17:00、大桟橋国際客船ターミナルを出港し、
 巨大な客船がレインボーブリッジを悲鳴まじりの声の中、ギリッギリでくぐり抜けると、、、
            期せずして、歓声と拍手が沸き起こりました、、、
thunder












147n



 三層吹き抜けのアトリウムを囲む形で、ブランドが軒を並べるタックスフリーのショッピングフロア、
          バーやラウンジ、日本人スタッフが常駐する安心のフロントがあります。
                     そして、客室は、、、
downwardleft















002



   お部屋は、奮発してジュニア・スイート、、、heart04












005



   リビングエリアには、ソファベッド、、、












006



   テレビが二台あるのに、リモコンがひとつしかない、、、?
   ・・・ひとつで、二台を操作できるのでした、、、
coldsweats01












018_2



              ウェルカムグラス、スパークリングワイン、happy01


ルームスチュワードは、フィリピン人のLauroさん。
いつもにこやかで温かいおもてなしをしてくださいました。
クルーはフィリピン人が多いので、簡単な挨拶を覚えておくだけでフレンドリーなひとときを過ごせます。

にっぽん丸のクルーに教わったタガログ語のあいさつは、こちらから、、、








185


         プライベート・バルコニー、なんて、贅沢!、、、最高に幸せ、、、heart02














012



バスタブ、ハンドシャワー、
・・・ただ、シャワートイレの操作スイッチが背面にあるので使いづらいと、うちのおじさん、、、












024


バス・アメニティは、、、石けんとシャンプーキャップ、そしてローション、たったのこれだけ!、flair
エコエコアザラシのおばさんは、歯ブラシもヘアブラシも、シャンプーも化粧水もみな持参します。
・・・自分が使い捨てにされたくないので、使い捨てグッズはなるべく使わないようにしていますが、
   海洋マイクロプラスチック汚染が問題になる今、新しい!、と感動しました、
happy01shinetyphoonheart01

さすがは、地球環境を配慮した設計でも世界をリードしている、ダイヤモンドプリンセス!、
crown













2499



船内、とにかく、、、歩く、歩く、、、
飽食の船では、なによりの運動になります、、、
run











154



外国船に日本語の本は少ないので、何冊か持参しました。
途中で読み終えてしまったので、ライブラリに行くと案の定、ほんの少しでしたが、
そのお借りした本を返却すべく、最終日に行ってみると、けっこうありました、、、
乗船当日に借りるべきだなと思いました。

ただ、プールサイドでもどこでも、本を読んでいるのは、外人さんばかりで、
日本人で、本を手にしているお方をお見かけしたのは、ほんの、おふたりだけ、でした、、、
・・・みなさま、お部屋で読んでいらっしゃるのかな、、、












2485s


   長期のクルーズとなると、必須アイテム、セルフランドリーのレポは、こちらから、、、








153



エレベーターは三か所にあり、なるべく階段を使うようにはしていましたが、
なにしろ、15階まであるので、、、

そして、いつも思うのですが、外人さんたちって、エレベーターの「閉」のボタンを押さない、、、
それを押すのは、100%、日本人、、、わたしも、押しちゃう、、、
せっかちなのかな、、、



クルーズ仲間のこのお方のブログの、車椅子のお母上と同乗なさった折の
一文を転記させて戴きます。

    ”車いすでレストランまで行くのは、ひと苦労です。
   外国船の場合、車いすの人がいると 必ず優先ですし、
   エレベーター内に乗っていた人も降りて スペースを譲ってくれますが、
   日本の場合は、逆に「車いすより先に乗るぞ、」という感じで 押し寄せてきます。
   したがって 何回も 乗れないエレベーターを見送ることになるのですが、
   とても文明国とは言えない日本に 情けなくなりました。
   隣にいた外国人が、エレベーターのなかにいる人たちに 降りて譲るように言ってくれたのですが
   英語は通じないし、そればかりは私が翻訳するわけにもいかず、
   「ありがとう、日本にはまだ、
    ハンディキャップを持っている人たちへの接し方がわからない人がいるので」というと
   「貴方が大声を出すべきよ」と言われました。
   そうか、車椅子で迷惑をかけていると、卑屈になっていてはいけないんだ。”



駅のホームのエレベーターは、車椅子やベビーカー、ご高齢の方々のためにあると思うのですが、
お若い方や健康そうなお方が、そういう方を押しのけて、我先に乗り込んでいるところをよく見かけます。
これって、、、チョーカッコ悪い!、と思っちゃうのです、、、




ダイヤモンドプリンセスの
シャンパンタワー、クッキングショー、ギャレーツアー、etc、、、クルーズライフは、こちらから、、、
shine

クルーズ中に船内で買ったものは、、、こちらから、、、
typhoon

お食事とおやつは、、、こちらから、、、
restaurant

















« ただいま~♪ | トップページ | ダイヤモンドプリンセス クルーズライフの巻 2018 »

外国船クルーズ」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい

ダイヤモンド・プリンセスで出かけられていたのですね。
この船は、通年で日本に配船され、釜山への寄港のため、よく関門海峡を通過しています。

続きの話を楽しみにしています。

typhoonたかむがんばさん、
たしかに、ダイヤモンドプリンセスは、よく関門海峡を通過しているようですね、、、
そのうち、遠くからおめにかかれるかも、、、(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ただいま~♪ | トップページ | ダイヤモンドプリンセス クルーズライフの巻 2018 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ