« 生ぬかを、糠床に足す、の巻 | トップページ | バルミューダのザ・トースター »

2018年10月 9日 (火)

島本 理生著 ”ファーストラヴ” 



Img_8920


 『内容紹介 
  ◆第159回直木賞受賞作◆
crown

  夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。
  彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。
  環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。
  環菜の美貌も相まって、この事件はマスコミで大きく取り上げられた。
  なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか?
  臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、
  環菜やその周辺の人々と面会を重ねることになる。そこから浮かび上がってくる、環菜の過去とは?
  「家族」という名の迷宮を描く長編小説。』



家族、そして恋愛、、、其々の生い立ちに秘められたミステリー仕立ての展開に引きこまれました。
見事なプロット、この本は、きっと映画化するでしょう、
そうなると、我聞はだれが?、そして、蠱惑的な迦葉(かしょう)は、、、?
ふたりに、また会えるのをたのしみに、、、

★★★☆☆














« 生ぬかを、糠床に足す、の巻 | トップページ | バルミューダのザ・トースター »

読書(あ~さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生ぬかを、糠床に足す、の巻 | トップページ | バルミューダのザ・トースター »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ