« 台湾麺線 ★ | トップページ | 揚げない酢豚 »

2018年9月16日 (日)

映画 「カメラを止めるな!」 ☆



30_orig



300
万円という低予算で製作され、東京都内の劇場2館から全国累計269館に上映館が拡大し、
現在、興行収入は16億円を突破したという話題の映画を、今頃になって観に行って参りました。
爆笑に次ぐ爆笑、そして、最後はじんわり心温まるエンディングとのことで、私の大好きなパターン!

ちょうど次男が来ていたので、うちのおじさんと三人で、、、
「カメラを止めるな!」、この映画は、、、


















二部構成になっていて、一部は、なんか、つまらない映画だなぁ、、、
どこで、爆笑するの~?、と、思っていると、、、
二部が、そう、爆笑に次ぐ、爆笑なのでした~!、

そして、心温まる素敵なエンディング、、、

次男も、下手な大作なんかより、よっぽど面白かった!、と、、、


★★★★☆


ただ、惜しむべくは、、、
人気爆発した当初は、映画館には長蛇の列、満員御礼の連続だったそうですが、
金曜日は、観客が私ども三人を含めても10人足らずだったことです。

ゲラゲラ笑っているのは、わたしひとり、、、
やっぱり、こういうのは、にぎやかな館内で、みんなでドッと笑わないと、ネ、、、



低予算で、無名の役者さんばかり、、、
でも、みんな、とっても上手だった!

どうか、この映画を機に、彼、彼女たちにたっくさん仕事が来ますように、、、と、願いつつ、
温かな気持ちで帰途につきました、、、










« 台湾麺線 ★ | トップページ | 揚げない酢豚 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

夫がまだ見ていなかったので、夫と二度目の鑑賞してきました。

二度目なので、「つまんないゾンビ映画」パートも楽しめました(笑)
多分、何人か二度目の方がいらっしゃったみたいで、
「つまんないゾンビ映画」パートでも笑い声が漏れ聞こえてました。

息子が最初に見に行ったのは、まだ都内の小さい2館のみ(?)上映の時で
館内みんなで大爆笑して、映画が終わると、自然と全員でスタンディングオベーション
だったそうですよ。

その時の雰囲気も含めて、息子にとって「人生で一番面白い映画!」だそうです。


えびふらいさん、
グズグズしていたわたしの背中を押してくださったのは、
えびふらいさんの「すごくおもしろかった」のひとことでした、、、
ありがとうございます!、
おかげで良い時間を過ごさせて戴きました、m(__)m

それにしても、ご長男君、二館のみの上映時に、スタンディングオベーションとは、、、!!!
これは、一生の思い出になる快挙ですネ、(*^_^*)


リンクしているfacebookに、青葉台在住のお方からコメントがあり、
この連休中の夕方は、ほぼ満席だったそうです!、
そういうシチュエイションで観たら、また、格別だろうなぁと、、、(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾麺線 ★ | トップページ | 揚げない酢豚 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ