« 「マ・ボンヌ」と、そらまめ♪ | トップページ | 石碾(いしびき)そば 庄栄 ☆ »

2018年5月23日 (水)

佐竹千佐子著 ”おらおらでひとりいぐも”



A1kl7da0zul


 『内容紹介 
  
158回芥川賞受賞
  タイトルは宮沢賢治の詩「永訣(えいけつ)の朝」の一節。〈ひとりで死んでいく〉
  覚悟を示す元の言葉を、転じて〈ひとりで生きていく〉という意味で使った。


 74歳、ひとり暮らしの桃子さん。
 おらの今は、こわいものなし。

 結婚を3日後に控えた24歳の秋、
 東京オリンピックのファンファーレに押し出されるように、故郷を飛び出した桃子さん。
 身ひとつで上野駅に降り立ってから50年――
 住み込みのアルバイト、周造との出会いと結婚、二児の誕生と成長、そして夫の死。
 「この先一人でどやって暮らす。こまったぁどうすんべぇ」
 40年来住み慣れた都市近郊の新興住宅で、ひとり茶をすすり、ねずみの音に耳をすませるうちに、
 桃子さんの内から外から、声がジャズのセッションのように湧きあがる。
 捨てた故郷、疎遠になった息子と娘、そして亡き夫への愛。
 震えるような悲しみの果てに、桃子さんが辿り着いたものとは――




深い論理思考の持ち主である著者の老いの境地。
共感できる年齢になった自分、、、
苦手な哲学書の様な趣でありながら、朴訥とした東北弁だからこその一冊。

★★★☆☆

以下に心に残った一文を転記します、、、
downwardleft















和裁の達人だったばっちゃ、、、


ばっちゃ、かわいそうだったな。白内障で目が見えなくなったのが信じられながったんだ。
大きく目を見開いて白く濁った目見せで、何度も聞くもんだから、おら邪険にしてしまった。
あのときは、
小さくて分がらなかったが、何もできなくなるのが何ぼか心細かったか。
同じだな。この先何如になるべが。不安はおらばり、つまりおらばかりでねのす。
同じだ。たいていのことは繰り返すんだな。ばっちゃとおらは七十年隔てた道連れだな。
おらばりでないおん。なんとかなるおん。桃子さんは言葉を繰り返した。
その上になるようにしかならないという諦観を薄く敷き詰めた。これ以上暴れないように。











« 「マ・ボンヌ」と、そらまめ♪ | トップページ | 石碾(いしびき)そば 庄栄 ☆ »

読書(あ~さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「マ・ボンヌ」と、そらまめ♪ | トップページ | 石碾(いしびき)そば 庄栄 ☆ »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ