« 舌平目のムニエル | トップページ | 町田のレトロな洋食、グリルママ ★ »

2018年3月31日 (土)

吉野源三郎原作 ”漫画 君たちはどう生きるか”



100000009002842680_10204_001


  『内容紹介
   発売半年あまりで、超速200万部突破!、のベストセラー、
   子ども、親、祖父母…すべての世代で一番読まれている本!

   人間としてあるべき姿を求め続ける、コペル君とおじさんの物語。
   出版後80年経った今も輝き続ける、歴史的名著が、初のマンガ化!』


小説も漫画も大好きで両方読む私ですが、この本は、、、
downwardleft

















漫画は、絵もほのぼのとしていて、とても面白く読みました。
お豆腐屋の少年には、、、泣かされました、、、が、
肝心なところがテキストになっていて、マンガのピッチに慣れて読み進んでいるところに、
急に小難しいテキストになると、切り替えができなくて、すごく読みづらいなと感じました。

全部、マンガか、それか、原作を読むか、どちらかだなと思いました。
・・・正直、これだけの大人気の訳が、、、わたしにはよくわかりませんでした、、、

★★★☆☆









  








« 舌平目のムニエル | トップページ | 町田のレトロな洋食、グリルママ ★ »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

きぬえさん
こんにちは。昨日4月12日の朝日新聞の福岡伸一さんのコラム、ご覧になりましたか?
すぐにきぬえさんのブログを思い出しました。内容的にも読みやすくしてあるのかなと思いました。
いつか読み比べてみたいですー。

typhoonもずさん、
こんばんは、(^-^)、
はい、拝読しました。
たしかに、すてきな友情物語ではありますが、原書とはやっぱり違うんだなと思いました。
読み比べてみると、おもしろいかも、ですね、(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 舌平目のムニエル | トップページ | 町田のレトロな洋食、グリルママ ★ »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ