« 横浜うかい亭の夕べ、シェフズテーブルの巻 | トップページ | 川口俊著 “コーヒーが冷めないうちに” »

2018年1月28日 (日)

うちのおでんの作り方



005_2


®
うちのおでんは、三十年来、カツ代さん のレシピです、(^-^)

お昼過ぎには、大根の下茹でを始めます。

  出汁、7~8カップ、
  砂糖、醤油、薄口醤油、各大さじ1
  塩小さじ1で調味します、、、


・エコエコアザラシのおばさんはいつも、だいこんの下茹では、これで、、、

・つるっつる、ゆで卵の作り方は、こちらから、、、



                          ®前にもアップしたことのあるリユース記事です、



2018年追記
近所の角田農園販売所さんで、ぴかぴかの葉付き大根が150円でした、
moneybag











« 横浜うかい亭の夕べ、シェフズテーブルの巻 | トップページ | 川口俊著 “コーヒーが冷めないうちに” »

クッキング(卵・その他)」カテゴリの記事

コメント

こんばんわぁo(*^▽^*)o
わぁ、美味しそう!
明日の献立 おでんで決まりです。きぬえさん、ありがとうございます。

typhoonかぶちさん、
わたしも、テレビでおでんを見て作りました、、、(^^ゞ
冬はおでんがおいしいですよね、(*^_^*)

私も 「ゆで卵」の作り方に 凝っていた時期があって、
新しい卵は 剥きにくい また茹ですぎると黄身の周りが黒くなるなど こだわっていたので
お仲間がいて とても嬉しい!!
最近では 「煮卵」を よく作ります。
http://runslowly.exblog.jp/25502155/

いずれも 茹でた後すぐに冷ますのがコツのような気がして、
すぐ食べるとき以外は、 面倒ですが、氷水にすぐに入れます。
わぁ、、本当にうれしい!!lovely

typhoonshinmamaさん、
さっそく拝見しました!、煮卵!、
もう、やばいっす!、(*^。^*)
チョー、んまそ~!!!、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜うかい亭の夕べ、シェフズテーブルの巻 | トップページ | 川口俊著 “コーヒーが冷めないうちに” »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ