« 飛鳥Ⅱ ニューイヤー サイパン・グアムクルーズ 夕食 | トップページ | 飛鳥Ⅱ ニューイヤークルーズ グアムの巻 (Kマートへ) »

2018年1月18日 (木)

飛鳥Ⅱ ニューイヤークルーズ サイパンの巻 (サブマリンツアー)



605



飛鳥Ⅱ ニューイヤー サイパン・グアムクルーズ、
2017
1230日、800、サイパンに入港しました。
午後はOPに申し込んでいたので、午前中は、無料のシャトルバスで、
T
ギャラリア・サイパン(所要時間15)まで行ってみました。










595



       すぐ近くのグランヴィリオリゾートサイパンのビーチにテクシーで行ってみました。
       (先日歩いて行くことを、テクシーでと言ったら、お若いママには通じませんでした)










620_2



この花は、、、ハイビスカスの仲間、でしょうか、、、










625



              せっかくはるばる常夏の国に来たのですから、、、










644n



                 裸足になって、水際を歩きます、、、
              なんて、なんて、気持ちがいいんでしょう、、、











228



海ぶどうでしょうか、、、
とにかく、ゴミが、、、ない!、

日本の海や川に行くと、先ずゴミを拾ってしまう、拾わずにいられないおばさんは、、、感激!、

三人乗りのブランコで、のんびりと海を眺めながら、まったりして、、、

そして、シャトルバスで飛鳥に戻り、お昼ごはんを戴いて、
午後のOP、サブマリンツアーは、、、



















688



               10分ほどボートに乗り、サブマリンへ向かいます










699



        なんてきれい、、、青い、青い、ただ青い海の色に、ため息がこぼれます、、、










698t



                マリンスポーツのメッカ、マニャガハ島










868



                ♪
We all live in a yellow submarine
                Yellow submarine, yellow submarine、


               
   サイパンで唯一のレジャー用潜水艦「ディープスター」で、水深15mほどの海中世界へ、、、










739



   約35分間、魚の楽園をめぐり、窓枠の藻を食べに、すぐ目の前に魚が来たりしてとても楽しめます、、、










Chin629108



沈船(松安丸)につきまして、この写真と以下『』内の出典は、こちらから、、、

『在りし日の徴用船 松安丸(しょうあんまる)
 徴用船とは=軍事態勢の国家が民間に半強制的に納めさせた貨客船、貨物船、漁船などの民間船』














798



『この松安丸は、松岡汽船所属の貨物船で1937年に造られて1941年に海軍に徴用されました。 










800



『タワラ、ポナペを経て横須賀に帰港する途中、サイパン東方
870km沖合いで米潜水艦の雷撃を船尾に受け
 自力航行
不能となり特設砲艦 長運丸に曳航されサイパン港に入港、
 沈没回避の為、現在の沈船ポイントに座礁させました。』











809



『その後米軍機の攻撃で大破。戦後しばらくの間は小型舟艇の桟橋(係留場所)として使用、1960年代に
 水面上のものはスクラップとして回収され、船体は爆撃訓練の標的になり、今の形で水中へ没しました!』










820



『全長=123m 全幅=16,8m 総トン数=5624t』









822



『沈船ポイントのシーズンは冬場11月頃~4月頃までです、
 夏場は透明度が極端に落ちるのでポイントとして利用されません、
 また冬場は透明度は、かなり上がりますが流れが速くなるので注意して下さい。』











844



B-29
のものとも、日本軍のものとも言われる、プロペラ、、、



サイパンもまた、激戦地でした、、、
ほんの70年前、この美しい真っ青な海は、、、
身を投げた1万人もの人々の真っ赤な血で染まったという、、、

今のこの平和な日本、、、
過ちはくりかえしませんと、鎮魂の祈りを込めて、、、



                       ・最後の寄港地、グアムは、、、こちらから、、、















« 飛鳥Ⅱ ニューイヤー サイパン・グアムクルーズ 夕食 | トップページ | 飛鳥Ⅱ ニューイヤークルーズ グアムの巻 (Kマートへ) »

飛鳥Ⅱ 乗船記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛鳥Ⅱ ニューイヤー サイパン・グアムクルーズ 夕食 | トップページ | 飛鳥Ⅱ ニューイヤークルーズ グアムの巻 (Kマートへ) »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ