« 行列の、コッペん道土 (コッペンドット)、 市が尾店 ☆ | トップページ | 簡単パンチェッタの作り方 »

2017年12月19日 (火)

帚木 蓬生著 "風花病棟" ☆



41uqzdqxwl_sl500_



  内容紹介
  乳癌と闘いながら、懸命に仕事を続ける、泣き虫先生(「雨に濡れて」)
  診療所を守っていた父を亡くし、寂れゆく故郷を久々に訪れた勤務医(「百日紅」)
  三十年間地域で頼りにされてきたクリニックを、今まさに閉じようとしている、老ドクター(「終診」)
  医師は患者から病気について学ぶのではなく、生き方を学ぶのだ――。
  生命の尊厳と日夜対峙する、十人の良医たちのストーリー。


ナガイサンから、“三たびの海峡” をおすすめしてもらったとき、
帚木 蓬生(ハハキギ ホウセイ)という、著者を存じ上げず、
検索しようにも、お名前の読み方すら分からないまま読んだこの本に圧倒されて、手にした二冊目。

様々に闘う医師たちの姿に、心を揺さぶられ、涙しました、、、

★★★★☆


以下に、心に残った一文を本書より転記します、
downwardleft
















まだ、研修医だった頃、当直の夜、初めての出産に立ち会うことになり、病理主任の看護婦に
自分がついているから何の心配もない、という自信に満ちた微笑に導かれながら、ようやく、、、
そして、、、
「先生、これからも、患者から逃げんで、踏みとどまって、ちゃんと見届けて下さい」




米軍戦闘機の搭乗員が落下傘で着水する。そのたったひとりの自軍兵士を救出するために、
大作戦を決行するとは、よほど重要人物にちがいないと噂しあっていたが、少尉だった。


こともなげに、マイケル(そのときの少尉の子ども)は、
「ぼくはパパがたとえ普通の二等兵だったとしても、飛行機で助けに来てくれたと思う。
   アメリカ合衆国はそういう国なんだ」
ひるがえって日本軍の方は、、、










« 行列の、コッペん道土 (コッペンドット)、 市が尾店 ☆ | トップページ | 簡単パンチェッタの作り方 »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行列の、コッペん道土 (コッペンドット)、 市が尾店 ☆ | トップページ | 簡単パンチェッタの作り方 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ