« 景色盆栽教室へ、、、 | トップページ | ナポリタン♪ »

2017年9月 7日 (木)

帚木 蓬生著 ”三たびの海峡” ★



Imgmi


 『内容(「BOOK」データベースより)
  一度めは暗い船底に詰め込まれ、半死半生で連行された。二度めは日本人の女と夜陰に紛れて密航した。
  そして三度め―九州から釜山に届いた一通の手紙が、老境の男に朝鮮海峡を越えさせた。
  数十年を経ても拭い去れぬ痛恨の思いとは何なのか。
  朝鮮半島の側から、日本人の手で描かれた、限りなく熱い復讐物語。
  『モンテ・クリスト伯』に比すべき大巨編。
  血沸き肉躍る大河小説千枚。ナショナリズムの耐えられない軽さに悩む日本人に捧ぐ―。

  ペンネーム、帚木 蓬生(ははきぎ ほうせい)は、
  『源氏物語』五十四帖の巻名「帚木(ははきぎ)」と「蓬生(よもぎう)」から)


読み始めて、何度も本を置いた。
あまりにも辛くて、息が苦しくなって、、、
でも、中盤から、、、
downwardleft

















でも、中盤から、河時根を夢中になって応援して、一気に読みました、、、

見たくない、知りたくない、卑劣な日本人、蛮行をくり返す日本人の姿を、、、
でも、過去を知り、歴史を学ぶことこそ、
過ちを繰り返さないために、、、それこそが、平和の祈り、、、

それにしても、なぜ、日本人である著者が、ここまで、書けたのか、、、
完全に圧倒されました、、、

ナガイサン、素晴らしい本を教えてくれて、本当にありがとう、、、

★★★★★


以下に、本文より、心に残った一文を転記します、、、




  「すまんな、わしは怪我しても日本人だから仕方ないが、お前さんたちは本当に気の毒だ。
   奴隷のようにこき使われて、文句も言えない。こんなことは間違っとるとわしは思う。
   いつかバチが当たる。この国と、わしたち日本人に」


  「あたしたちは国を盗られたけれど、いつか取り戻す日が来るよ。
   朝鮮民族はこのくらいではへこたれない。
   唾を吐きかけられ、靴で蹴られ、泥水を飲まされても、消えることはないよ」













« 景色盆栽教室へ、、、 | トップページ | ナポリタン♪ »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 景色盆栽教室へ、、、 | トップページ | ナポリタン♪ »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ