« ねぶたの家、ワ・ラッセ | トップページ | 利尻島の沓形岬(どんと岬)と、利尻 島の駅 »

2017年7月18日 (火)

村田 沙耶香著 ”コンビニ人間” ☆



715eqt0yzqlr



 『内容紹介
  36歳未婚女性、古倉恵子。 大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。 これまで彼氏なし。
  日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、 清潔なコンビニの風景と
  「いらっしゃいませ!」の掛け声が、 毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
  仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
  完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、 私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。
  ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
  そんなコンビニ的生き方は 「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。
   現代の実存を問い、 正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。
  第155回芥川賞受賞。』



ふつうに、ふつうにと言われ続けても、そのふつうがわからない古倉恵子。
そんな彼女が、、、
downwardleft

















そんな彼女が、システマティックなコンビニという居場所を得て、
生き生きと働いてる様が、わたしは、とても、うれしかった、、、

それなのに、それなのに、、、白羽って、なに~!?
チョー、キモイ!、
bearing
そんなコンビニ的生き方は 「恥ずかしくないのか」って?
るっせ~!、
pout
ゼ~ンゼン恥ずかしく、ね~よ!、
恥ずかしいのは、お前だろ?、
punch

そんなふたりを面白がって騒ぎ立てる、店長たちも、最低の奴ら、、、
angry

目の前で展開してたら、ゼッタイ、黙ってらんない!、
bomb
・・・って、、、なんで、こんなに、いれこんでるのか、、、自分?、、、
coldsweats01


さくさく読める芥川賞受賞の純文学、★★★★☆











« ねぶたの家、ワ・ラッセ | トップページ | 利尻島の沓形岬(どんと岬)と、利尻 島の駅 »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

きぬえさん、こんにちは。
白羽など切り捨て、恵子が一人清々しく歩いて行くラストに、私も拍手喝采でした。胸がスッとしました!

typhooncuckooさん、
お久しぶりです、
ほんとうに胸のつかえがおりたようでしたよね、、、
(*^。^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ねぶたの家、ワ・ラッセ | トップページ | 利尻島の沓形岬(どんと岬)と、利尻 島の駅 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ