« ダイヤモンドは、光りを放つ | トップページ | ぱしふぃっく びいなす 乗船記 2017 »

2017年6月19日 (月)

介護の日々に③ 物盗られ妄想の巻


18_006


「あんた、金庫の鍵、どこへやったのよ」
ついに、おいでなすった、、、これは、、、
downwardleft













認知症の掲示板で、見知っていた、「物盗られ妄想」、

五里霧中、必死な介護者を、絶望の淵に突き落とすひとこと、、、
だけど、事前に、その知識があれば、
パニックにならずに、なんとか、クリア、できる、、、


「あ、、、金庫の鍵ね、、、たしかに預かったよ、、、
 でも、わたし、、、どこに隠したんだっけ、、、どこだっけ、どうしょう、どうしよう、、、
 ごめん!、ホントごめん!、一緒に探して~!、、、」
すると、母は、母の顔を取り戻し、
「あら、いいのよ、
だいじょうぶよ、、、そのうち、でてくるわよ、、、」



認知症の初期の段階でよくみられる症状で、中期になるとたいていは治まるという、
「物盗られ妄想」は、最も身近に介護している人に向けられるようで、
それを、近隣の人や、親戚にも、言いふらすことで問題はさらに複雑になる。

どうか、このことを、ひとりでも、多くの人に、知ってほしい。

孤独な戦いを強いられている介護者の方は、どうか、傷つかないで、、、
そして、近隣のお方は、これが、認知症の初期症状のひとつであること、
この疑いは、いちばん身近でがんばっている介護者に向けられる、ということを、、、


ちなみに母が亡くなった後、
小さな金庫でしたが、業者の人に開けてもらったところ、、、
・・・空っぽでした、、、
catface 



 
「物盗られ妄想」で、
一生懸命頑張ってくれていたヘルパーさんなども、クビになったりすることもあるそうで、
対処法など、詳しいことは、こちらから、、、




                      ・介護の日々に①は、こちらから、、、
                      ・介護の日々に②、幻覚の巻は、こちらから、、、










« ダイヤモンドは、光りを放つ | トップページ | ぱしふぃっく びいなす 乗船記 2017 »

介護の日々に、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイヤモンドは、光りを放つ | トップページ | ぱしふぃっく びいなす 乗船記 2017 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ