« 恩田陸著 ”夜のピクニック” | トップページ | ダイヤモンドは、光りを放つ »

2017年6月18日 (日)

恩田 陸著 ”蜜蜂と遠雷” ★


Title




直木賞と本屋大賞をダブル受賞した話題のベストセラー、crown

音痴なわたしですが、音楽を聴くのは大好き♪
でも、クラシックに無知でこの本の曲名のほとんどのメロディーを思い浮かべることができない、、、
それでも、それでも、、、
図抜けたつかみ、見事なばかりの描写力に、完全に虜、
heart01

漫画の全26巻、「ピアノの森」を図書館で少しづつ借りて、間もなく読了するところですが、
この本のおかげで見知らぬピアノコンクールを身近に感じていたので、余計に面白く読みました。

★★★★★
shine


以下に心に残った一文を本文より転記します、、、
downwardleft














明るい野山を群れ飛ぶ無数の蜜蜂は、世界を祝福する音符であると。
そして、世界とは、いつもなんという至上の音楽に満たされていたことだろう、と。



「で、そのことを聞きつけたメリナ・メルクリーナが彼らに言うんだ。
『何言ってるの。鳥は楽譜なんか読めない。でも、決して歌うことを止めないわ。』
そうすると、音楽家たちは目を輝かせて、また広場で演奏を始める」



まさに、モーツァルトの、すこんと突き抜けた至上のメロディ。 
泥の中から純白のつぼみを開いた大輪の蓮の花のごとく、なんのためらいも、疑いもない。 
降り注ぐ光を当然のごとく両手いっぱいに受け止めるのみ。














« 恩田陸著 ”夜のピクニック” | トップページ | ダイヤモンドは、光りを放つ »

読書(あ~さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恩田陸著 ”夜のピクニック” | トップページ | ダイヤモンドは、光りを放つ »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ