« にんじんの葉っぱで、かき揚げ | トップページ | ノビルの花 »

2017年6月 2日 (金)

外苑前 ランチビュッフェ モンテ アスル


640x640_rect_55082176



所用で外苑前に出かけたので、園子にランチをつき合ってもらいました。
産直・朝摘み朝採り野菜、ガーデンサラダビュッフェ









S_00fps



            店内でスライスしている、欧州より輸入の生ハムとサラミ、
                     二枚の写真出典

                  一番おいしかったのは、、、
downwardleft


















Img_2973s



一番おいしかったのは、生ハム!、
ほかには、、、









Img_2979s



パエリア、グリルチキン、ソーセージのオーブン焼き、
本日の生パスタ、本格カレー&十五穀米のバターライス、etc、、、
バラエテイドルチェバー、ドリンクバー、、、

おかわりしたのは、生ハム、サラミ、
本日の生パスタと、パエリア、フィッシュ&チップスの、かりかりのチップス、、、


50
1,400円、902,000円(平日限定)
50
分のコースにして、お腹いっぱいになりましたが、もうちょっとゆっくりしたかったなと思いました。
そして、美味しかったのですが、、、チョットしょっぱくて、のどが渇きました、、、


写真二枚の出典












Photo



園子がタリーズでアイスカフェラテをごちそうしてくれました。
タリーズは、久しぶりでしたが、とってもおいしかった、、、
吹き抜けのテラス席で風に吹かれながら、園子とのんびりとおしゃべりをたのしみました、、、
heart04









Img_3013s


都心の植え込みに、山椒と葉蘭を発見♪
お料理に使おうと、近所の料理店の人が植えたのかしら、、、






Img_2998s



何度も何度も前を通りかかったのに、知らなかった、
乃木公園と乃木神社 に園子がガイドしてくれました、、、









P_01_2


    『邸宅は、将軍がドイツ留学中に見たフランス軍の建物を基に建てたというもので、
     軍人の家らしく、飾り気のない簡素な建物。普段は、邸宅内部に入る事はできないが、
     遺品が展示された大応接室や将軍が殉死した居室を見学ルートから見られる。
     乃木将軍夫妻の命日にあたる912日・13日には邸宅内部が一般公開される。
     また、敷地内にはレンガ造りの厩があり、自宅の質素さに比べその立派さが目を引き、
     馬をこよなく愛したという将軍の人柄が浮かぶ。』







Img_2990s



花嫁がしずしずと歩むのでしょうか、乃木会館と神社の渡り廊下、、、









Img_2995s



厳かな雰囲気に思わず足を留めてしまったのは、わたしたちだけではありませんでした、、、

たわわに実をつけた大きな枇杷の木、大木の醸し出す冷涼な空気、
無料の冷たいお茶が用意してあり、まさに、都会のオアシス、です♪


園子ちゃん、忙しい中、時間を作ってへんなおばさんにつきあってくれてありがとう、
・・・また、よろしく、です♪、
heart04





















« にんじんの葉っぱで、かき揚げ | トップページ | ノビルの花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« にんじんの葉っぱで、かき揚げ | トップページ | ノビルの花 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ