« ふっくらハンバーグ | トップページ | ケイト・アンダーセン・ブラウワー著 ”使用人たちが見たホワイトハウス 世界一有名な「家」の知られざる裏側” »

2017年5月28日 (日)

京都 柊屋の夜

 

X_5

 

®
ン十年前のある日、今はもう亡き母とふたりで京都に旅行しました。
お宿は、川端康成やアルマーニも贔屓にした柊屋。
母が奮発した贅沢な旅でした。

夕飯の前に、、、










夕飯の前に、
京都の町をぶらりと散策でもしようと、出かけることにしました。

先に部屋を出た母は、私が点けっぱなしにした電灯に気づき、
戻って、スイッチを切りました。

 「うちが電気代払うわけじゃないから、別にいいじゃん?」、と言う私に
 「もったいないから、、、」と、消え入りそうな声で母は答えたのです。


その、はにかんだ遠慮がちな笑顔は、この上なく愛らしく、
どんなお説教にも増して、
一瞬にして、
贅沢と無駄は、別なものだ、ということを、わたしに教えてくれたのでした。




今日、5月28日は、母の命日です、、、

写真出典




                           ® 2005年にアップしたリユース記事です










« ふっくらハンバーグ | トップページ | ケイト・アンダーセン・ブラウワー著 ”使用人たちが見たホワイトハウス 世界一有名な「家」の知られざる裏側” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やられました。
とてもステキなお母さま。
お母さまは大橋鎭子さんではないですよね。

アサコサン、
大橋鎭子さんって、早速検索しましたよ!、
読み方さえ分かりませんでした、(^^ゞ
いろいろ、勉強になります、
ありがとうございます、m(_ _)m

大橋鎭子さん、本当に好きなのです。尊敬しています。
けれどもこつさんのお母さまよりもずっとお年を召しているかもしれませんね。
失礼いたしました。

おひさしぶり!風邪を引いてしまいました。そしてなぜか120%の容積率になってしまいました。体が重い!!柊家さん、いいなあ・・・。私も京都が大好き。日本っていいなって思える場所です。今年は行かれなかったけれど、来年こそは、って思っています。前に俵家の不思議?(たしか)という本を読みました。味わいのある老舗にはそれなりの工夫がなされているのですね。今夜は豚汁を作りました。次男のリクエストでしたので。野菜たっぷり、で・・・ますます容積率が・・・。寝ているうちにやせないかなあ、なんて。またまたトホホな私です。

改めて ”心優しいお母さん”きぬえの気持ちがよーく伝わってくるよ。母から教えられたことって 沢山あって、でも その時は ちょっと反撥。今頃になって、思い出す事が多い・・・

マリさん、
風邪のほうはどうですか?、
豚汁、おいしそう!、かいとクンは元気してますか?
うちも、豚汁にしました~♪

mieko,
きっと、maychannも、
ン十年後には・・・(^-^)

娘が九月に修学旅行に京都へいくあたりから、私もむずむずと京都へ行きたくなっていた。
京都は、魔物が住んでいるよね、なんか「カモーン」と呼んでいるもの。
娘はそんな私のために、私の好きな安倍清明神社に行って来て「式神あぶらとり紙」とか買ってきてくれた。
で、私はまだ京都へは行ってない。行かなければならない時は、式神がいやでも呼んでくれるよ。

りょうたろう、
京都はとにかく、冬寒くて、夏暑い!
半端じゃないよ・・・(+o+)
・・・なので、行くなら春か秋。
雪の都は息をのむほど美しいけれど、
やはり、映像で観ることをおススメします、
(^-^)
陰陽師か~、
りょうたろうらしい♪

2月、スキー教室に行ってる間に旅行をしようと、冬の京都が候補に、、

突然の投稿失礼します。私は船と飛行機の撮影が大好きで、今月ボイジャーに始めて乗船してみましたが、たまたまネットでいろんな投稿を見ている時に「おばさんの、ひとりごと」に出会いました。おばさん(失礼します、名前が分からないので、、、)のブログの内容の濃さには感激しました。ありがとうございました。今後もご活躍なさって下さい。因みに私はYoutube派でハンドルネーム4011tama1
にて投稿しております。

ryoさん、
はじめまして、こんにちは、(^-^)
うれしいコメントをありがとうございます。
Youtube、拝見させて戴きました。
すごいボリュームで感心しました!

今度、ダイヤモンドプリンセスに乗船予定です、ので、
その折は、またのぞきにいらしてください、、、
これからも、どうぞよろしくお願い致します、m(__)m

はじめまして。
毎日更新を楽しみにしているファンの一人です。

以前こちらのお母様のお話を拝見して以来
「このようにありたいもの」と折に触れて思い返しています。

素敵なエピソードをお聞かせいただいてありがとうございます。

かるらさん、
はじめまして、こんにちは、(^-^)
うれしいコメントをありがとうございます、
おばさんは、すっかり舞い上がって、木に登ってしまい、
また、地味なボログを、粛々と続けていってしまいます、、、
これからも、どうぞよろしくお願い致します、、、m(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふっくらハンバーグ | トップページ | ケイト・アンダーセン・ブラウワー著 ”使用人たちが見たホワイトハウス 世界一有名な「家」の知られざる裏側” »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ