« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月30日 (火)

ケイト・アンダーセン・ブラウワー著 ”使用人たちが見たホワイトハウス 世界一有名な「家」の知られざる裏側”


41mxnqegjl



 『内容紹介
  ニューヨーク・タイムズで第1! (2015426日ノンフィクション部門)
 「これはホワイトハウスの使用人たちによる“ダウントン・アビー"だ」
  ――トゥディ(NBCのニュース番組)

 ・ホワイトハウスではどれだけの人数の使用人がどんな仕事をしているのか
 ・どうすればホワイトハウスで働けるのか
 ・ホワイトハウスの運営費用は誰が出す?
 ・数年間仕える大統領一家と使用人たちはどのようにして信頼関係を築くのか
 ・大統領一家のプライバシーはいかに守られているか
 ・政権交代にともなう引っ越しはどのようになされるのか
 ・ケネディ暗殺やニクソンの辞任などの突発的な事態に大統領の家族はどのように振る舞うのか、
 ・知られざる大統領一家の一面(シャワーの水圧に異様にこだわったジョンソン、
  使用人に慕われた父ブッシュ大統領一家、オバマとミシェルの二人きりのダンス……)
 ・映画『大統領の執事の涙』で描かれたような公民権運動と使用人たちのかかわり

  etc...

  ワシントンDC、ペンシルヴェニア大通り1600番地―6階建て、132の部屋、147の窓、
  35のバスルーム、28の暖炉、3基のエレベータ、4つの階段からなるホワイトハウス。
  第2代大統領ジョン・アダムズ以来の大統領一家が住まい、
  世界の多くの国賓を迎えてきたこの建物は、合衆国大統領の権力を示すシンボルである。
  このホワイトハウスには、執事、ドアマン、料理人、フローリストなど、100人以上のスタッフがいる。
  大統領は代わっても、彼らは基本的に交代しない。
  大統領の日々の生活を支える彼らこそ、アメリカの歴史の証人なのだ(ただし口は堅い)
  膨大な数の過去・現在の使用人たち、ファーストレディ、元大統領の子どもたちへの徹底的な取材により
  「家」としてのホワイトハウスの真の姿を初めて明かしたベストセラー・ノンフィクション。




朝日新聞の書評より、
「歴代大統領と家族の素顔を知る使用人らの記憶を紡いだものだ。・・・
 主役は実は「借家人」の大統領一家ではなく、 
 世代を超えて重責を果たす無名の使用人らの尊厳であることに気づく。
 多くは奴隷の子孫である黒人だ。国の象徴に忠誠を尽くすことでアメリカンドリームを体現している。」




海外ドラマの「ダウントン・アビー」や、「ハウス・オブ・カード」に夢中になっている私は、
こういう自分とはまったく無縁な世界の内幕にとても興味を覚えるようになりました。

驚いたことに、ホワイトハウスでのファミリーの普段の食事は、個人の支払いで、
廻ってくる請求書の額へのそれぞれの対応の様子、
常軌を逸したジョンソン大統領のシャワーへの拘り、
ヒステリックな完璧主義者、レーガン夫人、イメージと違うクリントン大統領、
スタッフに敬愛されていた人々、忌み嫌われていた人、、、彼、彼女たちの素顔、、、

確かに、驚くべきお話しもたくさんありますが、やや冗長な印象を否めませんでした、、、

★★☆☆☆


    ・・・そして、思い出した一冊は、レーガン大統領のお嬢様が書いた虐待の暴露本、、、














2017年5月28日 (日)

京都 柊屋の夜



X_5


®
ン十年前のある日、今はもう亡き母とふたりで京都に旅行しました。
お宿は、川端康成やアルマーニも贔屓にした柊屋。
母が奮発した贅沢な旅でした。

夕飯の前に、、、downwardleft











続きを読む "京都 柊屋の夜" »

2017年5月26日 (金)

ふっくらハンバーグ


004



生活クラブのデポーでほうきね牛のひき肉を買ってきて、ハンバーグ、
わが家のレシピは、、、
downwardleft









続きを読む "ふっくらハンバーグ" »

2017年5月25日 (木)

塩こうじの巻


029



塩こうじブームも落ち着いた今頃になって、つくっております、塩こうじ。
炒め物とかに使うと、なんとなく、プツプツが気になるので、、、











037



バーミックスで、とろっとろ~です、、typhoon

塩こうじを、塩と置き換えて使うときの分量と、そしてその驚きの効能は、、、
downwardleft











続きを読む "塩こうじの巻" »

2017年5月24日 (水)

ことりさん、さようなら、、、


014



「巣が襲われた、、、」
「えっ!、うそでしょう?」
あまりのことに、、、
downwardleft










続きを読む "ことりさん、さようなら、、、" »

2017年5月22日 (月)

はるさめサラダ


Simg_0785


®
わたしの大好物の春雨サラダ♪

いったい、今までに何回作ったか、、、
簡単作り方は、、、
downwardleft









続きを読む "はるさめサラダ" »

2017年5月21日 (日)

山本一力著 ”おれっちの「鬼平さん」―池波正太郎「鬼平犯科帳」傑作選”


3z71947



 『内容(「BOOK」データベースより)
 「池波さんのことを語れるのは生涯の誉れ」と言い切り、
  青年時代から愛読していたほど池波ファンの山本一力氏。
  その氏が、なによりも愛する「鬼平犯科帳」の中から悩みぬいて選んだ傑作六篇と、
  鬼平作品の素晴しさを綴ったオリジナルエッセイ、
  池波正太郎記念文庫での講演を収録した、山本一力版「ベスト・オブ・鬼平」。』


朝日新聞の書評で手にした一冊。
じつは、浪花節のわたしは、時代物が大好き、、、
でも、池波正太郎を読んだことは無かった、、、
大好きな山本一力の、「ベスト・オブ・鬼平」と聞けば、読まずにはいられない、、、

★★★☆☆

心に残った一文を本文より以下に転記します、
downwardleft











続きを読む "山本一力著 ”おれっちの「鬼平さん」―池波正太郎「鬼平犯科帳」傑作選”" »

2017年5月20日 (土)

めじろさんの、卵


014



めじろさんは、いつ見ても、
じ~っと、卵を温め続けています、、、
いつ、自分はごはんを食べに行くんだろう、、、

雨戸を開け閉めすると、ピュッと逃げるので、、
チャンス!、とばかりにうちのおじさんが、パチリ。

巣は、78cm位で、とても小さくて片手に乗るくらいです。
白っぽい細いひも状のもので基礎を組んで、わらや細い木切れのようなもので、丸く組み上げてあり、
手もないのに、どうして、こんなに器用に上手に造れるんだろうと驚かされます、、、

写真では、卵の色は葉っぱの色が映りこんでいるのでしょうか、緑っぽいのですが、
おじさんが言うには、白っぽくて、卵の数は、四つか五つとのこと、、、


家の中からでは、巣の中は見えないので、、downwardleft








続きを読む "めじろさんの、卵" »

2017年5月18日 (木)

おうちでポットラックランチ、チーム園子の巻



17_004



オープニングは、スザーナのシャンパンで、、、crown









Img_2892



                  チーム園子、わが家に集合!、
        メンバーは、たけ子さん、久美子さん、園子、スザーナ、ジニー、ノンノ。
              写真は、久美子さんからも何枚かお借りして、、、

                    さぁ、始まりますぞ♪、
downwardleft













続きを読む "おうちでポットラックランチ、チーム園子の巻" »

2017年5月16日 (火)

ようこそ、ことりさん♪


003



庭の南天の枯枝をはらっていて、ふと見ると、こんなにかわいいお客さんが、巣をつくっていました、、、
ず~っとウグイスだとばかり思っていたこの子は、、、
downwardleft










続きを読む "ようこそ、ことりさん♪" »

2017年5月15日 (月)

反故紙で、ごみ箱



028_2


家のリフォームや地域の理事、評議員などで、せわしなかったので
しばらくお休みしていた、お習字教室に、また通い始めました。

姿勢を正して、白い紙にむかい、香しい墨の匂いにつつまれているうちに、
・・・くよくよ思い悩んでいたことなど、ちいさなどうでもいいことに思えてきます、、、


捨てるばかりの反故紙で、ゴミ箱を作っておくと、なにかと重宝します♪
   (練習用の薄い紙なので、二枚重ねにして折っています)



広告チラシで折るゴミ箱の作り方は、、、こちらから、、、

お教室で習っているのは、、、こちらから、、、









2017年5月14日 (日)

ぬかみそ、ヌカミソ、、、ぬか漬け



Npamph2_thumb_2


®
きゅうりが出回りはじめたので、ぬか床を出して漬けています。
冬の間休ませていたぬか床は、
きれいな色がでてくるまで、塩で蓋をした上のほうの黒ずんだところは、捨てて、
もうその日から、さっそく漬け始めます。

うちのおじさんと次男の好きなぬか漬けは、きゅうり、
長男は、キャベツ、わたしは、カブの葉っぱとナス!
我が家の夏の人気の一品です♪
特に主人は大好きで、これさえあればご機嫌、という安上がりなおじさんです。
ヌカミソって、大変そうってよく言われますが、、、downwardleft










続きを読む "ぬかみそ、ヌカミソ、、、ぬか漬け" »

2017年5月13日 (土)

村上 春樹著 ”騎士団長殺し”


51mquys



  内容紹介
  『1Q84』から7年――、
  待ちかねた書き下ろし本格長編

  その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。
  夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……
  それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。



1部 顕れるイデア編、第2部 遷ろうメタファー編、
上下二巻の話題の本が、何気なく、市民図書にあったので、、、
熱烈なハルキストたちが夢中になる、ハルキワールド、、、
途中、思わず引き込まれたものの、、、


後半、哲学書の趣に、、、
正直、わたしには、よくわからない、、、
そもそも、”遷ろう”って読めなかった、、、(うつろう、でした、、、)
イデアってなぁに?、メタファーって?、、、

読み終わっても、、、よくわからない、、、

★★☆☆☆











2017年5月11日 (木)

吉田うどん 美也樹 (みやき)と、「不動のからみ」 ☆


178n



富士芝桜まつり をあとにして、車で30分、
極太で、かた~い麺とうわさの吉田うどん、美也樹 (みやき)へ、、、

おじさんは、冷やしたぬき、360円、大盛プラス100円で、、、
おばさんは、、、
downwardleft








続きを読む "吉田うどん 美也樹 (みやき)と、「不動のからみ」 ☆" »

2017年5月10日 (水)

2017 富士芝桜まつり見聞録


173m



                10
年で一番の開花状態と聞いて、、、









025



                 5/9(
)、富士芝桜まつりへ、、、









020



       八時半に車で家を出て、約二時間、スイスイと到着しましたが、、、downwardleft











続きを読む "2017 富士芝桜まつり見聞録" »

2017年5月 8日 (月)

小林せかい著 ”ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由” ☆


Mirai_002


 『内容紹介
  「カンブリア宮殿」「ガイアの夜明け」(テレビ東京系)著者出演
  日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017受賞

  メニューは11種だけ。
  決算、事業書は公開。
  店主1人、客席12席の小さな定食屋から、未来の“ふつう”が生まれている。
  その超・合理的な運営システムと、ちょっとした非常識。
  削ぎ落とした果てに見えてきた、業種を超えて注目される“起業”の形。
  各メディアでも話題沸騰中の「未来食堂」店主、新刊。初の書き下ろし!

  その超・合理的な運営システムと、ちょっとした非常識。
  削ぎ落とした果てに見えてきた、業種を超えて注目される"起業"の形。』



「カンブリア宮殿」で圧倒されて、来店し、この本を購入。
とんでもない偏食だった、リケジョの著者が、
日本IBM、クックパッドのエンジニアを経て、チェーン店や老舗仕出屋などで修行して、
若くしてオープンした、未来食堂。

オープンと同時に、話題をさらったその手腕、、、
明確な目標、それに向かって、緻密な計算と驚くべき実行力、
ただ、ただ、圧倒されました、、、

間もなくのご出産を控えていらっしゃいますが、
復帰なさったら、まかないにぜひお伺い致したく、おばさんは密かに企んでおります、、、

★★★★☆

以下に本文より、転記します、
downwardleft








続きを読む "小林せかい著 ”ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由” ☆" »

2017年5月 6日 (土)

GWの庭のタダの花たち、、、


004n



GW
の庭のタダの花、その①は、
ん十年前に、80円で買った、たったひとつのカモミール、
それがこぼれ種でふえつづけて庭じゅうに、青りんごのような甘い香りが広がります。
そして、その②は、、、
downwardleft







続きを読む "GWの庭のタダの花たち、、、" »

2017年5月 4日 (木)

GWに、おうち de ごはん


04_012


GW
に久しぶりに家族五人そろって、おうちで、晩ごはん♪
庭のミニバラを一輪、空き瓶にいけて、、、

四半世紀ものの梅酒と赤ワインで、たけのこ、きゃらぶき、アスパラガス、コールスロー、
メインは、ひつまぶし~、
shine

デザートは、コストコで買ったハーゲンダッツ、バニラ&抹茶、、、


たいしたご馳走はないけれど、
こうして、家族そろってのんびりと和やかに食卓を囲めるのは、あと何回なのか、
こうして、台所に立ってご飯をつくっておもてなしが出来るのは、いつまでなのか、、、

そういうことを考える、還暦になりました、、、

こんなふうにご馳走してくれた、ヨシさんも、坪田さんも、母も、、、
もう二度と、わたしをご飯によんでくれることは、ない、のでした、、


いまの、この幸せに感謝しつつ、、、










2017年5月 3日 (水)

GWに、床ワックス


03_003



年末に、床にワックスをかけて、
清々しく新年を迎える、のが、定番ですが、わが家では、、、
downwardleft








続きを読む "GWに、床ワックス" »

2017年5月 1日 (月)

きゃらぶき、伽羅蕗、、、



Img_1066_1_2


®
今年も、炊きました、、、
いいお天気♪、絶好の行楽日和、、、はさみを手にして、、、(^-^)







Simg_6784_3



野ぶきを、さくさく刈りとって、、
包丁やまな板を庭に出して、ざくざく切って、、ざぶざぶ洗います。
お水をたくさん使うので、ただ捨てるのももったいない、ので、庭の花木に、、、

包丁は、これを教えてくれた、ヨシさんの形見です。
ひとり、なつかしい思い出に、あれこれとひたりながら、のんびりと手仕事をたのしみます、、、



炊きあがったら、
まづは、大好物だった、おじいちゃんとおばあちゃんのお仏前に、、、

これくらいの固めが好きなので、毎年、GWに炊いております。


 ・ふきには食物繊維が多く含まれており、整腸作用や便秘の解消に効果が期待できます。
 ・ビタミン類などの栄養素はあまり含まれていませんが、
  独特の苦味には喉の炎症を鎮め、胃の調子を整える効果があるといわれています。
 ・カリウムが豊富なので、むくみの解消や、デトックス作用などの効果があります。
 
                                         


今年も、この記事
downwardright のアクセスがなんとなんと、5,000超に、、、


          ・きゃらぶきの作り方は、こちらから、、、









         













« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ