« La Maison ensoleille table (ラ・メゾン・アンソレイユターブル) | トップページ | カルディの、上海焼きそば  »

2017年4月13日 (木)

菜の花畑、つくし、、、そして、花粉症


Img_2657



ある日も、ダイエッターのおばさんは歩いて、ポストと角田農園直売所さんへ、往復4500歩。

途中の目の覚めるような一面の菜の花畑は、ちょっとした観光スポットになっていて、
休日ともなると、ズラリと乗用車が並び、家族連れや、車椅子のご高齢の方々などで、にぎやかです。

そして、、、
downwardleft














Img_2662



  歩道の脇に、土筆を発見♪









Img_2663



        ・・・と思ったら、この歩道は、延々と続く、つくしベルトなのでした、、、





中学生のころからの重症花粉症のわたし。
高齢になって、抵抗力が落ちると症状は軽くなると聞いていて、それを楽しみにしていたけれど、
三年くらい前から、目の痒さは、ひどくなったものの、それ以外は、ほんとうに軽くなって、
こうして、この時期、平気で歩き廻れるようになったのです、、、


そう、この日を、どれほど待ち望んでいたことか、、、
それが、いざそうなってみると、、、
なんか、なんか、”抵抗力の低下=老化”ってカードをつきつけられたようで、、、
なんか、なんか、素直によろこべない、のです、、、
catface

・・・で、今年、、、
くしゃみと鼻水が、ときどき、出る、のが、
なんか、なんか、チョット、うれしい、ヘンなおばさん、なのでした、、、





70歳になって、花粉症になったお方もいらっしゃいますが、、、

佐藤愛子著 ”九十歳。何がめでたい” にも、、、
80
歳代まで悩まされていた花粉症が、最近治った。
「花粉症は年を取れば治る」と聞かされていたが、91歳の春が来た時に、それまでのクシャミが止まったが、
友人は、
「花粉症が治るということは、もうアレルギー反応が起こる体力がなくなったということらしい」と言った。
「つまり私は完全婆ァになったということなのである。
 私は半分死んだのだ。棺桶に片脚入ってる。そういうことなのだ!」
「今となってはハクション! あの頃がしみじみ懐かしい」





             ・わが家の花粉症三名が愛用している格安の、鼻炎薬は、これです、、、












« La Maison ensoleille table (ラ・メゾン・アンソレイユターブル) | トップページ | カルディの、上海焼きそば  »

草花」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
でも、ちょっと違うかな…確かに専攻は海運論でしたが…。
田舎で生活を始め、ある意味することがないのかもしれませんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« La Maison ensoleille table (ラ・メゾン・アンソレイユターブル) | トップページ | カルディの、上海焼きそば  »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ