« サンシュユ(山茱萸)と、クリスマスホーリー | トップページ | 介護の日々に ②、幻覚の巻 »

2017年3月19日 (日)

鮨 福原 ④


011_2



所用で出かけた折に、お寿司大好きのうちのおじさんと、、、
鮨 福原へ、ランチ、、、









019



奮発して、おまかせ 雪、
・・・御料理三品・握り十貫(お椀・デザート付)5,400円(税込)

絶品、とろけそうな、
白子とうふ、shine








025



                   鰹と、佐島の蛸、
                    そして、、、
downwardleft

















028



  館山の鮃








030_2



                      ヒラマサ










033



                   静岡、遠州の〆さば









035_2



                    江戸前の墨烏賊









042



ほんわかとした人肌の赤酢の酢飯とネタが醸し出すハーモニーに酔いしれます、、、








046n


                     長崎の本鮪







052



   江戸前のコハダ

   小上がりの座敷席もありますが、
   やっぱり、カウンターで大将の包丁さばきをうっとりと眺めながら戴くのが好きです、、、

  








054



               薬味なしで、塩だけの鹿児島の藁焼き鰹
                  ・・・おばさんの一番、
shine










056



  長万部の巻貝
  ・・・おじさんの、一番、
shine











061



特注の海苔がふんわりと香り立つ、小柱











068_2



                  ひとあじ、ちがいます、、、shine











071



青紫蘇のシャーベット、
自家製、なのでしょうか、、、もう、これ、買いたいです!、
heart04




今日も、舌の肥えたグルメな方々で、にぎやかでした、、、

前回の、鮨 福原③は、こちらから、、、
























« サンシュユ(山茱萸)と、クリスマスホーリー | トップページ | 介護の日々に ②、幻覚の巻 »

グルメなお店(和食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンシュユ(山茱萸)と、クリスマスホーリー | トップページ | 介護の日々に ②、幻覚の巻 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ