« やみつき うま塩キャベツ | トップページ | 佐藤さとる・作、村上勉・絵、コロボックル物語① だれも知らない小さな国 »

2017年3月14日 (火)

有川 浩・作、村上勉・絵、 ”だれもが知ってる小さな国 ”


51sg21ozbal


 『 内容紹介
  「有川さん、書いてみたら?」その一言で、奇跡は起きた。
   
佐藤さとるが生み出し、300万人に愛された日本のファンタジーを、有川浩が書き継ぐ。

  ヒコは「はち屋」の子供。みつ蜂を養ってはちみつをとり、そのはちみつを売って暮らしている。
  お父さん、お母さん、そしてみつばちたちと一緒に、全国を転々とする小学生だ。
  あるとき採蜜を終えたヒコは、巣箱の置いてある草地から、車をとめた道へと向かっていた。
  「トマレ!
  鋭い声がヒコの耳を打ち、反射的に足をとめたヒコの前に、大きなマムシが現れた――
  村上勉の書き下ろし挿画がふんだんに入った、豪華2色印刷 』




 
“黒一色の活字から、色あざやかな物語の世界が立ち上がり、
   
目を通して、脳を通して、ぼくのからだのすみずみにまで、ひたひたに満たされていた。”


「植物物語」でも、すっかりシンクロしてしまいましたが、宝石のような物語の、見事な継承者、、、
さすが、有川さん!、、、









« やみつき うま塩キャベツ | トップページ | 佐藤さとる・作、村上勉・絵、コロボックル物語① だれも知らない小さな国 »

読書(あ~さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やみつき うま塩キャベツ | トップページ | 佐藤さとる・作、村上勉・絵、コロボックル物語① だれも知らない小さな国 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ