« 福澤 徹三著 ”すじぼり” ☆ | トップページ | 虫愛ずる姫 »

2017年2月26日 (日)

よこはま動物園、ズーラシア見聞録 ★


198


車で20分、三度目のズーラシア、、、
・・・歌舞伎役者のような、アビシニアコロブス












064



                   百獣の王、ライオン















079



              ガラス越しの展示なので、すぐ目の前、30cm、shine
             この迫力に、ちいさな女の子は、怖がって遠巻きに、、、













035



広々としたサバンナの草原エリアには、
三頭のキリン、シマウマ、エランドの三種の草食動物が混合展示されています、、、











121



       あまりの美しさに、しばし、時の経つのも忘れて魅入られてしまいました、、、
         50cmの間隔で、微動だにせず、おばさんと見つめ合う、チーター、、、
          目線は固定していても、絶えず耳のアンテナは動き続けています。
                    ズーラシアは、、、
downwardleft












Zoolasia_1


園内とにかく広いので、
左下の正門近くの「ゾウさんのりば」から、右端の「北門のりば」まで、園内バスに乗り(10分)、
順路を逆にたどって来るといいと聞きました。
・・・地図をクリックすると、画像が拡大します、、、











014


一回乗車券は、¥200、バス停に自販機があります。










016



            サバンナ号に、もう誰か先客が乗っているのかとびっくり!、












025



    乗ったのは、オカピ型バス「ズッピ」、車内もすてきな絵が一面に描かれていました、

          ズーラシア、園内バスの利用案内、時刻表は、こちらから、、、












138



「アフリカのサバンナ」エリアでは、のしのしと歩き廻る、大きな、ヒガシクロサイもいれば、、、











045s


寄り添っている、小さな、ケープハイラックスたち、、、












288



蛇じゃありません、「アマゾンの密林」エリアのオセロットです、
日本の二月の寒い日、動物たちの中には、こんなふうに寒そうな子たちも、、、














219


鳥インフル対策で鳥類の展示中止、楽しみにしていたバードショーも中止でしたが、
そんななか、「アフリカンバードハウス」の、リビングストンエボシドリ












225



日本では、ここズーラシアだけ、ベニハチクイ












322



アジア、アフリカ、オセアニア、アマゾン、、、
世界中の動物たちが、エリアごとに分かれて展示されていますが、
「日本の山里」というエリアがあることに感心しました、、、
本土狐、です












316


「中央アジアの高地」の、蒙古のろば、











338



隅々まで清掃が行き届き、計算され、手が加えられていて、潤沢な資金が惜しみなく投入されています。
たとえば、手すり。
この角度、そして、やわらかい木の手ざわり、、、
ゆったりと寄りかかって、のんびりと、動物たちを飽くことなく眺めることができるように、
人間工学に基づいて細やかに作られていて、
その下は、小さな子供たちがのぞけるように透明なアクリル板になっていて、感心します。












438



ランチは、オージーヒルで、おじさんは、かつ丼、おばさんはビーフカレーにしましたが、、、











281



広い園内には、あちこちにベンチや、テーブル+椅子が点在していて、、、












236



ちょっとしたディズニーランドみたいです。
陽気がよくなったら、おにぎりでも握って、お弁当持参で来るといいなぁ、と思いました、、、

片道、園内バスに乗って、半周して、約8000歩でした。


他にも、インド象、オランウータン、スマトラトラ、ミーアキャット、レッサーパンダ、
ホッキョクグマ、カピバラ、シマウマ、カンガルー、そして、オカピ、、、etc、、、

         JAF会員の方は、窓口で会員証を提示すれば入園料金が20%割引きになります、
moneybag
                                   (大人¥800 → ¥640)




             よこはま動物園ズーラシアは、こちらから、、、








« 福澤 徹三著 ”すじぼり” ☆ | トップページ | 虫愛ずる姫 »

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福澤 徹三著 ”すじぼり” ☆ | トップページ | 虫愛ずる姫 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ