« チョーおトクな、みさきまぐろきっぷで、鮪を食べに行く、の巻 | トップページ | 赤阪 タイ料理の店 ホットペッパー2 »

2016年12月 2日 (金)

博多天ぷらたかお サウスウッド横浜店


112


みさきまぐろきっぷ で、のんびりたっぷり一日遊んで、お腹を空かせた初老の夫婦は、、、
駅前の博多天ぷらたかお サウスウッド横浜店に再訪です♪
お目当ては、食べ放題の、福岡は博多の辛子明太子の名店「ひろしょう」自慢の昆布明太子と、、、
もうひとつは、、、



















108


浅漬け、、、
このふたつが、食べたくて、、










123



ええっっ???
驚いたことに、ランチと同じ価格設定、

ヘルシー天定食は、880円!
(ささみ+野菜五種、食べ放題の、昆布明太子と自家製浅漬け、ご飯とお味噌汁
・・・写真は一部です、天婦羅は揚げたてを、ひとつふたつとその都度運んでくれます、











107



あんまり安くて、申し訳ないからと、言い訳をしながら、、、
おじさんは、ビール、おばさんは、秋田のおいしい冷酒で、
たのしい一日は、更けていくのでありました、、、



                   ・博多天ぷらたかお サウスウッド横浜店は、こちらから、、、

















« チョーおトクな、みさきまぐろきっぷで、鮪を食べに行く、の巻 | トップページ | 赤阪 タイ料理の店 ホットペッパー2 »

グルメなお店(和食)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
 
「たかお」は関東にまで進出してるんですね、驚いた。
ここはいくらでも食べて良いおかずが美味しいですね。
 
福岡にはこのタイプの手頃な天ぷら屋がいろんな所にあります。
私の行きつけはプラスチックの安そうなザルの上に
天ぷらを愛想の悪い大将がのせてくれる、ちょっとレトロなお店です。

それにしても
きぬえさんの料理写真がうますぎて高級店の雰囲気だ~。

はなうささん、
ほんとうに、おかずがおいしい!、
・・・ただ、前回、海鮮ものが今ひとつのような気がして、野菜にしました、(^-^)

プラスチックのざるの天ぷら店、教えてください、(*^。^*)
福岡に行く予定はないのですが、
もしいつか行くことがあったら、行ってみたいです、、、(^_-)-☆

そういう、気楽な気軽なお店が大好きなおばさんより、、、(^^ゞ

おはようございます。
 
プラスチックのザルのてんぷら店
http://www.con-quest.tv/001/07.php
こちらのお店です。
大将はよく怒ってるけど本当はチャーミングな人で
孫が手伝いに来ると優しいおじいちゃんに変身します。
 
福岡は気楽な気軽なお店がいっぱいあります。
是非お越しください (^_^)/

はなうささん、
ありがとうございます!
ますます、行ってみたくなりました~♪
九州の小鹿田焼の里は、いつか行ってみたい憧れの地です、(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チョーおトクな、みさきまぐろきっぷで、鮪を食べに行く、の巻 | トップページ | 赤阪 タイ料理の店 ホットペッパー2 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ