« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月30日 (土)

上五島 青砂ヶ浦教会、頭ヶ島天主堂、蛤浜



793n_2


  「踏むがよい。お前のその足の痛みを、私がいちばんよく知っている。
    
 その痛みを分かつために私はこの世に生まれ、十字架を背負ったのだから」

世界13か国語に翻訳された、遠藤周作の「沈黙」の舞台となった五島列島は、
いつか訪れてみたいと思っていたところです。
にっぽん丸は、軍艦島を周遊し、屋久島、上五島と寄港します。

 


  『300年にも及ぶキリシタン禁教令下の弾圧に耐え、のちに信者たちが浄財を捧げて造った教会群。
   新上五島町に点在する29の教会は、信仰を守り続けてきた人々の祈りのあかしです。』



青砂ヶ浦教会(アオサガウラキョウカイ)、国指定重要文化財
新上五島町(旧魚目村)出身の名工、鉄川与助が設計・施工した、
奈摩湾を望む高台に建つ赤いレンガ造りの教会堂。
教会内は神聖な祈りの場であるため、撮影は禁止ですが、外観の重厚な趣からは想像できない、
花をモチーフにした可憐なステンドグラスに見とれてしまいました。









814t


  『頭ヶ島天主堂(カシラガシマテンシュドウ)
   1軒をのぞいて皆キリシタンだったという頭ヶ島。 
   五島崩れの時、信徒は牢から全員逃げ出して島を離れ、迫害が終わってからこの地に戻ってきた。
   2001年に国指定重要文化財、更に世界遺産暫定リストに掲載された
   「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を構成する教会のひとつである。』










817s

                   すぐ前は、この海、、、shine









827n


後ろに山を配した、この絶好のロケーションの天主堂に一歩足を踏み入れると、、、
なんて上品で、なんてかわいいんでしょう、、、heart02
またしても予想を裏切られる、ピンクを効果的に使ったファンタスティックな色使いの内装に息を呑みます。


この島々の想像を絶する恐ろしい歴史のかけらもここには無いから、でもあります、、、
恨みも、憎しみも、、怒りさえも、、、
その言葉を失うあまりにも凄惨な殉教とは、、、downwardleft










続きを読む "上五島 青砂ヶ浦教会、頭ヶ島天主堂、蛤浜" »

2016年7月27日 (水)

屋久島 ヤクスギランド、紀元杉



592


にっぽん丸のOPで、気力体力のないおばさんは、屋久島満喫一日観光をチョイス。










599_2



   バスは一路ヤクスギランドへ向かい、約30分のふれあいの路コースをガイドさんと共に歩きます。












607

            一般に、杉の樹齢は長くても500年程度ですが、
     それくらいだと、屋久杉は若樹だそうで、樹齢千年を越えて初めて屋久杉と呼ばれ、
       百年以上千年未満のものを小杉、百年未満のものを地杉と呼ぶのだそうです。











536


林芙美子の小説『浮雲』の「屋久島はひと月に35日雨が降る」という一節で多雨で知られる島ですが、
なんと快晴、sun
豊富な雨量に充分な日照ではありますが、
花崗岩の上の薄い栄養分の少ない土壌に、台風も多い過酷な環境により、
一年の成長量はごくわずかで、屋久杉は樹齢千年でも、とても細身なのだそうです。
けれども、成長が遅いので、木目が詰っており、
過酷な環境に耐える為、抗菌性の強い樹脂を蓄えるので、腐りづらく、
ゆっくりと育ち、桁違いに長生きするのだそうです。
・・・それは、粗食だと長生きする、人間と同じなのだとか、、、












546




江戸時代、屋久島生まれの儒学者、泊 如竹(とまりじょちく)は、
島津家の圧政に苦しむ島民を救うため、屋久杉を伐採し、年貢として納めることを提唱。
山の神を畏れて、杉を切ろうとしない島民を、斧で山の神のお告げと説いて、
やせた土地で、食べるものにも不自由する暮らしで、年貢米に苦しむ島民を救ったのだそうです。
ただ、切りだした平木2310枚で、やっと米一俵分だったとのこと、、、
・・・平木(ひらぎ)とは、屋根を葺くための短冊形の小板(50cm×10cm×5mm程)

そして、、、downwardleft








続きを読む "屋久島 ヤクスギランド、紀元杉" »

2016年7月24日 (日)

夏祭り やきそば隊の巻



24_060

24_057



去年は自治会の理事、今年は、評議員のわたし、、、
切りました、洗いました、小分けしました、運びました、焼きました、詰めました!、
朝の九時から、焼きも焼いたり、やきそば、1100食、ひとつ300円!

とにかく大変だったのは、
朝一でこれだけの食材を仕入れに行って下さった、焼きそば隊リーダーのTUさん、
ボランティアの中学生をまとめ上げ、何かとさすがの御心配り、サブリーダーのTOさん、
焼けた鉄板の前に立ち続けてくださった、Oさん、Iさん、Sさん、Kさん、、、
そして、細身のお体のどこにこれだけエネルギーがと、驚愕の女性焼き係、Yさん、heart01

ときどき、在庫の数にため息をつきながらも、大笑いしながらの12時間!
皆様、ほんとうにおつかれさまでした、、、









24_072


公園内を、あれを取りに行ったり、これを運んだりと、なんと13000歩!
そのうえ、ろくに食べてないのに、それなのに、それなのに、ですよ?
一キロ、増えてたんです~!、crying
摂取した水分でしょう、今年は、涼しかったのですが、去年の猛暑では、二キロ増でした、、、

そして、、、
へっとへとで、ヨロヨロと帰宅したおばさんを待っていたのは、、、downwardleft







続きを読む "夏祭り やきそば隊の巻" »

2016年7月22日 (金)

インドレストランカフェ カリカ



20_011


本格派ネパール料理の店、
インドレストランカフェ カリカに行って参りました、car

ピーカンで、この抜群のロケーション!、sun









20_032_2



           メンバーは、たけ子さん、久美子さん、ジニー、ノンノ、園子
               もう、しゃべる、しゃべる、しゃべる、happy01









20_043


「カリカ」という店名は、
苦難や災難から人々を守ってくれるというインドの有名な神様の名前から名付けられているのだそうです。
この店の目玉はこれ!、

そして、、、downwardleft









続きを読む "インドレストランカフェ カリカ" »

2016年7月21日 (木)

大橋巨泉著 ” 巨泉―人生の選択“ ☆



512tbbarxwl__ss500_t



敬愛してやまない反戦のお方が、またおひとり、旅立たれました。
こうして、この国は、一歩一歩、またあの暗黒の時代に向かっているような気がしてなりません、、、
合掌、、、


® 2014
7月にアップしたリユース記事です。

内容紹介 
 
好きに生きてこそ人生だ!
 仕事や会社にしばられるな。巨泉流生き方のすすめ。
 大人気の司会業を56歳でセミ・リタイアメント。
 春・秋は日本、夏はカナダ、冬はオセアニアに住む快適生活。
 
シングルのゴルフ、釣り、ジャズ、旅行、読書を堪能。多面的に自己実現を成しとげた男のやり方。
 2000年初版

 


「倍率、ドン!、さらに、倍!」
このお方が大活躍してるとき、
しょっちゅうテレビに出てるおじさん、という印象しかありませんでした。

興味を持ったのは、、、downwardleft







続きを読む "大橋巨泉著 ” 巨泉―人生の選択“ ☆" »

2016年7月19日 (火)

にっぽん丸 軍艦島周遊クルーズ 



356_2


7
月5日、16:00、にっぽん丸は一路軍艦島へと向かいます。
かつて軍艦島に暮らした「軍艦島コンシェルジュ」の木場田友次さんの放送による解説がありました。











351m

           大正時代に建造中だった軍艦『土佐』に似ていることから、
           「軍艦島」の通称で呼ばれるようになったそうです。










311


にっぽん丸は、約一時間をかけてゆっくりと軍艦島を周遊します、、、
軍艦島の正式名称は「端島(はしま)」、
この島は、、、downwardleft








 

続きを読む "にっぽん丸 軍艦島周遊クルーズ " »

2016年7月17日 (日)

にっぽん丸、オーシャンダイニング「春日」の晩御飯



C195n


7
月3日、にっぽん丸、オーシャンダイニング「春日」の、晩ごはんのお献立、
ほんの一部だけご紹介させてください。
前菜、お造り、焼物と続き、感動の、、、

文月の揚出し汁
 打木赤皮甘栗かぼちゃ ヘタ紫なす 加賀太きゅうり 加賀つるまめ












C203


        隣席の奥さまと感動を共にした、
        圧巻の、直源醤油割り下の黒毛和牛鋤煮、shine













C209



にっぽん丸名物、特製ローストビーフ、crown
コース料理とは別に「春日」でのディナーで希望すれば常に食べられます。
おじさんと感動しながら半分ずつ戴きましたが、ハーフでもクオーターでもお願いできるそうです♪

















C213


              そうめん瓜と烏賊の真砂和え
               かに外子 イクラ 地芽

                 そして、、、downwardleft









続きを読む "にっぽん丸、オーシャンダイニング「春日」の晩御飯" »

2016年7月16日 (土)

にっぽん丸のお昼ごはん、軽食、ナイトスナック



B059_2



     7
月3日、オーシャンダイニング「春日」の、にっぽん丸のお昼ごはん











B058n











B065

     あとは、カットフルーツと飲み物、
     そして、和食は、、、downwardleft









続きを読む "にっぽん丸のお昼ごはん、軽食、ナイトスナック" »

2016年7月15日 (金)

にっぽん丸の朝ごはん



A231n



          オーシャンダイニング「春日」の、にっぽん丸の朝ごはん









A447_2


                                   にっぽん丸は、スープが、いつもとってもおいしぃ!、shine











A236


「にっぽん丸」と焼き印の入ったプレーンのパンケーキ、
ほかに、日替わりでチョコやブルーベリ―、一枚か二枚かも選べます。
パンもおいしいので、パンを食べたいときは、一枚にして頂きました。










A230_2



        ドレッシングは、ゴマやシーザーなど日替わりで三種類、
           ほかにカットフルーツ、ヨーグルト。
                 そして、、、downwardleft









続きを読む "にっぽん丸の朝ごはん" »

2016年7月13日 (水)

にっぽん丸乗船記 クルーズライフの巻



N922


クルーズの最高の贅沢は、、、
デッキ先端にひとり腰を下ろして大海原を悠々と独り占めなさっていらっしゃるこの御仁、、、
また、ある日は、車椅子の奥さまと、おふたりで、
やはりデッキで心地よい潮風に吹かれながら、のんびりと水平線を眺めていらっしゃるご夫婦、、、
その解放感、その気持ちよさ、、、わかり過ぎるほど、わかります!
時間よ、とまれ、、、
これこそが、船旅の醍醐味です、、、

途中イルカに遭遇しました。
久保船長のお計らいで、しばらくイルカたちとの航海をたのしみました。









N255_2



長い航海中は、飽きさせないようにとまるでカルチャースクールの様に様々なイベントが企画されています。
ロープワーク教室、ナプキン折り教室、コサージュ講座、短冊作り、カードゲーム、チャンスゲーム、
ソシアルダンス教室、ダンスタイム、輪投げ大会に、デッキゴルフ、シャッフルボード、
講演会、民話の会、星座教室、映画、コンサート、これらすべてが無料です♪

普段、お忙しくて趣味の時間など取れないお方などは、一日中びっしりのスケジュールだったりするようです。










N1019



              私どもが参加させて頂いたひとつは、操舵室見学会。
                        操舵室には椅子がないことを不思議に思い、聞いてみると、
                  座ると、寝てしまうから、だそうで、
               なるほど~、、、好天に恵まれおだやかな海は、、、
                      眠気を誘います、、、










09_017


部屋のカジノプレイ券で、ルーレット。
おばさんは、2分、おじさんは、5分、あっという間に、スッてしまいました~、、、

ほかには、、、downwardleft











続きを読む "にっぽん丸乗船記 クルーズライフの巻" »

2016年7月11日 (月)

にっぽん丸のおやつ、ショコリキサーと、、、



O1084


 これが、にっぽん丸名物、GODIVAのショコリキサー、crown










09_195

                                これが、なんと、無料!、食べ放題!、flairheart02thundertyphoon










N105_2


 プールサイドのリドテラスで戴きます♪
 あとは、、、downwardleft









続きを読む "にっぽん丸のおやつ、ショコリキサーと、、、" »

2016年7月10日 (日)

にっぽん丸乗船記 屋久島・上五島・軍艦島周遊クルーズ 



N661n


2016
73(日)
にっぽん丸 Voy.351、金沢発着 屋久島・上五島・軍艦島周遊クルーズ(四泊五日)に参加して参りました♪ 

約5万トンの飛鳥Ⅱに比べて、約2万2千トンの、スモールシップです、が、
ご覧ください、白と濃紺の船体に引かれた紅色のライン、、、この美しさこそ、にっぽん丸です、heart01









N012


お部屋はクーポンを使って、デラックスベランダを奮発しちゃいました~!、heart04










N007



     にっぽん丸伝統のオブジェ、花毛布です、shine
     部屋の備品は、、、downwardleft










 

続きを読む "にっぽん丸乗船記 屋久島・上五島・軍艦島周遊クルーズ " »

2016年7月 2日 (土)

かまどさん レポート




85075826_o3


®
節電夏の陣、その②、ってことで、、、
今日は、かまどさん。

散々迷って買いました、が、これが、我が家には大正解でした~!、
crown









013



なにより、とにかく、文句なく、ごはんがおいし~!!!、
ぴっかぴか、つやっつや!
購入前に、炊飯器と比べて、わたしが知りたかったことは、、、downwardleft









続きを読む "かまどさん レポート" »

2016年7月 1日 (金)

YOMEちゃんのチーズクリーム和風パスタ



17_014


®
もう、すっかり我が家の定番、、、

クリームチーズにおかかと葱、、、
ここに、、、









17_017

                 お醤油をたら~りと廻しかけ、
                黒こしょうをガリガリとひいて、、、downwardleft






続きを読む "YOMEちゃんのチーズクリーム和風パスタ" »

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ