« じゃがいもとセロリのあえもの | トップページ | 筒井 康隆著 ”旅のラゴス” »

2016年6月 5日 (日)

庭のタイムをたっぷりと、ピザに、、、



03_041


タイムの香りが、たまらなく好き、
種を播いたら、狭い庭が、タイムだらけに、、、

種は、播いても、まったく姿を見せないことがよくあるけれど、、、
タイムは、強い!
ほったらかしのうちの庭でも、こんなにモリモリと育つほどに、、、

そして、、、













03_018


ひかる先生のシンプルトマトソースに、
玉葱、ピーマン、トマト、デポーの平牧のソーセージ、
チーズは、二種類、そこに、たっぷりのタイム♪、

ウイークエンドのしあわせな、ブランチでした~、

・・・って、ダイエッターのおばさんは、相変わらず一日二食、なので、毎日ブランチです、、、






タイムの効能・効果

 『タイムにはチモールという成分が含まれており、
  ハーブの中でもナンバー1と言われるほど強い殺菌効果と抗ウイルス作用を備えています。
  その強い効能ゆえに古代エジプトでは、ミイラの防腐剤・保存剤として使用されていました。
  また、冷蔵庫が無い時代にはタイムを加えて料理をすることで保存効果を高めていたと言います。
  中世ヨーロッパでペストが蔓延した時には特に重宝され、タイムの枝を焚いて空気を浄化したり、
  風呂に入れてつかったりして感染を防止していたと伝えられています。
  のどが痛いときや風邪・インフルエンザなど感染症を予防したいときには、
  タイムを入れたハーブティーをうがい薬として使用すると効果的です。

  また、タイムには痰(たん)を取り除く去痰作用や鎮痙作用があり、
  気管支炎やぜんそく、咳などの症状緩和にも力を発揮します。』




ずいぶん昔、古本屋で漢方薬の本を何気なく手に取り、驚いたことがあります。
昔から、植物がとても好きでしたが、
なかでも、自分が無性に好きな植物が、なぜか押しなべて
自分の体の弱いところに、薬効があるものばかりだったからです。
・・・その本、山下弘著 ”漢方薬全書”は、その時購入し、今でも大切に持っております。


大好きなタイムの香り、、、
持病のぜんそくに薬効があると知り、やっぱり、、、と、ひとり、納得してしまいました、、、













« じゃがいもとセロリのあえもの | トップページ | 筒井 康隆著 ”旅のラゴス” »

クッキング(卵・その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« じゃがいもとセロリのあえもの | トップページ | 筒井 康隆著 ”旅のラゴス” »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ