« 住野 よる著 ”君の膵臓をたべたい” | トップページ | 高田馬場 バインミー、と、、、 »

2016年6月19日 (日)

山形 秘伝豆の上手なもどし方



 

18_004



都筑阪急地下1階食品催事場の試食で、ひとくち、、、

 


  「ん~!?、おいしぃ~!、どうやって、作るの?」
  「簡単ですよ!、作り方は、、、」










 

 







 

88029165_th


秘伝豆の上手なもどし方

①、豆が十分に隠れる程度の水に一晩浸します。
②、豆全体にシワがなくなり、ふっくら戻ったら、いったん豆を取り出します。
③、残った戻し汁に、塩を少々入れて火にかけ、
  沸騰直前に豆を入れて、15分位アクを取りながらゆでます。


秘伝豆とは、100%国産、山形の青大豆のことだそうです。
大粒で、豆自体がとても甘く、
脂肪分は少なくて、栄養価は高くて、とってもヘルシー♪
水で戻したら、茹でるだけで、塩だけでも十分おいしいです!
オリーブオイルを回しかけたり、ひたし豆でも♪

わたしは、100gずつ戻して、歯ごたえを残すくらいにちょっと固めにゆでます、(^-^)

400g
1000円、ゆたか屋さん、でした、、、
国産の青大豆は非常に高価で、流通量も少なくて入手困難とのこと、、、
また見つけたら、ゼッタイ、買っちゃいま~す!、



・ひたし豆のレシピは、こちらから、、、





 『梅雨時は湿度が高くなり、心身の不調を訴える方も少なくありません。
  雨や台風の日は低気圧になり、自律神経の副交感神経が優位になります。
  すると、血管が拡張され不調な部位の修復が促されます。
  急激な変化により痛みや不調を起こすこともあります。
  痛みや不調そのものは辛いことですが、このように修復する過程で痛みを伴うことも多いものです。
  東洋医学では、湿気による邪気のことを『湿邪』といいます。

  豆には、体に溜まった余分な水分を排出する、利尿作用があるといわれています。』

 出典
 












 

 

« 住野 よる著 ”君の膵臓をたべたい” | トップページ | 高田馬場 バインミー、と、、、 »

クッキング(お豆腐・乾物)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 住野 よる著 ”君の膵臓をたべたい” | トップページ | 高田馬場 バインミー、と、、、 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ