« 庭のタイムをたっぷりと、ピザに、、、 | トップページ | うちの、焼きうどん »

2016年6月 7日 (火)

筒井 康隆著 ”旅のラゴス”



71bjkgqp1l_4


内容
 北から南へ、そして南から北へ。
 突然高度な文明を失った代償として、
 人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。

 集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、
 生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か? 

 異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に
 人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。



若い頃、それはもう、夢中になって読んだ、筒井康隆。
いっしょに時空を飛び越え天空を駆け巡った、ラベンダーの香りの、なつかしい思い出、、、

断筆宣言なさった著者の新作かと思いきや、、、


新潮文庫メールアーカイブス より、、、
 
 1994年に新潮文庫版が刊行されて以来、息の長いロングセラーとして読まれ続けてきた作品です。
 毎年3,0004,000冊ぐらい売れていた本書の売れ行きが加速し始め、
 この1年あまりで10万部を超える大増刷となったのです。
 なぜこんなに売れているのでしょう? 実は、私たちにも分かりません。
 じわじわと注目が集まる『旅のラゴス』の謎のヒット。
 その理由はどこにあるのか、読んで想像してみてください。



筒井康隆氏の大ファンであると公言していたある日、、、














Tさんが連れて行ってくれた、半地下の薄暗い小さなバー。
古びた重い木の扉を押し開けると、そこには、、、
Tさん、ほんとうにありがとうございます!、









« 庭のタイムをたっぷりと、ピザに、、、 | トップページ | うちの、焼きうどん »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭のタイムをたっぷりと、ピザに、、、 | トップページ | うちの、焼きうどん »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ