« アレックス・カー著 ”美しき日本の残像 ” ☆ | トップページ | あじさいの水揚げのやり方 »

2016年5月30日 (月)

スライサーを買ってみました♪



05_011


少し前の朝日新聞の家庭欄に、
スライサーを買い替えたら、すごく快適という一文があり、
・・・手持ちのに、ヒビが入っていたこともあり、
そこで紹介されていたスライサーを買ってみました、、、

これは、、、








 






京セラ セラミック可変式スライサー
プロテクター付き グリーン CSZ-182GR

0.5mmの極薄、1.3mm2.0mmの三段階からチョイスできるのがいいなと思いました、

プロテクターもついているし、
“収納する際は、収納バーに合わせれば 刃先がカバーされ安全に収納出来る”、というのも、大きな加点!


受け皿はありませんが、
本体底面の端にある窪みをバットなどの端にひっかけると、 固定してスライスできます。







 

10126309_k



かわいいカラフルな色がいろいろ取り揃えてありますが、我が家は仕舞って収納するので、
実際に野菜をスライスしたときのことを考えて、白かグリーンで迷い、
万一人参などで、着色しては、、、と、用心して無難なグリーンにしました、、、











 

131


ひかる先生レシピのかぶの千枚漬け風、(写真は、お教室にて)
こんなふうに全部同じ厚さに、きれいにスライスできて、快感です!、

古い方、”ベンリナー”も、千切りなどができる替え刃が三種類もついていて、
ホント便利なので、こちらも、大切に使い続けます。

別段、切れ味が落ちていたわけではないのですが、
今までスライサーは、オニオンスライス くらいしか使わなかったので、厚さが一定でしたが、
このかぶや、にんじんのサラダ をつくるようになってからは、
スライスする厚さをネジで調節するので、
そのたびに、ちょうどいい厚さを探るのに、かなり手こずっておりました。


毎日の暮らしの中で、ほんの少しのことで、ずいぶんと気持ちがラクに、明るくなるのは、
新聞記事にあった通りだなとしみじみと思いました、、、


キッチンのリフォーム を機に、古びた道具類をみなおして、
こんなちょっとした小さな買い物を、ほんの少しだけ、たのしんでいるおばさんでした、、、(^-^)









 

 

 

 

« アレックス・カー著 ”美しき日本の残像 ” ☆ | トップページ | あじさいの水揚げのやり方 »

主婦のしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アレックス・カー著 ”美しき日本の残像 ” ☆ | トップページ | あじさいの水揚げのやり方 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ